共感度100%! 春の最強ラブコメ3作品

アイドゥ・アイドゥ

海雲台の恋人たち

ロマンスが必要2

素敵なプレゼントが当たる!春キャンーンは終了しました
Facebook
twitter
キャンペーンは終了しました
みどころ

アイドゥ・アイドゥ

やっぱりキム・ソナ!魅力たっぷりの新たなヒロイン像に共感度100%!

作品ごとに違う顔を見せてくれるラブコメの女王、キム・ソナが演じるのは、やり手のキャリアウーマン!未婚でも既婚でも、キャリアウーマンでも専業主婦でも女性が抱える悩みは万国共通。一見、地位と名誉を手にし、幸せのはずのヒロインが抱えている孤独、そして心の温かさをリアルに表現したキム・ソナ!幸せを模索するヒロイン、ジアンに誰もが共感できるはず。

年下男か大人の男か…タイプの違う素敵な男性2人に注目

イ・ジャンウ扮する一途な年下男と、パク・コニョン演じる包容力ある大人の男。ジアンを愛するタイプの違う素敵な2人に胸キュン度も100%!

キム・ソナが身に着ける華麗なファッションの数々

スタイル抜群のキム・ソナが着こなすゴージャスな衣装やオシャレな靴、アクセサリーの数々が、毎回見ているだけで楽しい気分にさせてくれる。

ロマンスが必要2

前作を超える、女性たちの共感度100%ガールズ・ラブコメディ!

“ロピル(ロマンスが必要)シンドローム”を引き起こし、多くの女性たちの共感を得た「ロマンスが必要」。キャストや設定も新たに、3人の30代女性の仕事と愛、そして友情が、一層グレードアップさせたガールズトークとユーモアあふれるストーリーで描かれ、共感度もアップ!!

イ・ジヌクVSキム・ジソク!魅力的すぎて選べない2人の男性!!

ヒロインをめぐり火花を散らすことになる2人の男性。ヒロインのことを一番知っている腐れ縁の恋人には「ラブ・ミッション」「エア・シティ」のイ・ジヌクが、ヒロインを優しく包み込む優しい男性を演じるキム・ジソク。2人とも魅力的すぎて、ロマンスの行方がさらに気になる!!

共感度100%女性たちの支持を得た名台詞がたっぷり!

多くの女性たちの共感を得た、「“愛してる”の反対語は“愛していた”だ」「嫉妬は世界で最も率直な告白だ」など、誰でも感じたことのある恋愛に対する思いを率直に表現したセリフの数々!

海雲台の恋人たち

熱血検事と元ヤクザの娘が織り成す極上のラブコメディ

曲がったこととヤクザが大嫌いな熱血検事と元ヤクザの娘。異なる環境で育った2人が真夏の釜山・海雲台で繰り広げる恋とユーモアたっぷりのラブストーリー!宿敵どうしの恋という2人の境遇に加え、記憶喪失や出生の秘密など、韓国ドラマ定番のネタをたっぷりとコミカルに魅せる面白いストーリー展開に思わず引き込まれてしまう!!

魅力いっぱい!可愛いヒロインとスマート&ワイルドな2人の男優

ヒロイン、ソラを演じるのは共感度100%の新ロマコメの女王チョ・ヨジョン!彼女の飾らない可愛らしさと、彼女を巡る2人の男に扮するキム・ガンウとチョン・ソグォンの筋肉美に釘付け!キム・ガンウはその筋肉美だけでなく、巧みな演技力も披露。セクシーでクール、デキる検事が似合う演技派の彼が、記憶喪失になってから披露した見事にコワれた演技、その巧さに思わずうなる!

個性あふれる脇役たちの演技が笑いを誘いドラマを盛り上げる

ヒロイン、ソラを支える父とその仲間たちや、なぜか憎めない敵側の面々。「メリは外出中」パク・サンミョン、「赤道の男」イ・ジェヨン、そして超新星ゴニル。ベテラン俳優とアイドルが繰り広げるイキのいい演技が微笑ましい!

