ダーケストアワー 消滅

イントロダクション&ストーリー

モスクワ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京―
姿なき侵略者は、人々を粉砕し、世界を闇へと変える。人類は滅びるしかないのか―
人類の生存を賭けた戦いが始まる!

ビジネスチャンスを夢見てモスクワに降り立った、若き企業家のショーンとベン。その夜、二人は訪れたナイトクラブで突然の停電に見舞われる。
外に出た彼らが目撃したのは、空から降る無数の謎の光。地上に降り立った“それ”は地球を侵略しようとする、姿なきエイリアンだったのだ!次々と人々が粉砕されてゆく中、何とか逃げ切ったショーンとベンを含む五人の若者たちは、世界中で同時多発的に電気が消え、侵略が始まっていることを知る。
彼らは世界を取り戻すため、見えない敵に立ち向かう決意をするのだが―。

コラム・見どころ

『プロメテウス』のスタッフ×『ウォンテッド』の監督が革命的ビジュアル・イメージで放つ、世界の滅亡と人類の逆襲!

全世界停電。そこに現れた姿なき侵略者。人類は滅亡してしまうのか―。幾多の映画で描かれてきた異星人による地球侵略のモチーフを“目に見えない侵略者が、人類を跡形もなく粉砕させてゆく”という、斬新な設定で昇華させたのは『プロメテウス』で世界中から高い評価を受けた脚本家のジョン・スペイツ。その革新的なアイデアを、制作を務める『ウォンテッド』の監督ティムール・ベクマンベトフが、さらに驚きのイマジネーションで映像化させた。“見えないエイリアン”に戦いを挑む主人公を演じるのは『イントゥ・ザ・ワイルド』『スピード・レーサー』など話題の作品に出演し続ける、ハリウッドの次世代スターエミール・ハーシュ。ハリウッドの才能が起こした化学反応により、全く新しい感覚のSFエンターテイメントが誕生した。

キャスト・スタッフ

監督
クリス・ゴラック
原案・脚本
ジョン・スペイツ (『プロメテウス』)
製作
ティムール・ベクマンベトフ (『ウォンテッド』『リンカーン/秘密の書』)、トフ・ジェイコブソン
出演
エミール・ハーシュ(『ミルク』『スピード・レーサー』『イントゥ・ザ・ワイルド』)、オリヴィア・サールビー(『JUNO』『ニューヨーク、アイラブユー』)、マックス・ミンゲラ(『アレクサンドリア』『ソーシャル・ネットワーク』)、レイチェル・テイラー(『トランスフォーマー』)、ジョエル・キナマン
  • コメント

一覧へ戻る