覆面ダルホ~演歌の花道~

イントロダクション&ストーリー

明日のロックスターを夢見て、地方のナイトクラブでシャウトし続けるポン・ダルホ(チャ・テヒョン)。彼の声に「大声企画」のチャン社長(イム・チェム)は最高の演歌のフィーリングの啓示を受ける。これが大きな間違いの始まりだった。「歌手デビュー!」という言葉に理性を失い、チャン社長の契約書に判を押してしまうダルホ。でも、その契約書はトロット歌手への道、楔だった。こうしてダルホはトロット歌手を目指すべくスパルタ・トレーニングへと突入。こうして、「大声企画」の一大プロジェクトが始まるのだが・・・。

コラム・見どころ

『猟奇的な彼女』『Sad Movie〈サッド・ムービー〉』「花いちもんめ」など映画にドラマにと活躍するチャ・テヒョンの『僕の、世界の中心は、君だ』以来の2年ぶりの映画カムバック作品。チャ・テヒョン演じる主人公はロック歌手を目指していたのに、トロット(韓国演歌)歌手になってしまった男。親近感溢れる風貌と持ち前のユーモアのセンス、歌手としてヒット曲も持つチャ・テヒョンのキャラクターが存分に活かされたはまり役だ。同じくトロット歌手に挑むイ・ソヨンにも注目。 覆面を被った前代未聞のトロット歌手が夢に、恋に、困難にと突き進む物語展開に大笑いし、胸が熱くなること間違いなしオリジナルは高い評価を受けた日本映画『シャ乱Qの演歌の花道』。

■ここにも注目■
この作品で2年ぶりの映画復帰を果たしたチャ・テヒョンが、3年ぶりに挑んだドラマが「花いちもんめ」。彼が演じるのは根っからの楽天家で、その性格ゆえに全てを失い、その日暮しになろうが一向に気にしない、彼らしい魅力の役柄。でも、人生そんなに楽天的には行くはずがなく、目の前に突きつけられた真実、思わぬ展開が涙と感動を誘う。セクシー、挑発的で妖艶なイ・ソヨンが味わえる「春のワルツ」「新入社員」も見逃せません。



キャスト・スタッフ

監督
キム・サンチャン
キム・ヒョンス
出演
チャ・テヒョン「花いちもんめ」『猟奇的な彼女』『Sad Movie〈サッド・ムービー〉』
イ・ソヨン「春のワルツ」「新入社員」『スキャンダル』
イム・チェム「スマイル・アゲイン」「神様、お願い」
  • コメント

一覧へ戻る