人生の逆転

イントロダクション&ストーリー

“幼い頃はゴルフの神童、大人になったらタダの人”となって冴えない会社員生活を送るスンワン(キム・スンウ)。破産寸前で人生の崖っぷちを彷徨うスンワンは、ある日、車でトンネルを暴走中に自分とよく似た男とすれ違い、壁に激突——!目覚めたスンワンはこれまでの世界と何かが違っていることに気づく。

街の看板にはプロ・ゴルファーとして成功したスンワンが広告のモデルとして登場していたり、独身のはずのスンワンに“妻”と名乗る女性ジヨン(ハ・ジウォン)が現れたり・・・。突如、富と名誉を手にし“逆転”の人生を送るスンワンだったが・・・。

コラム・見どころ

2005年はキム・スンウにハマる! 冴えない証券マンがプロ・ゴルファーに!? 韓国ドラマ界キング&クイーンが贈るドラマチック・逆転人生ムービー。

人気ドラマ<ホテリアー>で人気急上昇俳優キム・スンウ主演作。
日本ではドラマを通じて、多くの女性ファンを獲得しているキム・スンウだが、映画主演作も数多く、特にコメディ演技はピカイチ。若手人気ナンバーワン女優ハ・ジウォンを迎え、人生をリセットしたいという誰もが夢見る欲望をファンタジックかつハートフルに描いている。

「ボーン・トゥ・キル」などの脚本をてがけたパク・ヨンウンの監督デビュー作で、人生の転換に憧れる庶民の夢を描いたと高い評価を受けた。

メロドラマからコメディまで、幅広くこなせる数少ない俳優の1人と言われるキム・スンウと、『ボイス』やドラマ『バリでの出来事』などに主演した、若手実力派ハ・ジウォン共演のハートフル・コメディ。

「もしもあのとき、別の選択をしていたら・・・」と、誰でも一度は思ったことがあるだろう。
そんな"もしもの世界"に迷い込んだスンワンを、コメディセンス抜群のキム・スンウが好演。ラーメンの食べっぷりや、保育園の子どもたちと接するときのやさしい目、バスルームでジヨンに"垢すり"をしてもらうときの恥ずかしそうな表情など、スンウファン必見のシーンも随所に登場する。

富も名誉も手に入れた男と結婚しているのに、あまり幸せそうではないジヨンと、富や名誉とは無縁だが、温かい心を持っているスンワンが、少しずつ心を通わせていく過程はラブストーリーとして楽しめ、ジヨン役のハ・ジウォンの可愛らしい感じもよかった。

「私の人生、どこかで間違ったかも?!」と思っている人は、実はちょっとしたことに気づいていなかったり、タイミングがズレてしまっているだけなのかもしれない。この作品を見た後は、「自分の選択を信じよう。がんばれば、きっとうまくいく!」・・・そんな気がしてくるはず。

本作は、パク・ヨンウンの監督デビュー作とのことだが、今後の作品にも期待したい。個人的に気になっていた部分を、ちゃんとエンドロールで流してくれたのがうれしかった。皆さんも最後の最後まで、スクリーンから目を離さないように!

キャスト・スタッフ

出演:
カン・スンワン/キム・スンウ『イエスタデイ 沈黙の刻印』<新貴公子><ホテリアー> ハン・ジヨン/ハ・ジウォン『神父授業』『ボイス』<バリでの出来事> テシク/カン・ソンジン『ライターをつけろ』 ソンジュ/コ・ホギョン『クワイエット・ファミリー』 リン・キュン/イム・チャンジョン『セックス イズ ゼロ』
監督/脚本:
パク・ヨンウン
製作:
エーワン・シネマ 製作:イ・チャンセ、チェ・ガリョン、イ・クンソン
撮影:
キム・ドンチョン『コックリさん』『ジェイル・ブレーカー』
音楽:
イ・スンヒ「ただあなたが女だという理由だけで」
照明:
ソン・ジェソク『セックス イズ ゼロ』
美術:
チョ・ソンウォン『コックリさん』『ジェイル・ブレーカー』
  • コメント

一覧へ戻る