リンダ リンダ リンダ

イントロダクション&ストーリー

『リンダ リンダ リンダ』というタイトルは知らない人はいないであろうバンド ブルーハーツの代表的な1曲から取られている。そして、そのタイトルそのものが表すように物語はひとつのバンドを主人公としたものとなっている。学園祭を目前に控え、メンバーの怪我から分裂してしまった女子高生たちによるバンド。本番まではあと数日だが、彼女たちはなんとか文化祭には出場することを決定する。ふとしたきっかけからブルーハーツをカバーすることに決め、足りないボーカルをどうすべきかと当てもなく考える。そんな時に偶然のタイミングから声をかけられたのが、韓国からやってきていた留学生。日本語すら不自由な彼女は彼女たちに聞かされたブルーハーツの歌にわけもなく感動し、バンドへと参加する。本番までは数日、彼女たちの奮闘が始まるというもの。

コラム・見どころ

『ばかのハコ船』、『リアリズムの宿』など独自の感覚に満ちた作品で注目されている山下敦弘監督の最新作。なぜ、日本映画が「韓流.net」で紹介されなければならないのかという疑問があるかもしれないが、この作品の主演のひとりが、『子猫をお願い』、『ほえる犬は噛まない』、『TUBE』などで注目を浴び、ファンも多い女優のペ・ドゥナなのである。

ペ・ドゥナが演じるのはもちろん、韓国からの留学生役でバンドのボーカルとなる女子高生。実際は20代の半ばを過ぎている彼女が女子高生役をやるのはどうなのかなという部分もあるのだが、ポニーテールにほぼスッピンであろう彼女の姿は年齢を知らなければ、違和感はないはず。留学生ながらも、友人らしい友人のいない彼女がバンドの練習を通して、バンドの仲間と友情を深めていく様子や、仲間たちの恋など高校の文化祭という魔法を生み出しやすい時間、状況の瞬間、瞬間を山下監督は何気なく切り取り、切なさがつのるように描いていく。

もちろん、今までの山下作品の特徴であるオフ・ビート感覚、ズレた感覚の笑いもこの作品には満載されている。そうした笑いの起点になるのは、日本語がうまく話せないペ・ドゥナである。こちらからみれば当たり前の状況、決まりごと的なものも彼女の言動ひとつでおかしさに満ちたものになるし、日本語の不自由さが生み出すズレが山下監督のツボとなるような笑いのセンスに見事にはまっている。

ペ・ドゥナの起用は山下監督のちょっとしたアイデアからの盛り上がりで決まり、決定したというが(オファーという問題は残っていたけれど)、このアイデアが完璧に功を奏している。全て日本人だったら、笑いがここまでツボにはまったかなとも考えてしまうのだ。

作品はもちろん、文化祭での演奏シーンで終わる。ここで歌われるブルーハーツの歌と数日で作り上げてきたバンドの一体感には嫉妬にも満ちた絶対的な感動を受けてしまう。それまでのバンドの練習過程とそれぞれの気持ちが集約した演奏とそれを体現するかのようなブルーハーツの曲、ペ・ドゥナのシャウト。なんてことはないのに湧き上がってくる気持ちは止まらないという青春映画の傑作だ。

キャスト・スタッフ

出演:
ペ・ドゥナ『子猫をお願い』『ほえる犬は噛まない』/前田亜季/香椎由宇/関根史織(Base Ball Bear)
監督/脚本:
山下敦弘
脚本:
向井康介/宮下和雅子
  • コメント

一覧へ戻る