M(エム)

天才ベストセラー作家が見た、初恋の記憶を紐解く白日夢…
トップスター、カン・ドンウォン主演で贈る、幻想的な映像美で綴るミステリー・メロドラマ

イントロダクション

派手なキャリアと外見で人気を獲得している天才作家が辿る初恋の記憶。『私たちの幸せな時間』のカン・ドンウォンが、『デュエリスト』のイ・ミョンセ監督と再びタッグを組んで放つ衝撃的な愛のミステリー。初恋の女性を記憶から消し去った男ミヌが、自分を追い詰める何か突きとめるべく、その妄想の正体を追い続ける。現実と白日夢の合間で彷徨う小説家を体当たりで演じている。ミヌの初恋の女性ミミには『百万長者の初恋』イ・ヨニ、婚約者のウネには『ハピネス』で主人公の昔の恋人を好演したコン・ヒョジンが、幻想的な愛の三角関係を作りあげている。迷路のようなミヌのマンション、謎めいたバー<ルパン>など、凝った異色セットにも注目。

ストーリー

人気ベストセラー作家ハン・ミヌ(カン・ドンウォン)は、ウネ(コン・ヒョジン)との結婚を控え、スランプ状態だった。不眠症に悩まされ、誰かに見られているような神経過敏に陥った彼は、ある日、夢遊病のように路地裏のバー<ルパン>のドアを開く。そこで彼は、紫の服の少女ミミ(イ・ヨニ)と出逢った。数日後、久しぶりに帰郷したミノは、ミミが初恋の相手だったと思い出すが、彼女のゆくえを知る者は、誰もいなかった……。

プロフィール

カン・ドンウォン

1981年1月18日、プサン生まれ。モデルを経て、03年に<威風堂々な彼女>で俳優デビュー。<1%の奇跡>(03)の主演で注目され、04年に『彼女を信じないでください』で映画初出演、120万人を動員する大ヒットを記録し、04年の『オオカミの誘惑』では黄金撮影賞など新人賞を総なめに。05年の『デュエリスト』で時代劇アクションに初挑戦し、06年の『私たちの幸せな時間』では死刑囚役での鬼気迫る演技で新境地を拓く。

イ・ヨニ

1988年1月9日生まれ。モデルを経て、05年の<海神>でスエ演じるチョンファの少女時代役で女優デビュー。<かけがえのない我が子>(04)<復活>(05)などを経て、06年に『百万長者の初恋』で映画初出演、病に直面するヒロインを快活に好演した。本作では、視線、言葉遣い、歩き方まで、ミミを完璧に演じ切り、清らかな初恋イメージを体現した。また『私の恋』(07)では片思いの先輩を飲みに誘う女性役で、挿話の一翼を担った。

コン・ヒョジン

1980年4月4日、ソウル生まれ。CMモデルを経て、99年に『少女たちの遺言』で女優デビュー。01年の『火山高』と『ガン&トークス』で注目され、03年の<サンドゥ、学校へ行こう!>でのヒロイン役で人気スターに。06年には『家族の誕生』でキム・ヘオクの娘役を好演し、07年の『ハピネス』では大韓民国映画大賞女優助演賞に輝く。「今、このままが良いです」(08)に続く新作は、パク・チャヌク製作の「にんじん」(08)。

監督:イ・ミョンセ

1957年8月20日生まれ。79年にソウル芸術専門大学映画科卒業。ペ・チャンホらの助監督を経て、88年の『ギャグマン』で監督デビュー。90年の『マイ・ラブ、マイ・ブライド』で大鐘賞、青龍賞など新人監督賞を独占。『初恋』(93)『最後の情事』(96)などを発表後、99年の『NOWHERE~ノーウェアー』が一大センセーションを巻き起こし、青龍賞作品賞受賞。05年の『デュエリスト』では時代劇アクションに斬新な映像美を発揮した。

原題=M/英語題=M/2007年・109分

■受賞歴

大韓民国映画大賞美術賞(ユ・ジュホ、ユン・サンユン)、撮影賞(ホン・ギョンピョ)

韓国映画評論家協会賞監督賞、技術賞(美術/ユ・ジュホ、ユン・サンユン)

 

提供:エイベックス・エンタテインメント/エスピーオー

(C)2007 M&FC, Production M. All Rights Reserved

韓国オリジナル予告

トラックバック

» 「M」上映決定です! from we lover イム・ジュファン(ImJuHwan)임주환
チュファン君ファンの皆様〜〜♪ ビックニュースです ||<#ffffff' style='width:500px;c... [Read More]

» [映画] M (エム) from つぼ焼き村役場
製作年: 2007年 製作国: 韓国 劇場公開: 2007年10月25日(韓国) 原 題: M (&#50656;) 英 題: M 時... [Read More]

コメント

いよいよ『M』公開されるんですね^^
『デュエリスト』のイ・ミョンセ監督の独特の世界をドンウォン君がどのように体現しているのか楽しみです。
そして、スクリーンでみられるなんて今からわくわくします♪

「M」が今秋~上映になることを期待しています。もし、人気投票1位になったらシネマートさんにぜひカン・ドンウォンさんを舞台挨拶に呼んでいただけたら嬉しいです。

『M』上映決定ありがとうございます。
関西でも絶対上映お願いします!
その時は是非カン・ドンウォンさんの舞台挨拶をお願いします!!

