パパは女の人が好き

イ・ナヨンが“イケメン”に変身!
家族の絆を描いたドタバタ・ラブコメディ

イントロダクション

絶世の美女が実は一児の"パパ"だった、という奇想天外なストーリーが展開するラブコメディ。『私たちの幸せな時間』(06)『悲夢』(08)などの人気女優イ・ナヨンが、29年間の"イケメン"人生を捨てて性転換した美人フォトグラファー、というユニークな役柄に挑戦。その独特の中性的な雰囲気を生かし、カツラや口ヒゲを駆使した艶やかな男装姿で魅了する。そんなヒロインの過去を知らずに、一途に想いを寄せる青年役で、「国家代表」(08)のキム・ジソクがコミカルな演技を披露。さらに、父親に会いたい一心で周囲を振り回す少年、ユビン役のキム・ヒスが大人顔負けの達者な演技を見せるほか、ヒロインの秘密を知る親友であり、商売上手な車のディーラー役で待望のスクリーンデビューを果たしたイ・ピルモにも注目だ。監督は、本作が監督デビュー作となったイ・グァンジェ。奇抜なストーリーながらも根底には普遍的な家族愛をしっかりと盛り込み、爽やかなファミリードラマに仕上げている。

ストーリー

美人フォトグラファーとして活躍するソン・ジヒョン(イ・ナヨン)は、映画のスチール撮影、個展の準備と大忙し。さらに好意を寄せる特殊メイクアップアーティストのジュンソ(キム・ジソク)からは猛アプローチされ、恋も仕事も充実した毎日を送っている。だが、彼女には誰にも言えない秘密があった。それは、29歳まで"男性"だったということ――。そんなある日、彼女のもとに「パパを捜している」という少年ユビン(キム・ヒス)が現れて......。

キャスト&スタッフ

イ・ナヨン(『私たちの幸せな時間』)/キム・ヒス(『息もできない』)/キム・ジソク(「国家代表」)/チョン・エヨン(『悲しみよりもっと悲しい物語』)

監督:イ・グァンジェ 脚本:チョン・インソル 撮影:オ・スンファン 音楽:チェ・スンヒョン
原題:パパは女の人が好き 韓国公開:2010年1月14日 上映時間:113分