心置きなく恋愛相談ができる、
同性の友人がいる

ファッションやコスメには、
あまりお金をかけないほうだ

恋愛はしたいけど、
結婚にはこだわっていない

周囲から、なにかと
頼られることが多い

恋愛よりも、仕事を
優先しがちである

恋人からは、愛情をちゃんと
言葉にして伝えてほしい

yes
yes
yes
yes
yes

恋人や結婚相手は人柄重視。

外見や学歴などの条件は気にしない

周囲からクールだと言われるが、実は意外と涙もろい

どちらかと言えば、

恋愛と結婚は別物だと考えている

秘かに夢中になっている

年下アイドルがいる

自分が世話を焼かれるよりも、

焼くほうが好き

恋人も結婚相手も

やはりオトナの男性の方がいい

ダメ男とわかっていても、惹かれてしまうことがある

気がつくと周囲に助けられている、ということが多い

誰がなんと言おうと“運命の出会い”を信じている

ヘコんでいる人を見ると、放っておけない

yes
yes
yes
yes
yes
yes
yes
韓ドラ♡ラブコメ好きの勝手にガールズトーク Part1

A子 最初はもっと軽いノリのラブコメだと思っていたら、意外に中身が濃かった「アイドゥ・アイドゥ〜素敵な靴は恋のはじまり」。いろいろ考えさせられた〜。今更遅いって話もあるけど(苦笑)。

B香なにしろ、ヒロインのジアンがいきなり「もうすぐ閉経します」なんて言われちゃうのには、ちょっとビックリ!リアルなんだけど、キム・ソナだからか、ヘンに生々しくなくていい。やっぱり彼女が演じることで、ラブコメディとしての洗練度みたいなものが上がる気がするな。

C美そうそう!普段はクールなジアンが、妊娠したらやたら豚足を食べたがるところなんて、なんだか可愛かった。

B香日本だと酸っぱいものが食べたい、とかって話になるんだけど、豚足なのが韓国っぽい……。

A子あのエピソードもちゃんと最後まで活かされていて、本当にうまいと思った。

C美まさに好感度120%のキム・ソナならでは、って感じ!30代って、女性にとって決断を迫られることが多い時期ですよねー。私もジアンみたいに素敵な男性の間で迷いたいです。

A子でも、ジアンは最初から迷ってはいないんだよね。だって、ウンソンはあんなにいい人なんだけど、全然なびかないじゃない。結局はテガンがずっと気になっていたわけでしょ。

C美あ、そうか。私だったらかなり迷っちゃうと思いますけど(笑)。やんちゃな感じのイ・ジャンウもいいけど、パク・コニョンの落ち着いた魅力も捨て難い……。こんな2人に愛されたい〜。

B香わかる! ジアンがどっちを選んでも納得できる感じ。私はジアンがお腹の子供を“足かせ”って言いながらも、だんだん母の顔になっていくのが印象的だったなぁ。あと、ジアンの部下のマ室長は他人とは思えなかった(笑)。

A子確かに仕事を持っているお母さんって大変だよね。でも、ジアンの親友のジュニと娘のやりとりもなんだか微笑ましくて、ああいうのを見ると子供もいいなと思えてきた。ジアンの両親がなんだかんだ言いながら娘を心配する姿も良かったし。

C美自分の母親への複雑な思いを抱いているナリのキャラクターも、なかなかいいスパイスになっていますよね。
最初は単なる悪女キャラかと思ったらそうじゃなくて、ああいう背景があるから、こんな人間になったんだって納得できる。

B香恋愛ドラマなんだけど、いろんな親子関係が描かれているのが、またいいんだよね。やっぱり結婚となると日本だって当事者同士だけでできるものじゃないから、そのあたりも共感できたな。

A子外では仕事のデキる有能な女性でも、家に帰れば親に心配をかけるごく普通の娘なんだよね。ジアンが父親との関係に悩む姿は、なんだか身につまされたし、彼女のキャラがすごく身近に感じられた。

C美実感こもってますね〜(笑)。私はテガンとお父さんがいたわり合う様子も、かなり好きでした。あんな素敵な靴を作ってくれるお父さんが欲しい〜。うちは母が洋服を作っているので、お父さんが靴やバッグを作ってくれたらいいのに、ってよく思っていたんですよ。

B香(笑)。このドラマ、ファッションもすごく素敵だった。ジアンがシューズデザイナーだから当然だけど、靴も衣装もゴージャスで。普段ぺたんこ靴ばかり履いている自分をちょっと反省したわ。

