ストーリー

チンテン(エッダ・チェン)の父親は爆発事故に巻き込まれて死亡する。お金に執着するチンテンの義母は、父親の生命保険を全額受け取り、チンテンと自閉症の弟チンラン(リュウ・ウェイ)を家から追い出す。 チンテンは、たまたま助けたお婆さんとの出会いがきっかけで、大きな食品会社(劉記)の経営権を含む彼女の遺産を相続する事になった。 お婆さんの実の孫のユーハオ(ジェリー・イェン)は、最初は金持ちの御曹司らしく横柄で不遜な物言いが目立ったが、チンテンや食品会社の従業員との交流を通じて、変わり始める。 やがてユーハオは、チンテンのことが気になり始める・・・