ラブコメの女王、キム・ソナが着こなした!「デキる女“ファン・ジアン”をファッションチェック!!」

 キム・ソナ演じるファン・ジアンは、看板デザイナーと理事職を両立させる切れ者。とはいえ、かっちりしたスーツを着ることはなく、凜とした中にも女らしさをのぞかせるファッションがお好み。ここぞという日にセクシーなワンピースで男性社員の目を釘付けにしたり、ストールや帽子といった小物でカジュアルさを演出したり、毎日、テーマを決めて楽しんでいる様子だ。でも、彼女のいちばんのこだわりは靴!「衣装を決めるときに、靴が映えるように心掛けたんですよ」(キム・ソナ)
 仕事ではクールで身体の線を強調した“戦う”ファッションを心掛けるジアンも、ひとり暮らしの自宅ではのんびりモード。身体と心がリラックスするようなカットソーやニット素材を好んで着ている。また、色使いも公私で正反対。オフィスでは目の覚めるような色使いが多いが、プライベートでは柔らかな色やボーダー柄が中心なのだ。ジアンはロマンチストで女の子らしい性格だと衣装で表現しているのである。
 劇中でジアンが働く「ジニー・キム」は、韓国人女性なら誰もが知る人気シューズブランド。衣装でも「アイドゥ・アイドゥ」に全面協力し、ジアンのシューズルームを飾るハイヒールや、テガンがジアンに贈るローヒールサンダルなど、登場する靴すべてが「ジニー・キム」で統一された。韓国では放送にあわせてコラボ商品“ジアン・ライン”が発売されて話題になったという。
 2006年2月にシューズデザイナーのジニー・キムが立ち上げ。1930~50年代のハリウッドセレブが醸すロマンチックな雰囲気と豪華なライフスタイルにインスパイアされた靴は、鮮やかでバリエーション豊かな色使いや、優雅で繊細なシルエットが特徴。韓国内外の女性たちから支持され、キム・テヒ、ソン・ヘギョ、パリス・ヒルトン、ディタ・フォン・ティースらが愛用するシューズブランドに成長した。日本でもオンラインショッピングで購入可能だ。