渇き

イントロダクション&ストーリー

渇き

神父と人妻が堕ちていく〈血〉と〈官能〉に彩られた罪深き愛の物語

致死率100%の猛威を振るう謎のウイルスのワクチンを開発するため、自死を覚悟で人体実験に志願した神父のサンヒョンは、輸血されてしまった正体不明の血液によって、一命を取り留める。奇蹟の生還を讃えられたサンヒョンは、ある日、幼馴染のガンウの妻、テジュとめぐり合う。
テジュのあどけなさの中に潜む不思議な色香は、自らを律するサンヒョンの心をかき乱し、夫との抑圧された日常から逃れたいテジュもまた、猛烈なまでにサンヒョンに惹かれていた。しかし、サンヒョンは、体内に潜むある異変に気づき始めていた。
ある夜ついに、サンヒョンとテジュは、欲望を抑えきれず、唇を貪るように求め合い、二人はかつて体験したことのない快楽に身を焦がしていく。そして遂には、ガンウの殺害を企てるのだった・・・・。

コラム・見どころ

渇き

カンヌ映画祭を騒然とさせたパク・チャヌク監督の問題作!

代表作『オールド・ボーイ』を含む “復讐3部作”で世界中にその名を轟かせたパク・チャヌク監督。彼が10年越しという念願の企画を実現させた本作は、2009年カンヌ国際映画祭で会場に居合わせたすべての観客を驚嘆させ、見事、審査員賞を受賞。
異色の主人公サンヒョンに『殺人の追憶』『グエムル~漢江の怪物~』などの主演を務めた、韓国きっての実力派俳優ソン・ガンホ。長年の盟友であるパク監督のオファーに応え、10キロ減量したスリムな変身ぶりで難役を見事に演じきった。またテジュ役のキム・オクビンは、この映画最大の発見といっても差し支えない。ソン・ガンホとの大胆なセックス・シーンもこなし、劇中でみるみる輝きを獲得していくその変わりようは、まさに新たなスター女優の誕生を予感させ、シッチェス・カタロニア国際映画祭では主演女優賞に輝いた。


2/27(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー




キャスト・スタッフ

監督・共同脚本・共同プロデューサー
 パク・チャヌク 「オールド・ボーイ」 「JSA」
出演
ソン・ガンホ /キム・オクビン/シン・ハギュン/キム・ヘスク

(2009年/韓国・アメリカ)  &Copy;2009 CJ ENTERTAINMENT INC., FOCUS FEATURES INTERNATIONAL & MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

配給:ファントム・フィルム

  • コメント

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

一覧へ戻る