キャプテン

イントロダクション&ストーリー

ある日、墨谷二中の3年生として転校してきた谷口タカオはその日、野球部に入部届けを出す。墨谷二中の野球部は弱小、しかも頼みの綱のキャプテンは受験を理由にこの日、野球部を辞めてしまった。谷口はユニフォームに着替え、グラウンドへ。そのユニフォーム姿を見て、野球部のメンバーはびっくりする。それは名門 青葉学院のユニフォームだったのだ。期待が高まるメンバー。しかも本番さながらの練習で谷口は痛烈なホームランを放ち、キャプテンに推挙される。しかし、それは谷口の意にそぐわないことだった。

1972年にちばあきおにより「月刊 少年ジャンプ」で連載が開始され、1980年にはTVアニメスペシャル版が放送、1981年には劇場版アニメが公開、そして1983年にはTVアニメシリーズが放送されるなど、野球漫画の金字塔的な存在である、墨谷二中野球部のキャプテンとチームの奮闘を描いた「キャプテン」。墨谷二中野球部のクロニクルとも言うべき、この漫画が従来の野球漫画(例えば、『ドカベン』など、この時代は野球漫画の全盛期である)と一線を画したのは、試合はもちろん、チーム内の人間関係など野球のリアリティに満ちている部分であり、そこが圧倒的な支持を受けたのだった。例えば、この漫画に影響を受けた野球選手はイチロー、元北海道日本ハムファイターズの新庄など数多いという。

キャプテン

この実写版の『キャプテン』が描くのは谷口タカオがキャプテンを務めた時代である。練習で痛烈なホームランを打った谷口は練習試合で打っては三振、守ってはエラーの山という本領(?)を発揮。キャプテンとしての信頼を瞬く間に失ってしまう。実は谷口は青葉学院の野球部にいたのは数ヶ月、それも試合に一回も出たことがない補欠の補欠だったのだ。そのことを切り出す勇気のないまま、まぐれ当たりのため、キャプテンに推挙されてしまった谷口は野球部をやめることを考えるが、父親に止められる。そしてその夜から、父とその弟子との猛特訓が始まる。黙々と人知れず練習に励む谷口。それを偶然見つけるイガラシや丸井。全く試合に出ることなく、チームからも無視され、ベンチを暖めている谷口には大会の1回戦で唯一ともいえる大きなチャンスがやって来る。

谷口タカオを演じる布施紀行、丸井役の小川拓哉、イガラシ役の中西健はじめ、この作品の野球部員たちは一般公募のオーディションで選ばれた野球経験者たち。その経験に裏づけされた野球シーンはこの作品の見所のひとつだ。その他の出演者は筧利夫、宮崎美子、岩田さゆり、小林麻央など。監督は漫画の大ファンだったという『GUN CRAZY』シリーズの室賀厚。主題歌はLeed。劇中にはLeedによりリニューアルされたあの懐かしのアニメ時代の主題歌も流れる。

キャプテン

小気味良いテンポの中、コミカルさを交えつつ、展開していく物語。そうした中、谷口の努力や野球を楽しもうという姿勢にこちら側も飲み込まれ、最後には一緒になって墨谷二中を応援、感涙してしまうはずだ。漫画やアニメの『キャプテン』を知っている世代はもちろん、その子供たち世代まで存分に楽しめる青春野球映画だ。

キャスト・スタッフ

出演:
布施紀行 小川拓哉 中西健 岩田さゆり 小林麻央 菅田俊 河野朝哉
監督・撮影:
室賀厚
撮影:
田宮健彦
原作:
ちばあきお
主題歌:
Lead 『空の彼方へ』

(C)2007ちばあきお/キャプテン製作委員会

  • コメント

関連サイト

ユーザーレビュー

ユーザーレビューを投稿する

一覧へ戻る