英語完全征服

イントロダクション&ストーリー

国際化に対応するために英会話学校に通わざる得なくなった妄想に浸りがちな地味な地方公務員の女性ヨンジュ。彼女はそこでお調子者のデパートの靴売り場の店員ムンスに出会い、一目惚れ。しかし、ムンスはそんな彼女の気持ちに気付くこともなく、教師のキャシーに夢中になってしまう。なんとかムンスの気を引こうとあれやこれやの手段を使うヨンジュだったが、キャシーの影が消え、ムンスとの関係もうまくいくかと思ったら、また新たな影がちらつき始め・・・・というストーリー。

コラム・見どころ

日本国内において公開された韓国映画の中で最も収益を上げた作品となった『僕の彼女を紹介します』。その作品で一途に彼女を愛する男性を演じていたチャン・ヒョクとTVドラマ『愛の群像』でペ・ヨンジュンの妹役を演じているイ・ナヨン主演のロマンチック・コメディー作品が『英語完全征服』です。

タイトルに『英語完全征服』とあるように物語の背景にあるのは日本人も抱える英語コンプレックスです。ヨンジュは英語なんて必要ないと思っているし、ムンスは英語がカッコイイと思っている。でも、どちらも英語も会話も苦手。クラスに集まっている人もいくつもの学校を渡り歩いてきた人、単語は詳しいのに会話となると全く持ってダメな人など日本の英会話学校でも見かけるような人が出てきます。キム・ソンブ監督(『MUSA-武士-』)は「英語に対する個人的な復讐のためにこの作品を作りました」と笑いながら語っていますが、コメディーなので誇張された部分があるとはいえ、英語=国際化という波に押される状況へのやんわりとした問題提起も感じられます(ちなみに監督は英語はそこそこ話せるそうです)。

韓国映画、特に恋愛作品やコメディー作品を観ると、どこかに懐かしさを感じることがあります。この作品もそういったテーストに満ちています。オープニングのアニメーションの使い方、漫画(コミック)的な世界、分かりやすい展開と笑い、そして最後にやってくる大感動!この作品は間違いなく、デート・ムービーとしておあつらえ向きの作品です。誘って、観に行くしかないでしょう。お調子者の男を演じるチャン・ヒョウもいい味を出していますが、妄想に浸りがちな25歳の地方公務員を演じるイ・ナヨンが日本でいったら仲間由紀江のような天然なのかとぼけているのかというキャラクターをうまく演じていて良かったです。今後、公開されていくであろう彼女の作品は注目ですね。

韓国の英語教育の凄まじさを描いた作品としては『もし、あなたなら〜6つの視線』というオムニバス作品の中の『神秘的な英語の国』という作品で描かれています。これは想像を絶する恐怖の作品なので、興味のある方は御覧になってみてください。オフィシャルサイトはhttp: //www.seochon.net/mosianata/になります。

キャスト・スタッフ

出演:
チャン・ヒョク/イ・ナヨン/ナ・ムニー
監督:
キム・ソンス
配給:
アートポート
  • コメント

一覧へ戻る