卑劣な街

イントロダクション&ストーリー

『マルチュク青春通り』でクォン・サンウを俳優開眼させたユ・ハ監督が、<バリでの出来事>のチョ・インソンとタッグを組んだノワール・アクション。野心に燃える三流ヤクザが、生きるか死ぬかの卑劣な世界で欲望に翻弄されるさまを、暴力描写満載で描く。インソンはこれまでの貴公子のイメージを脱ぎ棄て、短い髪、野暮ったい格好、乱暴な言葉遣いと三流ヤクザのビョンドゥに成りきり、過激アクションにも体当たりで挑戦。『マイ・ブラザー』のイ・ボヨンとのキスシーンも話題を集め、韓国公開1ヶ月で200万人の観客動員を記録した。ビョンドゥの部下役で、パク・ヒョジュン、チェ・ジファンら“マルチュク組”が再結集しているのも注目だ。

【STORY】

冴えない三流暴力団のナンバー2、ビョンドゥ(チョ・インソン)。ようやく手に入れたゲームセンターの経営権も部下に奪われた絶望の矢先、組織の黒幕であるファン会長(チョン・ホジン)から、彼を苦しめる検事を消せば将来を約束すると言われる。この成功への近道を選んだビョンドゥは、初恋の女性ヒョンジュ(イ・ボヨン)との愛を育み、映画監督になった幼なじみ、ミノ(ナムグン・ミン)に誰にも明かしたことのない秘密を告白するが・・・。



キャスト・スタッフ

監督:
ユ・ハ 『マルチュク青春通り』
出演:
チョ・インソン『ラブ・インポッシブル~恋の統一戦線~』 ナムグン・ミン『悪い男』 イ・ボヨン『マイ・ブラザー』
  • コメント

関連ページ

関連サイト

関連タグ

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

投稿者:fujiki yumi  投稿日:2008/01/14

私は、チョ・インソンさんのファンです。 昨年の『卑劣の町』の舞台挨拶のイベントには、Ticketがいっぱいで、見に行く事が出来なかったのですでも、韓流雑誌などを購入して拝見しました。インソンさんが三流ヤクザ役で出てるのを是非、見たいです。これからも応援してます。

一覧へ戻る