イテウォン殺人事件

韓国中を震撼させた前代見聞の殺人事件を映画化!
容疑者はふたり――。ウソをついているはどっちだ!?

イントロダクション

1997年4月3日、韓国・梨泰院(イテウォン)のハンバーガーショップで実際に起きた未解決の殺人事件をベースに、事件に関係した人々の証言、徹底した調査と検証を通して制作されたクライム・サスペンス。『王の男』(05)の実力派俳優チョン・ジニョンが事件に執着する検事を、『赤ちゃんと僕』(08)の若手スター、チャン・グンソクが冷酷な殺人容疑者を演じ、確かな演技力で観客を魅了する。さらに、もうひとりの容疑者役にシン・スンファン、その父親役にコ・チャンソク、彼らを手助けする弁護士役にオ・グァンロクという強烈な個性を備えた名脇役たちも迫真の演技を披露している。本作の映画化をきっかけに、イテウォン殺人事件は12年ぶりに捜査が再開され、チャン・グンソクが演じたピアスンのモデルであるアーサー・パターソン容疑者(証拠隠滅などの疑いで8ヵ月間服役の後、特別赦免でアメリカに帰国)に対する犯罪人引き渡し請求書が、アメリカの韓国大使館に送付されたことも話題に。

ストーリー

イテウォンにあるハンバーガー店のトイレで、韓国人大学生が胸や首など計9ヵ所をめった刺しされる残酷な殺人事件が起きた。容疑者として身柄を拘束されたのは、ピアスン(チャン・グンソク)とアレックス(シン・スンファン)というアメリカ籍の青年ふたり。しかし、彼らの証言は正反対で、相手に罪をなすりつけ合うばかり。事件を担当するパク検事(チョン・ジニョン)はピアスンの証言を信じ、アレックスを犯人と決め込むが......。

キャスト&スタッフ

チョン・ジニョン『王の男』/チャン・グンソク『赤ちゃんと僕』/シン・スンファン『永遠の片想い』/オ・グァンロク〈太王四神記〉/コ・チャンソク『映画は映画だ』

監督:ホン・ギソン「選択」 脚本:イ・ソン 撮影:オ・ジョンオク 音楽:シン・ドンイル

原題:イテウォン殺人事件|韓国公開:2009年9月9日| 上映時間:99分|提供:CCC
©2009 SPONGE ALL RIGHTS RESERVED