家族の誕生

世界が絶賛、それぞれの、そしてひとつの家族のあり方の物語

家族の誕生 DVD

◆監督
キム・テヨン
◆出演
オム・テウン
「復活」「魔王」
ムン・ソリ
「太王四神記」『チ・ジニ×ムン・ソリ女教授』
コ・ドゥシム
「花よりも美しく」
ポン・テギュ
「屋根部屋のネコ」
コン・ヒョジン
「サンドゥ、学校へ行こう!」「乾パン先生とこんぺいとう」「ありがとうございます」
チョン・ユミ
「ケ・セラ・セラ」


DVD SPEC

2008年9月3日発売 / 5,040円(税込)

●収録時間:本編114分+特典映像●本編ディスク1枚●画面サイズ: 16:9スコープサイズ●音声:1.オリジナル韓国語(ドルビーデジタル・5.1chサラウンド)/2.日本語吹替(ドルビーデジタル・ステレオ)●字幕:1.日本語/2.韓国語
発売元:CJ Media Japan/株式会社エスピーオー | 販売元:株式会社エスピーオー

イントロダクション

ドラマ「魔王」「復活」への出演で日本でも大きな注目を浴びるオム・テウン、ペ・ヨンジュン主演の超話題作「太王四神記」への出演も話題の演技派女優ムン・ソリ、韓国を代表する大女優コ・ドゥシム、ポン・テギュ、コン・ヒョジン、チョン・ユミという若手実力派俳優たちによって奏でられる一風変わった、血縁関係だけではない家族の物語。

親子、兄弟、姉妹、そして恋人と様々なスタイルの家族のあり方を描くことで、家族とは何なのかということも考えさせるハートウォーミングな内容。独立した3つの愛と家族の物語がゆったりとひとつの家族の物語へと繋がっていくスタイルが秀逸。大鐘賞 最優秀作品賞、脚本賞をはじめ、内外の映画祭でも受賞、絶賛された。

ストーリー

音信不通だった弟ヒョンチョル(オム・テウン)が姉ミラ(ムン・ソリ)の元へ戻ってくる。しかし、その傍らには20歳以上歳の離れた妻ムシン(コ・ドゥシム)がいた。こうして3者のぎこちない同居生活が始まるが・・・。

ソンギョン(コン・ヒョジン)は恋沙汰を繰り返す母メジャのために休まる日がない。そんな母の影響か、ソンギョンと恋人の関係は終始ギクシャクしていた・・・。

美人で性格も良い恋人のチェヒョン(チョン・ユミ)の周囲への振舞い故に、恋人のギョンソク(ポン・テギュ)は愛への不安を感じるのだが・・・。

ここにも注目!

ドラマ「復活」で知性も兼ね備えた行動派の刑事と社会的な地位ある企業人という2役を演じ、俳優としての評価と人気を決定付けたオム・テウン。昨年(2007)、話題となったドラマ「魔王」では問題児だったが、仕事に忠実な刑事となった男を熱演。両作共に彼が演じるのは刑事だが、「ここまで違うのか」と感じさせる演技力と存在感はファンならずとも必見。話題のドラマ「太王四神記」でドラマ初出演を果たした演技派女優ムン・ソリも要チェックだ。

韓国オリジナル予告篇




2006年/113分/原題:Family Ties

2006(C)Lotte Entertainment


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

トラックバック

» 家族の誕生 from 映画のメモ帳+α
家族の誕生(2006 韓国) 原題   가족의 탄&... [Read More]

コメント

心温まる素敵な作品です。日本でまた上映されるんですね~オム・テウンさんのファンですが他の俳優の方々の演技も素晴らしいです。

わたしもオム・テウンさんのファンですが、この映画は韓国からのDVDを取り寄せたものの、いつかは大きなスクリーンで、日本語字幕で見たいと思っていました。3月を心待ちにしています。

昨年の上映では、家族の病気で見に行くことができませんでした!とってもうれしいです。3月の上映を楽しみにしています。絶対行きます!

オム・テウンさんの演技がナチュラルでとても
よかったです。DVDでしかみていませんでしたので大きなスクリーンで見れて嬉しいです。
他の名前の知れた俳優さんもいい役どころでした。
見終わったあと、ほんわか~じわーっときます。

テウンさんの演技楽しみです。一足早くホンワカ春を感じられそうな作品でしょうね。

テウンさんの演技楽しみです。一足早くホンワカ春を感じられそうな作品でしょうね。

とても大好きな作品です。こういう作品をたくさん上映してほしいです。また観に行きます!

