ピアノを弾く大統領

イントロダクション&ストーリー

高校教師のウンス(チェ・ジウ)は、赴任先の女子高で問題児ヨンヒ(イム・スジョン)と対立し、親を呼び出すことに。だが、現れたのはなんと韓国大統領、ハン・ミヌク(アン・ソンギ)だった!娘の問題で度々大統領に会うようになったウンスは、彼の誠実な人柄に惹かれていく。ハン大統領にとっても、ウンスと過ごす時間は多忙な日常を離れて心やすらぐひとときだった。護衛のSPを撒いて夜の街に繰り出すふたり。だが、そんなふたりの関係がマスコミの知るところとなり…。

コラム・見どころ

2003年第26回黄金撮影賞人気女優賞(チェ・ジウ)受賞作品
第16回東京国際映画祭協賛企画  コリアン・シネマ・ウィーク2003上映作品

<冬のソナタ>のチェ・ジウが、大統領と恋に落ちる気の強い女性教師を キュートに演じたロマンティック・ラブ・コメディ。
メロドラマの女王チェ・ジウと韓国の国民的俳優アン・ソンギの共演、監督は著名な喜劇作家チョン・マンベ、そして、大ヒット作『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジェヨンが脚色を担当する、“韓国版シンデレラ・ストーリー”と早くから注目を集めた話題作。本作でチェ・ジウは熱血ゆえにいくつもの学校をクビになっているトラブル・メーカーの女性教師を演じ、コミカルでキュートな一面を披露している。大統領役のアン・ソンギは、ピアノを弾くシーンのために3ヶ月間大特訓を受けた。『箪笥』の姉役で注目された期待の若手女優イム・スジョンが、大統領の娘を演じている。

本作は、2003年11月に開催された東京国際映画祭協賛企画「コリアン・シネマ・ウィーク2003」で、公開された5作品の中で最も早くチケットが完売したという話題作。

今回チェ・ジウが演じたのは、相手が大統領であっても、間違っていることには「間違っている」とハッキリ言える女性。うれしさを抑えきれず、学校の廊下を跳ねながら歩くシーンなど、コミカルな演技が楽しめる。携帯電話の着信音までかなり"はじけた音"であり、ウンスのキャラを象徴している。相手役のアン・ソンギは、『美術館の隣の動物園』(1998年)や『シルミド』(2003年)などにも出演している韓国の国民的スター。監督の「こんな大統領がいたらいいなという夢」を見事に演じ、ピアノを弾くシーンのために3ヶ月間大特訓を受けた成果も披露している。誤解を解くためにウンスを追って地下鉄に乗り込んだ大統領が、他の乗客と話をしながら少しずつウンスに近づき、やっとたどり着いたときに交わすセリフや足元の演技など、"大人の男性"ならではのウィットに富んだ会話やユーモアが感じられるシーンも満載!

大統領の娘・ヨンヒ役で、『箪笥』の姉役を演じた期待の若手女優イム・スジョンが出演。
日本でも大ヒットとなった『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジェヨンも、脚本で参加している大人のロマンチック・ラブストーリー。

キャスト・スタッフ

出演:
チェ・ウンス/チェ・ジウ『誰にでも秘密がある』<冬のソナタ> ハン・ミヌク大統領/アン・ソンギ『シルミド/SILMIDO』『MUSA―武士―』 ハン・ヨンヒ/イム・スジョン『箪笥』
監督/脚本:
チョン・マンベ
製作:
シネ・ウィル/チェ・ジンス
脚色:
クァク・ジェヨン『僕の彼女を紹介します』
撮影:
ピョン・ヒソン『ワイルド・カード』
照明:
チョン・ヨンミン『氷雨』
美術:
オ・ジェウォン『浮気家族』
  • コメント

一覧へ戻る