品行ゼロ

イントロダクション&ストーリー

ムンドク高校の伝説的番長・チュンピル(リュ・スンボム)は学園を牛耳る存在。ある日彼は女子高に通う優等生のメガネ少女・ミニ(イム・ウンギョン)に恋をし、一緒にギターまで習い始める始末。そこへ学園を乗っ取ろうと転校生・サンマン(キム・グァンイル)が現れて…。

コラム・見どころ

懐かしさ漂う80年代青春グラフティ。恋、音楽、ケンカ…。
韓国の若者から絶大な支持を得る個性派スター、リュ・スンボムをチェック! どこか憎めないアウトサイダー役がこの上なく似合うリュ・スンボム。現代武侠アクション「阿羅漢 掌風大作戦」、2005年韓国にて公開予定のチェ・ミンシク共演作「Crying Fist」と話題作が続く。韓国で170万人を動員し、若者からの支持率No.1を誇る彼の記念すべき初主演作。

本作は、韓国で今年4月に公開された『拳が泣く』に出演し、その演技が高く評価されたリュ・スンボムの映画初主演作。番長なのに優等生のミニに恋をしてしまったジュンピルの、恥ずかしいけれどミニのことが気になってしょうがないという感じを、リュ・スンボムがうまく演じている。 イケメンではないけれど、とても存在感があり、秋にはシン・ミナとの共演が話題の『美女と野獣』が韓国で公開されるなど、今後の活躍が期待されている俳優だ。顔半分ぐらいの大きさがあるようなメガネをかけている優等生・ミニを演じたのは、この夏日本でも公開されるホラー作品『人形師』に出演しているイム・ウンギョン。女番長・ナヨンの脅しもへっちゃらで、ナヨンにも一目置かれるミニを好演し、いつのまにかメガネをはずして美少女っぷりも発揮していた。主演2人に関しては、ジュンピルとミニがベンチで話すシーンと、ミニがナヨンと対決するシーンが印象的だったが、ある人物に闘いを挑むシーンでの、ナヨンの"男前"な感じもカッコよかった。

監督は、本作がデビュー作のチョ・グンシク。ドラマ『秋の童話』や『ガラスの靴』などの子役として知られるチェ・ウヒョクが、転校生・ヨンマン役で出演している。

キャスト・スタッフ

出演:
リュ・スンボム「阿羅漢 掌風大作戦」 イム・ウンギョン『リザレクション(マッチ売りの少女の再臨)』
監督:
チョ・グンシク
  • コメント

一覧へ戻る