「M」上映、とてもうれしいです。
ぜひ、カン・ドンウォンさんを招待していただきたいです!!

「M」上映おめでとうございます!秋の韓フェスの成功をお祈りします。
必ず観に行きます。ドンウォンさん達の舞台挨拶が見られたら最高ですね!
韓フェス地方上映も大いに期待しています。

「M」上映ありがとございます!!やっと待ちに待った日本公開です。何回も通いたいと思ってます。そしてドンウォンssiの舞台挨拶が実現したら夢のようです~そして全国上映願ってます!!

 上映嬉しいです。ドンウォン君の舞台挨拶
お願いします。
 札幌など 全国上映も 是非お願い致します!!!

「M]上映おめでとうございます!どんな 字幕が付くのか、今からワクワクです。
ドンウォンさんの舞台挨拶が実現したら もっと幸せです・・・
秋の韓フェスの成功を 心より願ってます。

「M」の上映が決まって嬉しいです。カン・ドンウォンさんの舞台挨拶があったら、なおさら嬉しいのですが・・・ 期待しています!

「M」上映が決まり、とても嬉しいです。
カン・ドンウォンさんの舞台挨拶をぜひお願いします!

韓フェスご成功をお祈りいたします。

『M』の上映決定有り難うございます。
監督とカン・ドンウォン氏の舞台挨拶もあるんですか!ほんとうに!?
こんなに嬉しいことはありません。有り難うございます。今からとても楽しみです。

「M」の上映が決定してもの凄く喜んでました。ドンウォン氏の舞台挨拶があるなんて…本当にありがとうございます!嬉しくて~感謝します。

韓フェスのご成功を願っています

「M」の上映とカン・ドンウォンSSiの舞台挨拶ありがとうございます。
絶対、見に行きたいです。日本で生ドンちゃんに会えるなんて夢のようですvv。

札幌でも上映して欲しい m(v_v)m

札幌で上映お願いします (^o⌒*)/

『M』公開すっごくうれしいです。日本での公開を楽しみにしてたので…。しかも名古屋まであるのがうれしいです。何がなんでも行きたい!!

『M』公開すっごくうれしいです。日本での公開を楽しみにしてたので…。しかも名古屋まであるのがうれしいです。何がなんでも行きたい!!

名古屋でも舞台挨拶があるのですねーーー?!
嬉しいです♪
何としてでもチケットを手に入れなければ・・・
ありがとうございます。今、大感激してます^^

「M」の上映決定ありがとうございます
是非、岡山・広島あたりでもハンフェス開催
よろしくお願いします!!

待ちに待ったドンウォンさんの来日ですね。
「M」の公開とても楽しみにしています。
どんな姿で私たちの前に現れるのか・・・
今からわくわくしてしまいます!

楽しみですね^^
久しぶりの生ドンウォンさん!!
お元気だとは思いますが、次回作の情報なども教えていただきたい・・・
待ちきれないですね^^v  みなさん♪

「M]本当に楽しみです!!
福岡でも上映されるんですよね!?!?

カンドンウォンさん、福岡にも
来ていただけないんでしょうか、、、
もう本当にすっごく会いたいです、、

え~ドンウォンに逢いたいよ~
是非大阪にも来て欲しい
名古屋参戦?悩む~よ~

韓国で見ましたが、「デュエリスト」とはまた違う、今まで見たことのないドンウォンさんの魅力が満載でした。

[M]の上映決定!ありがとうございます。
皆さん長く待ちましたよね~~!うれしいですね。

「M」とともにウォニくんが日本に上陸ですね~~~~♪
待ってましたよ^^
みなさん、絶対観に行きましょうね^^

はずれました・・・。会いたかったのに。

すごく見たかったのに・・・外れました
悔しい事に、チケットは出回ってる。
ドンウォンに逢いたいのに・・・・

カンドンウォンミラクルというファンの掲示板で舞台挨拶の時に花束を贈る企画をやっています。
私も舞台挨拶の時にドンウォン君に花束を渡せるなら持って行きたいのですが大丈夫ですか?
ミラクルではシネマートさんで上映会をするようなので
その関係で特別にOKなのでしょうか?

↑どうして??そんなのあり?

チケットはずれてしまいました。
会いたかったなあ・・・・
でも『M』の上映ほんとうれしいです!!
楽しみにしてます!!

やっと日本語字幕で「M」がみれました。
ミョンセ監督らしく映像美はすばらしかった。

ただ、ミヌにカン・ドンウォンさんを起用したのはちょっと・・・映像は美しいけど小説家になったミヌをカン・ドンウォンさんが演じるには色気がなさすぎだった気がします。
高校生のミヌをカン・ドンウォンさんで小説家のミヌは別の俳優であれば尚よかったかも。

韓国映画やドラマの大ファンですが、この映画は本当に面白くありませんでした。がっかりでした。