昨年の「韓国映画ショーケース」で観ました。
関係のなさそうな3つのエピソードのつながりが最後にわかり、それが実に心を和ませる巧みな構成で感心しました。
これからご覧になる方は、冒頭のシーンから各エピソードの登場人物までしっかり見逃さぬように。
そうそう、特別出演者もいるラストクレジットの流れる中の、駅のホームでの場面も必見です。

東京国際映画祭で観ました。監督さんの話は楽しかったです。韓国での上映は「ダヴィンチコード」と重なり早々に打ち切られてしまったこと。でも再上映されたことなど・・
でもたしかそのあと、韓国の映画賞で作品賞をとったので救われたのでは!
オムニバス映画と思って観始めたらムムム・・
嬉しい裏切りでした。

今 韓国・日本と何かと話題のオムテウンさんです。 HIT中の『我が人生の最高の瞬間』でもムンソリさんと共演。 オムテウンさんのナチュラルな演技にもう1度魅了されたいです

オム・テウンさんの大ファンです。昨年末、有楽町で観て、心地良いほのぼのとした余韻が・・愛いっぱいで心温まりました。 テウンさんの自然でのびやかな演技に魅了されました。テウンさんは、この映画でも期待を裏切らないで、演技の幅の広さを充分発揮!とても上手でした。 共演者の方々も演技力がありますし、ラストシーンも新鮮で 全体の構成も巧み・・是非 皆さんに観て戴きたいと思います。

テウンさんのファンです。昨年、映画館で観ましたが、今春 また 観に行きます。テウンさんの持ち味が出ていた、ゆったり・あったかい・優秀作品だと思います。
演技派のテウンさん、出演者全員が実力を見せてくれます!
バラバラな話に思えても つながっていて、家族って色々なことがあるけれど、イイナーと・・・見どころがたくさんありますので、最初から最後まで、充分楽しんで下さい。 私も、魅力に富んだ韓国の俳優さん達に また会えるなんて、楽しみです。

私は 昨年観れたのですが、仕事で観れなかった友に 上映のお知らせをしたら、大喜び!絶対に行くーーー!友だけでなく、多くの人に 観て欲しい ホント いい作品です。

韓国の俳優さんのレベルの高さに感心!
皆さん すごく上手です。皆さんの演技を観るだけでも お得?作品も にくいところ沢山で素晴らしい!
オム・テウン ファンの私は、彼の魅力に ますます はまりました。上映決定は、とっても嬉しい!いい内容・・ぜひ!大勢の人に 勧めます。

観たあとも 心に残る良作品です。 こうした映画好きでーす。 また観れること考えただけで、嬉しい春です。上映・・バンザイ!

復活のオム・テウンさん、とってもステキ!ですよね。 この映画で、また違ったテウンさんに魅せられることでしょう。 5月までの間に、舞台挨拶に 来ていただきたいです。 これも 少し期待します。 共演者の皆、とても うまいです!必見!!

賞をとったニュースを見た時から、いつか見たいと思っていました。 待っていました。 嬉しいですよ!!
もうすぐ 3月。 早く来い来い・・・

超!!おススメです!!笑えて考えて泣いてオムニバス式の映画で主人公たちの関係を探りながら鑑賞するともっと楽しいです

こういう映画が 上映されることに感謝!
面白くて、楽しく あったかい・・大満足です。
お勧めします!演技力あるスター達に、引き込まれること 間違いなしですよ。

ソウルのピカデリー劇場で観たのが一昨年の5月。作品の出来を思えばやや遅すぎの感もありますが、大阪で再度観られるのは非常に喜ばしいことです。スターの出演に振り回されず、こうした佳品をもっともっと取り上げて欲しいものだと思います。

オム・テウンさんのファンでDVDで見て、細かいところがわからないなりにすごく心温まる作品でした。それが大きなスクリーンでしかも字幕付で見れるなんてありがたいです。こういうしっかりした作品を今後もお願いします^^

テウンさんのファンです。
DVDでみたのですが、心温まるストーリーで
いい作品でした。テウンさんの他にも演技派の俳優さんがズラリ。
この作品が札幌でしかも大きなスクリーンでみられるのが嬉しいです。
早速 お友達とみに行こうと思います。
期間中 何度行こうかなぁ 笑

予想以上にいい映画でした。
一見関係ないように見える3つの話が、1つにまとまった瞬間、「やられたな~」と思いました。
家族、もちろん血のつながった家族の絆は切ろうとしても切れるものではないですが、他人同士でも心と心がつながって家族になれることを教えられました。
あの5人がこの先どうなるのか、気になります。
(オム・テウンさんの演じたいい加減オトコは、あのまま生きていくんだろうな)

予想以上にいい映画でした。
一見関係ないように見える3つの話が、1つにまとまった瞬間、「やられたな~」と思いました。
家族、もちろん血のつながった家族の絆は切ろうとしても切れるものではないですが、他人同士でも心と心がつながって家族になれることを教えられました。
あの登場人物達がこの先どうなるのか、気になります。
(オム・テウンさんの演じたいい加減オトコは、あのまま生きていくんだろうな)

コメントする