韓流シネマ・フェスティバル2007〜ルネサンス〜

上映作品紹介

Renaissance 20 “希望”
愛なんていらない

韓国の国民的妹、ムン・グニョン主演最新作。 テレビドラマ〈愛なんていらねえよ、夏〉のリメイク。 漆黒の闇を照らす愛の光──胸を打つ希望の物語。

愛なんていらない
  • STAFF
    • 監督:イ・チョルハ(デビュー作)
    •  
  • CAST
    • ムン・グニョン『ダンサーの純情』『マイ・リトル・ブライド』
    • キム・ジュヒョク『シングルス』〈プラハの恋人〉
    • チン・グ『甘い人生』『卑劣な街』

INTRODUCTION

愛を信じない孤独な男女が偽りの関係でめぐり逢ったとき、闇に閉ざされた冷酷な世界に思いがけない愛の光が差し込む。2002年にテレビ放映された渡部篤郎、広末涼子主演〈愛なんていらねえよ、夏〉の韓国版リメイク。実の母に捨てられ、心を閉ざす盲目の娘ミンに『ダンサーの純情』のムン・グニョン。“国民の妹”と呼ばれた彼女が、疑念を抱きながらもホストのジュリアンに魅かれてゆくミンの心の軌跡を、ヴィヴィッドに演じている。一方、栄光から絶望へ転落したジュリアンに、〈プラハの恋人〉のキム・ジュヒョク。これまで甘く誠実な魅力で人気を獲得した彼が、危険な香りを放つホストの仕草や話し方を、特訓を受けて体得した新イメージも話題に。

STORY

愛を信じない冷酷なホスト、ジュリアン(キム・ジュヒョク)は、彼に貢いだ女性客が会社の金を横領して自殺未遂を図ったことで、逮捕される。出所した彼には巨額の借金が待ち受けていた。そんなとき、父の死によって遺産を相続した盲目の娘ミン(ムン・グニョン)が、16年前に行方不明になった兄を探していることを知る。こうして彼女の兄に成りすましたジュリアンは、後輩ホストのテホ(チン・グ)とともに、ミンの暮らす豪邸に乗り込む……。

CAST & DIRECTOR

ムン・グニョン
ムン・グニョン
1987年5月6日、クァンジュ生まれ。00年に〈秋の童話〉でヒロイン、ウンソの少女時代を演じて注目され、03年の『箪笥』でイム・スジョンの繊細な妹スヨン役で恐怖演技を披露。04年の『マイ・リトル・ブライド』では高校1年生の幼な妻ボウンを快活に演じ、大鐘賞新人女優賞受賞。05年には『ダンサーの純情』でダンスに人生の希望を託すヒロイン、チェリンを熱演、大人の女優への飛躍を果たし、黄金撮影賞女優賞に輝いた。
キム・ジュヒョク
キム・ジュヒョク
1972年10月3日生まれ。父は俳優のキム・ムセン。SBSタレント公募8期。99年に俳優デビューし、01年に「セイ・イエス」で映画初出演、殺人鬼から妻を守る夫役でパク・チュンフンと渡りあった。03年の『シングルス』では証券マン、スホン役で等身大の魅力を発揮し、05年の「クァンシク弟クァンテ」では恋に不器用な兄クァンシク役でナイーヴな演技を披露、人気を博す。〈プラハの恋人〉(05)では刑事サンヒョンを好演した。
監督:イ・チョルハ
1970年9月12日生まれ。中央大学で日本文学を専攻後、サンフランシスコ・アカデミー芸術大学で映画製作を学ぶ。留学中、韓国の人気バンド《GOD》のミュージックビデオの共同監督を手がけ、その後、MVやCM監督として斬新なヴィジュアルセンスを発揮。00年にイ・ヒョンスの『イルマーレ』の助監督を務め、06年に本作で監督デビューした。

 

 

原題:Love Me Not / 韓国公開:2006年11 月9日 / 日本語字幕:根本理恵 / 上映時間:119分
(C)2006 IM Pictures and Sidus FHN. All Rights Reserved.

▲ページ上部へ▲