韓流シネマ・フェスティバル2007〜ルネサンス〜

上映作品紹介

Renaissance 9 “愛情”
恋愛の目的

なぜ人は辛くても悲しくても恋をするのだろう? 現代の若者たちが求める恋愛の目的とは?  日常の何気ない会話で綴られた、等身大の恋愛模様を描く傑作

恋愛の目的
  • STAFF
    • ハン・ジェリム(デビュー作)
    •  
  • CAST
    • パク・ヘイル『グエムル〜漢江の怪物〜』『殺人の追憶』
    • カン・ヘジョン『オールド・ボーイ』『トンマッコルへようこそ』

INTRODUCTION

『トンマッコルへようこそ』のカン・ヘジョンと『殺人の追憶』のパク・ヘイルという若き演技派が、男女の愛憎を等身大に体現するほろ苦い〈恋愛模様〉。愛はセックスだと思い込む高校教師ユリムが、年上の教育実習生ホンと出逢い真実の愛を知る。胸の奥深くに秘めたホンの過去、その衝撃の結末は観る者の心を揺さぶらずにはおかない。共演は、先輩教師のチョに『親切なクムジャさん』のイ・デヨン、ユリムの恋人ヒジョンに『僕らのバレエ教室』のパク・クリナ。監督のハン・ジェリムは本作が第1作目。大鐘賞新人監督賞受賞など高く評価され、撮影は『小さな恋のステップ』のパク・ヨンス、音楽は『王の男』のイ・ビョンウと、スタッフにも精鋭が揃った。

STORY

高校の英語教師ユリム(パク・ヘイル)は、1歳年上の美術の教育実習生ホン(カン・へジョン)に思いを寄せ、恋人がいるにもかかわらず、しつこく交際を迫る。ある夜、お酒を飲みながら、「きみと一緒に寝たい」と告げるが、ホンは「私と寝たければ50万ウォン(約6万円)払って」と言い放つのだった。そんな恋の駆け引きを繰り返しながら、ふたりはやがて結ばれる。しかし、ホンの過去が明らかになったとき、ユリムの心に変化が生まれる……。

CAST & DIRECTOR

パク・ヘイル
パク・ヘイル
1977年1月26日生まれ。児童劇団出身で、01年に『ワイキキ・ブラザーズ』で映画デビュー。03年には、『嫉妬は我が力』で同じ男に2度、恋人を奪われる青年を誠実に演じた一方、『殺人の追憶』では連続殺人事件の容疑者をミステリアスに怪演。04年の『初恋のアルバム〜人魚姫のいた島』では純朴な郵便局員と多彩な演技力を発揮。06年の『グエムル〜漢江の怪物〜』ではパク家の次男、皮肉屋で元反政府活動家のナミルを熱演した。
カン・ヘジョン
カン・ヘジョン
1982年1月4日、インチョン生まれ。雑誌モデルを経て、01年の『バタフライ』で映画デビュー、富川国際ファンタスティック映画祭主演女優賞に輝き、一躍注目される。03年の『オールド・ボーイ』ではヒロイン、ミドを体当たりで熱演、青龍賞助演女優賞など演技賞を総なめにし、05年の『トンマッコルへようこそ』では天真爛漫な村の少女ヨイルを好演。06年の『インビジブル・ウェーブ』では浅野忠信と共演と、国際的に活躍する。
監督:ハン・ジェリム
1975年生まれ。98年にソウル芸術大学卒業。02年にミン・ビョンチョンの『ナチュラル・シティ』の助監督を務める。03年の韓国映画振興委員会シナリオ公募優秀作を映画化した本作『恋愛の目的』で、05年に監督デビュー、釜山映画批評家協会賞作品賞を受賞するなど絶賛された。07年には監督第2作目「優雅な世界」を発表。主演はソン・ガンホ。

 

 

原題:Rules of Dating / 韓国公開:2005年6月10日 / 日本語字幕:根本理恵 / 上映時間:120分 / R-18 /
(C)2005 CJ ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▲ページ上部へ▲