百年恋歌

イントロダクション&ストーリー

1966年の高雄、ビリヤード屋にやって来たひとりの若者はそこで働く女性に出会い、恋をする。若者はすぐに兵役に行くが、その間も女性と手紙を遣り取りし続ける。そして、兵役中の休暇で戻ってきた時、そこには彼女の姿はなかった。

1911年、外交官の男はなじみの芸妓がいる遊郭に足を運んでいる。芸妓は男の妾になりたいと願っているが、男は身内の妾の相談には乗るのに、自分に関しては拒み続けている。

2005年、道路をバイクに二人乗りし、疾走するカップルがいる。男はカメラマン、女はロックバンドのボーカリストである。お互いに別の恋人がいるのに、ふたりはないものを貪るように求め合っていく。

コラム・見どころ

台湾のみならず、アジア映画界を代表する巨匠 ホウ・シャオシェンが描く、3つの恋の物語。

現在のアジア映画界を代表する巨匠といっても過言ではないであろうホウ・シャオシェン監督の最新作は全く異なる時代を舞台に3つの恋の物語を描いたオムニバス作品である。1911年、1966年、2005年という3つの作品に横たわる時間は邦題にあるようにほぼ“100年”である。そして邦題には“恋歌”ともある。最初にも書いたようにこれらの作品は“恋”の物語であり、その中で“歌”が重要な要素として使われているのだ。

1966年の物語は「恋愛の夢」というタイトルがつけられている。ここでは兵役に入った若者とビリヤード屋で働く女性の恋へ憧れを想い出すような恋の物語が描かれている。それを彩るのは定番中の定番のオールディーズであるプラターズの「煙が目にしみる」、アフロディーテズ・チャイルド(映画ファンには『炎のランナー』でお馴染みのヴァンゲリスがいたバンド)の「雨と涙」、平尾昌晃でヒットした「星は何でも知っている」の中国語ヴァージョンなど懐かしさと甘酸っぱさのある曲の数々である。

1911年の物語は「自由の夢」というタイトルがつけられている。ここでは妾になりたい芸妓とそれ以上に国の将来を気にかける男の関係が描かれている。そこには芸妓が自らの気持ちをこめたかのように詩を歌う南管(福健省、泉州で生まれた伝統音楽。雅楽のような雰囲気がある)、そしてその感情の響きのようなピアノの音色が流れている。

2005年の物語は「青春の夢」というタイトルがつけられている。ここではカメラマンの男とロックバンドのボーカリストの女との満たされないものを埋めるかのような関係が描かれている。そこに流れるのはもちろん、ロックバンドのボーカリストの歌である。

歌が大きな役割を果たすこれらの恋の物語をホウ・シャオシェン監督はそれぞれに全く違う手法で作り上げている。その中で最も驚くべきなのはサイレント映画の技法を用いた1911年の物語「自由の夢」だろう。なぜ、サイレントにしたのかは分からないのだが、すべての物語がスー・チーとチャン・チェンを主人公として綴られるこの作品の中ではこれは相当な効果を発揮している。また、蝋燭、裸電球、蛍光灯、手紙、メールなど置かれた立場は全く違うが、それぞれの物語の中には様々な符号が存在している。そして、実は全く違う立場の恋愛であっても時代というものを差し引きすれば、そこには共通するものが見えてくる。

作品の原題は『最好的時光、日本語にすれば、最も素晴らしい時という意味になる。ただ、これら物語の中でストレートにその意味合いで受け取れるのは1966年の物語だけである。ホウ・シャオシェン監督はこのタイトルの意味について「我が人生最良の時。それが最良なのは、一番良かった時代だからではなく、それはむしろ、永遠に失われてしまったからこそただ追憶するしかないのだ。」と語っている。それは確かに追憶でしかないかもしれないが(ホウ・シャオシェンももう60歳間近なのだ)、それだけではない。彼は2005年を舞台に、自分の舞台を持ちながらも満たされないものを抱えた若者たちの物語を描いている。この“夢”は今はどん詰まっているのかもしれない。でも、本来の意味で“夢”を持てるのは、甘かろうが辛かろうが遠い時代を想い出す世代ではないのだ。

何てことはない物語なのに、光を上手く取り込んだ映像が一体となり(これは本当に素晴らしい)、こちらをぐいぐいと引きつけていくのはやはり、ホウ・シャオシェンならではだろう。個人的には1966年の初々しさのある物語がとにかく素晴らしかった。これだけでも観る価値が十二分にある作品だろう。

キャスト・スタッフ

出演:
スー・チー/チャン・チェン/メイ・ファン
監督:
ホウ・シャオシェン
脚本:
チュー・ティエンウェン
撮影:
リー・ピンビン
  • コメント

一覧へ戻る