10億

優勝賞金10億ウォンのサバイバル・ゲーム
その実態は狂気の殺人ゲームだった――。

イントロダクション

『強敵』(06)で強烈なインパクトを残したチョ・ミノ監督が、優勝賞金10億ウォンの "サバイバル・ゲーム"参加者と、主催者との狂気の攻防を描くサスペンス・スリラー。舞台となるのは、中央・東南アジア、アフリカ、ハワイなどをめぐる大規模なロケハンの末に辿りついたという、オーストラリアのパース。海・砂漠・密林・河川に囲まれる島の細部にまで踏み入ったその映像は、生きるか死ぬかの切迫した物語の中でも異彩を放っている。そんな過酷な状況下で、死と隣り合わせになった人間の悲壮感と狂気を体現するのは、『殺人の追憶』(03)のパク・ヘイル、『作戦 The Scam』(09)のパク・ヒスン、『ロマンチック・アイランド』(09)のイ・ミンギら豪華キャスト陣。一日の寒暖差が40度という過酷な撮影現場、低予算映画という条件にもかかわらず、骨太な人間ドラマに魅せられて出演を快諾したという、彼らの演技バトルも大きな見どころのひとつだ。

ストーリー

優勝賞金10億ウォン――。正体不明のインターネット放送局ディレクター、チャン(パク・ヒスン)が主催する7日間のサバイバル・ゲームに、年齢も職業も異なる8人の男女が招待された。参加者たちはそのゲームの目的も知らされないまま、1日1名ずつが脱落するというルールの下、熾烈なゲームを開始。やがて彼らは、脱落者を平然と殺すチャンを目の当たりにし、これが生きるか死ぬかのサバイバル・ゲームであることを知るのだった......。

キャスト&スタッフ

パク・ヘイル『殺人の追憶』/パク・ヒスン『作戦 The Scam』/シン・ミナ『最強☆彼女』/イ・ミンギ『ロマンチック・アイランド』/チョン・ユミ『家族の誕生』

監督&脚本:チョ・ミノ『強敵』
撮影:リュ・ジェフン
音楽:イ・ビョンフン

原題:10億|韓国公開:2009年8月6日|日本語字幕|上映時間:114分
©2009 IDEN PICTURES AND SPONGE ALL RIGHTS RESERVED