赤ちゃんと僕

赤ちゃんと僕

イントロダクション

何ひとつ不自由のない家に育ち、やりたい放題のお坊ちゃまに突然降りかかったトラブルをコミカルかつ、感動的に描いたハートウォーミング・コメディ。
「プラハの恋人」「ファンジニ」「ベ-トーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~」と出演ドラマごとに新たなファンを獲得し、次世代韓流スタートして大きな注目を浴びているチャン・グンソクの映画主演作だ。10代を明るく爽やかに描きたかったというキム・ジニョン監督の発言どおり、突然やって来た赤ちゃんのために奮闘するトラブルメイカー演じるチャン・グンソク、不思議ちゃんを演じるキム・ビョルのキュートさ、等身大さが作品の大きな魅力となっている。CMでも活躍する赤ちゃんのウラムはカナダ人と韓国人のハーフ。生後16ヶ月の最年少子役ということで、ネットユーザーの大きな注目を浴びた。

ストーリー

喧嘩から何からやりたい放題の高校生 ハン・ジュンス。その暴虐無人ぶりへの天罰なのか、ふたつのとんでもないトラブルが降りかかってくる。
ひとつは、ジュンスの行動にほとほとあきれ果てていた両親が彼を懲らしめるために、最低限の生活費だけを残し、姿をくらませてしまったこと。もうひとつは、ウラムという名の赤ちゃんが突然やってきたこと。このウラムはどうやらジュンスの子供らしいのだ。こうして両親のいなくなった家で、ジュンスのトラブルだらけの子育て生活が始まる。

キャスト&スタッフ

主演:チャン・グンソク『楽しき人生』/キム・ビョル『多細胞少女』/ムン・メイスン
監督:キム・ジニョン
原題:赤ちゃんと僕
英語題:Baby and Me
公開年月日:2008年8月13日
時間:96分

(C)2008 PRIME ENTERTAINMENT.CO.LTD

コメント(5)


上映が待ち遠しかった作品です。
暗い館内でひかりを放つスクリーンに、グンソク君の笑顔や悲しい顔や困った顔が、大写しになると思うと・・・嬉しくて ニヤニヤ してしまいます。

韓国で観て来ました。周りの観客が大笑いしていても笑えなかったり、ワンテンポ遅れた笑いになったりして・・・。
やっと字幕つきで大笑いできます。
グンソク君の大奮闘も楽しみです。

ラジオ放送以来から注目していたグンソクくん!
ベートーベンウイルスでの必死で、楽しげで、爽やかな姿も印象的でした。楽しみな映画です!

スクリーンで、字幕付きで観れるなんてすごく嬉しいです!!
様々な役をこなすグンソクくん、どんなパパ役を演じるのか楽しみですね~。
福岡でも上映されますように!!

12月に六本木シネマートで見てきました。
面白かったです!
家族の愛や絆が感じられる映画でした。
笑えるし、泣けるし、なんと言ってもグンソクくんとメイスンが可愛かったです!
可愛いだけじゃなく、グンソクくんの泣き顔一つとっても、
「ホン・ギルドン」のチャンフィとも「ベートーベンウィルス」のゴヌとも違っていて、役者だなぁと思いました。
大きなスクリーンで見ることができて幸せでした。


衛星劇場
韓流日和
チケットぴあ