キャスト&スタッフ

厳格で教育熱心な父と母の間に生まれ、人気シューズ・メーカーのトップデザイナーとして大成功を収める。しかし、私生活は30代後半で独身、早期閉経の可能性ありと、心身ともにボロボロ。幼い頃から大の靴好きで、部屋にはお気に入りのハイヒールがズラリと並び、疲れると靴を磨いて心を整えている。会長の妻、チャン女史から次期社長に推薦されるが、年下のテガンと一夜を過ごしたために、予想外の人生を送ることに。
1975年10月1日生まれ。A型。170cm。96年に化粧品CMでデビュー。大ヒット作「私の名前はキム・サムスン」(05)でコメディエンヌとして評価される。11年放送の主演作「女の香り」では、末期ガンを患いながらもポジティブに生きる主人公に体当たりし、同年SBS演技大賞最優秀演技賞を受賞。親近感を呼ぶ表情と自然な演技が女性から支持されている。
【他の出演作】
『闘魂』(11)、「シティーホール」(09)、「ラブ・トレジャー~夜になればわかること~」(08)、『恋の潜伏捜査』(05)
産まれた直後に母が失踪したため祖母と父に育てられるが、持ち前の明るさと素直さでまっすぐに育つ。高卒の肩書きがコンプレックスだが、靴職人の父の背を見てきたおかげで、ジアンが勤めるシューズ・メーカーのデザインチームに潜り込むことに成功。童貞を捧げたジアンに縁を感じたのか、あの手この手で振り向かせようとがんばる。
1986年6月1日生まれ。O型。184cm。06年本格的に俳優デビュー。「笑ってトンヘ」(10)や「栄光のジェイン」(11)の悪役御曹司キャラで注目を浴びる。11年から出演したリアル仮想結婚バラエティ「私たち結婚しました」で見せた一面でさらに人気が高まり、今後の活躍が期待されている。
【他の出演作】
「オ・ジャリョンが行く」(12)、「怪しい三兄弟」(09)
ソウルで人気のクリニックに勤める産婦人科医。独身を貫くためジアンとの見合いでマザコンを演じるが、逆に彼女に片思いしてしまう。ジアンを見守るため、テガンの子供を妊娠した彼女の診察を志願するが、葛藤に苦しむ。
01年に「THE PLAY」で舞台デビュー後、ミュージカル界で活躍し、人気を得る。その後、映画やTVドラマにも出演し、活躍の場を広げている。
【他の出演作】「シンドローム」(12)、「風の国」(08)、『ダンサーの純情』(05)
アメリカ留学を経て、父が会長のシューズ・メーカー副社長として着任。父と愛人の間に産まれたため、本妻のチャン女史に認められたい一心で、次期社長戦ではジアンを陥れようと画策。テガンとは屋上ランチを共にする仲。
1990年4月19日生まれ。169cm。中1でアメリカ留学を経験。09年に映画『40minutes』でデビューし、初出演ドラマ「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」(11)のヒロイン役で注目された。
【他の出演作】『パラダイス牧場』(11)
ソン・スンホン、キム・テヒ主演「マイ・プリンセス」(11)の監督として知られる。過去にはホラーミステリー「紅の魂」(09)や4人の監督がコラボした「オークションハウス」(07)に参加するなど、ジャンルを超えて活躍している。
イ・ソンジェ主演の人間ドラマ「天国への扉」(07)や、ソン・ヘギョ主演のロマンチック・コメディ「サンシャイン・オブ・ラブ」(04)の脚本を手掛けた。登場人物の心の襞に入り込んだ繊細なセリフが好評で、本作でも手腕を発揮している。