A子ハイヒールばかりのお店に来て「スニーカーは?」って聞く客をジアンが追い返すシーン、良かったよね。自分の仕事にプライドを持っている女性なんだな、ってよくわかる。

B香カッコいいですよね。私はあんなに仕事にすべてを捧げられないけど、仕事でもなんでも、信念を持って生きるのは大事だなと思った。

C美そうですね。私も働く女性として、いろいろと学ぶところがあると思いました。同じ30代でもジアンと私とでは社会的地位とか、大分違いますけど、悩みとかは基本的には同じなのかな、と。

A子共感できると言えば「ロマンスが必要2」もかなりだよね。
次回は、このドラマについて思いっきり語りましょう♪

B香C美いいですね!

 


まだまだ続く楽しいガールズトーク。Part2もお楽しみに!!

 

韓ドラ♡ラブコメ好きの勝手にガールズトーク Part1

A子見た人から「すごくいいよ」って聞いてはいたんだけど、予想以上にハマったのが「ロマンスが必要2」。個人的にはヒロインたちの年頃はもう過ぎちゃったんだけど(笑)、まずストーリーがすごく良かったし、登場人物が生き生きしていてみんなに好感が持てた。

B香C美さんにはより身近な感じじゃないかな? 登場人物の年齢が近いということもあるし、それぞれいろんな問題を抱えていて。

C美そうなんですよね。恋愛関係の問題がないのが、今の悩みなんですが(笑)。
みんな恋に悩んでいて羨ましー。

A子(笑)。とにかく、このドラマは登場人物がリアルで、
「こういう人、いるいる!」って感じ。

B香ソクヒョンがヨルメに対して度が過ぎるくらいぶっきらぼうで「なんで、ここまで?」と思ってると、実は思いも寄らない訳があったりするところに驚いたし。意外な展開というか、こういうラブコメで先があんまり読めないのって、結構珍しいと思わない?

C美そう!ヨルメがソクヒョンを選ぶのかジフンを選ぶのかも最後までわからないから、ドキドキさせられましたー。イ・ジヌクもキム・ジソクも両方、オトナのいい男だから、甲乙つけ難いし。

B香イ・ジヌクとキム・ジソクって実生活で親友なんだよね。ドラマでは単なるライバルだけど、なんだか友人同士が持つ同じ匂いみたいなのがドラマにうまく活かされていて、ヨルメが2人の間で揺れるのも納得できる気がする。

A子ソクヒョンを見てると彼がよく見えるし、ジフンが出てくると彼のほうがいいかな、と思えてきて……。ヨルメと一緒に心が揺れたりして(笑)。

C美私もですよ〜。ヨルメは完全に、どっちかで迷ってますよね。これは絶対に迷うと思います。一方はクール、一方はソフト、だけど2人とも温かさがあって、どこか孤独の影もあって、母性本能もくすぐられる……。私もこんな2人の間で迷いたい! ていうか愛されたい!

A子それ、前回も言ってたよね(笑)。あと、これって主人公のヨルメだけじゃなくて、ジェギョンとかジヒたち、彼女の友人のエピソードにも共感できる部分があって、そこもいいなと感じた。それぞれの恋模様も楽しい!

C美前作「ロマンスが必要」の登場人物がさりげなく出てきたりするところも面白いですよね。ジヒに惹かれていくテウは前よりいい役になってるし(笑)。脇のキャラクターもいい意味でクセがあって、気になるんですよ。

B香そうそう。ソクヒョンに片想いするナヒョンが、普通のドラマなら単なる悪女になりそうなのに、意外にいいキャラだったりするところもいい。

A子確かに。それに、このドラマはセリフも良かったよね。なるほどとうなずかされる言葉がいっぱいあったと思わない?

C美ありました!「嫉妬は世界で最も率直な告白だ」なんて、本当に名セリフですよねー。

B香「“愛してる”の反対語は“愛していた”だ」なんていうのも、普通じゃなかなか出てこないセリフだと感心したわ。

A子全体的にセンスがいいし、恋愛表現も嘘っぽくないよね。ひと昔前の韓国ドラマなら、主人公カップルのベッドシーンなんてまず見なかったけど、そういう意味ではかなり進化を感じさせるドラマでもあったかな。

B香見る側もいいトシして手もつながない、なんていうほうが不自然だと思うようになったんでしょうね。ジヒみたいにおとなしそうな性格でも、それなりに……。

C美それなりに、なんなんですか!?(笑)。話が変わるんですが「アイドゥ・アイドゥ」のヒロインがシューズデザイナーだったじゃないですか。で、ヨルメの友人のジェギョンもシューズデザイナーで、なんと次の「海雲台の恋人たち」にもシューズデザイナーの女性が登場しているんですよね。

A子あ、そういえばそうね!そのへんのことも含めて、次回は「海雲台の恋人たち」について、熱く語っちゃうわよ♪

B香C美は〜い(笑)。楽しみにしてます!

