アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~

イントロダクション&ストーリー

あいつはカッコよかった

日本の大人気コミックが韓国で鮮やかに映画化! 小さな町にひっそり佇む、洋菓子店‘アンティーク’ 極上のスウィーツと、4人の美しい男たち。 そして、謎の誘拐事件・・・。 甘いケーキに秘められた、ミステリーが溢れ出す─。

甘いものが苦手なジニョク(チュ・ジフン)は、会社を辞めて‘女性客が多い’という理由で洋菓子店を開く。パティシエとなったのは、とびきり腕がいいにも関わらず働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてしまう‘魔性のゲイ’ソヌ(キム・ジェウク)。元ボクサーで甘いものに目がないギボム(ユ・アイン)や、ジニョクの幼なじみのスヨン(チェ・ジホ)も加わり、‘アンティーク’での毎日が始まる。 しかし、多くの人が極上のスイーツと美しい男たちに魅了されてゆく中、町では連続誘拐事件が発生する。そして次第にジニョクの隠された過去が明らかになり始め、幼い頃の悲しい記憶が蘇える・・・。 。

コラム・見どころ

あいつはカッコよかった

170万部セールスのよしながふみ原作コミック待望の映画化!

よしながふみ原作「西洋骨董洋菓子店」は、日本でもドラマ化、アニメ化され話題に。そして、満を持しての映画化! その中でも本作品は、原作に忠実でキャラクターの個性、世界観、演出が絶妙で、原作者含め著名人から絶賛の声が多く寄せられた話題作!

「宮~Love in Palace」 チュ・ジフン& 「コーヒープリンス1号店」 キム・ジェウク 人気イケメン俳優が勢揃い!

「宮~Love in Palace」の皇太子役で大ブレイクした、チュ・ジフンがオーナー役を少しワイルドに、そして繊細に演じきり、演技の幅を魅せ付けた。 「コーヒープリンス1号店」の美男子キム・ジェウクが‘天才パティシエ(魔性のゲイ)’役を魅惑的に好演。

キャスト・スタッフ

監督・脚本
ミン・ギュドン『少女たちの遺言 MEMENTO MORI』
原作
よしながふみ『西洋骨董洋菓子店』(新書館)
出演
チュ・ジフン 「宮~Love in Palace」「魔王」『キッチン』
キム・ジェウク 「コーヒープリンス1号店」
アンディー・ジレ 『我が至上の愛~アストレとセラドン~』
ユ・アイン 『俺たちの明日』
チェ・ジホ 「犬とオオカミの時間」
キム・チャンワン
イ・フィヒャン
ナム・ミョンリョル

(2008年/韓国)  ©2008 Showbox/Mediaplex,Inc.&United Pictures All Rights Reserved. 

  • コメント

一覧へ戻る