韓流シネマ・フェスティバル2007〜ルネサンス〜

上映作品紹介

Renaissance 16 “脱出”
ピーターパンの公式

2006年のベルリン国際映画祭で絶賛。 『僕らのバレエ教室』で鮮烈な印象を残したオン・ジュワン主演、 年上女性に想いを寄せる複雑な若者の心情を丁寧に描いた青春の光と影。

ピーターパンの公式
  • STAFF
    • 監督:チョ・チャンホ(デビュー作)
    •  
  • CAST
    • オン・ジュワン『相棒〜シティ・オブ・バイオレンス〜』『僕らのバレエ教室』
    • キム・ホジョン『ほえる犬は噛まない』『女は男の未来だ』

INTRODUCTION

『僕らのバレエ教室』で注目された新鋭スター、オン・ジュワンが、誰もが体験する思春期の複雑な心模様を透明感あふれる演技で丁寧に綴った感動的な青春ドラマ。将来を嘱望された水泳選手を演じるため、ジュワンは元ナショナルチームの水泳コーチについて苛酷な訓練に耐え、19歳の高校生ハンス像を説得力あるものにした。本作で長編監督デビューしたチョ・チャンホは、大人になることに対する不安や心の痛みに立ち向かう普遍性ある若者たちの“公式”を共感を込めて描き、06年のベルリン国際映画祭フォーラム部門で正式上映されたほか、サンダンス映画祭、上海国際映画祭などに出品され、仏ドーヴィル・アジア映画祭では審査員賞に輝いた。

STORY

海辺の小さな町で母とふたりきりで暮らす高校3年生のハンス(オン・ジュワン)。水泳選手として将来を嘱望されていたハンスは、大学進学を決める全国大会が始まる頃、突然退部を宣言する。そんなとき、母が服毒自殺をし、彼は遺書を通して、初めて父親の存在を知る。喪失感を抱え、空虚な日々を過ごすハンスは、ある日、隣に引っ越してきた音楽教師イニ(キム・ホジョン)に興味を抱く。一方のイニもハンスを気遣い、優しく接するのだが……。

CAST & DIRECTOR

オン・ジュワン
オン・ジュワン
1983年12月11日生まれ。雑誌モデルを経て、ヴァラエティ番組〈バラの戦争〉でアイドル的な人気を獲得。04年に『僕らのバレエ教室』で悩み多き高校生のひとり、チャンソプ役で映画デビュー。05年にインラインスケートに青春を賭ける群像劇『台風太陽』に出演。06年には、本作で映画初主演を果たし、『相棒〜シティ・オブ・バイオレンス〜』ではチョン・ドゥホンの少年時代を演じた。新作はホラー映画「解剖学教室」(07)。
キム・ホジョン
キム・ホジョン
1968年3月10日生まれ。舞台「ああ、李箱」(94)「花びらのような女、水上で咲く」(96)「ガラスの動物園」(97)などで頭角を現わし、99年に「沈香」のヒロイン役で映画デビュー。00年の『ほえる犬は噛まない』ではイ・ソンジェの妻を演じ、01年の『バタフライ』では過去の記憶に苛まれるヒロイン、アンナ役でロカルノ国際映画祭女優賞受賞。04年の『春が来れば』ではチェ・ミンシクのかつての恋人役で、演技派の真髄を垣間見せた。
監督:チョ・チャンホ
1973年生まれ。95年に短編「no scoopic」で監督デビュー。『3人の友人』(96)『悪い女/青い門』(98)の演出部を経て、ピョン・ヒョクの『Interview』(00)、キム・ギドクの『悪い男』(01)の助監督を務める。01年に短編「a little indian boy」を経て、06年に本作で長編デビュー、仏ドーヴィル・アジア映画祭審査員賞に輝くなど、高く評価された。

 

 

原題:The Peter Pan Formula / 韓国公開:2006年4月13日 / 日本語字幕:根本理恵 / 上映時間:110分 / R-18 /
(C)2005 CJ ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▲ページ上部へ▲