 


本音度も100%のガールズトーク。Part3もお見逃しなく!

 

韓ドラ♡ラブコメ好きの勝手にガールズトーク Part1

A子とにかく楽しかったのが「海雲台の恋人たち」。最初はキム・ガンウにラブコメディの主人公が務まるのか、なんてちょっと思っていたんだけど、これが意外にハマってた!

B香硬派なイメージが結構強いですもんね。でも、演技が上手い人はどんな役でもできるんだなあと実感。最初はデキる検事テソンとして登場してお馴染みのクールなイメージで、記憶喪失になってからはあんな壊れっぷりを魅せてくれるとは……。

C美私はそれほど知らなかったんで、逆に先入観なしに見てたんですけど、荒技をいろいろやらされるところなんておかしかったですよね。それと、ヒロインのソラ役のチョ・ヨジョンとのカップリングがすごく良かったですね。全然違う世界にいた2人が、徐々に惹かれ合っていく姿に好感が持てました。

A子チョ・ヨジョンは本当に可愛いもんね。あと、個人的にはナンバー2の男として登場するジュニョクもいい!最後のほうでちょっとイヤな男になりかけるんだけど、自分でそれを認める潔さが素敵だった。

B香ジュニョク役のチョン・ソグォンは、スタントマン出身で肉体派のイメージが強かったけど、このドラマではスマートなエリート役がちゃんと板についていてかっこよかったな。

A子彼はいつか売れると思っていたから、最近の活躍は嬉しい〜(笑)。このドラマは結構キャストが豪華でしょ。
テソンの妻セナ役のナム・ギュリだって主役級の女優だし。

C美シューズデザイナーのセナですね。はかない雰囲気がソラとは対照的で、彼女もとても可憐だったなぁ。

B香そうそう。脇役の俳優もみんな上手い人よね。ソラの父親や部下とか脇役のベテランたちも、すごくイイ味出してる。

C美タミを演じていたキム・ヘウンにも感心しました。
アイドゥ・アイドゥ」の時は都会的でセレブ感たっぷりだったのに、このドラマでは品のない強欲な役が、
まるで別人のようで……。

A子脇役がちゃんとしているドラマは面白いもんね。超新星のゴニルとか、T-ARAのソヨンとかをさりげなく配しているのも効いているかも。Davichiのミンギョンは主役もやっているだけあって、なかなか重要な役だったし。

B香知らない人が見たら、みんなアイドルだとは思わないですよね。

C美あと、このドラマ、釜山が舞台っていうのも新鮮でした。ソウルとはまた全然違う魅力がありましたね。

A子ビーチリゾート海雲台ならではの開放感が、ドラマに上手く活かされているよね。夏!海!恋! っていう
ラブコメディの王道?

C美テソンが橋をネックレスに見立てて、それを注文してソラにプレゼントしようとするじゃないですか、あれはロマンチックですよー。かなりオトメ心をくすぐられました(笑)。

B香そう、ロマンチックだし、ドラマの展開もあえてベタにしているところが面白い。記憶喪失、出生の秘密、「ロミオとジュリエット」みたいなカップルとか。

A子実際、テソンが海から引き上げられた時に「ドラマならここで記憶喪失に」って言っているし、
その辺も狙いだよね。

C美だから、韓国ドラマを見慣れた人にも、あまり詳しくない人にも楽しいのかもしれないですね。

B香韓ドラの定番要素を盛り込んで、だけどちょっとヒネリを加えているという感じかなー。

A子アイドゥ・アイドゥ」「ロマンスが必要2」、そして「海雲台の恋人たち」と、どの作品も楽しめたよね。
また、集まって、新作ドラマについても語らない?

B香C美ぜひ、よろしくお願いします!(一同、笑)