韓流シネマ・フェスティバル2007〜ルネサンス〜

上映作品紹介

Renaissance 4 “正義”
公共の敵2 あらたなる闘い

熱血検事VS非情な政治家…。前作に続き監督カン・ウソク×演技派俳優ソル・ギョングがエリート検事に扮し、あらたなる正義を賭けた闘いを描く本格クライム・アクション!

  • STAFF
    • 監督:カン・ウソク『シルミド/SILMIDO』『公共の敵』
    •  
  • CAST
    • ソル・ギョング『力道山』『シルミド/SILMIDO』『公共の敵』
    • チョン・ジュノ『マイ・ボス マイ・ヒーロー』
    • カン・シニル『ミスター・ソクラテス』『公共の敵』

INTRODUCTION

2001年に公開され、300万人の観客を動員する社会現象となった『公共の敵』の待望の続編。監督カン・ウソク、主演ソル・ギョングをはじめ、スタッフ&キャストが再結集し、熱血検事が非情な政治家と“あらたなる闘い”を繰り広げるクライム・アクションで、前作を上回る400万人突破の大ヒットを記録した。『公共の敵』ではアウトロー刑事だったチョルジュンは、本作では熱血検事に出世するものの、トラブルメーカーぶりは健在。そんな彼と相対するのは、かつての彼の同級生で、財団の後継者サンウ。『マイ・ボス マイ・ヒーロー』シリーズや『大変な結婚』の好青年から一転、“金にもの言わせる”チョン・ジュノの悪役ぶりは大きな話題を呼んだ。

STORY

書類よりも現場に生きるカン・チョルジュン(ソル・ギョング)は、仲間の命を守るためには、銃器の使用も厭わない熱血検事だ。ある日、母校ミョンソン高校の財団後継者と目されていた理事長の長男が事故死し、その死をめぐって疑惑が生まれる。チョルジュンの強引な捜査が波紋を呼んだ頃、彼は次期理事長に浮上した次男ハン・サンウ(チョン・ジュノ)と検察庁で対峙することになる。チョルジュンとサンウは、高校の同窓生だった……。

CAST & DIRECTOR

ソル・ギョング
1968年5月1日、忠清南道ソチョン生まれ。93年から舞台で活動し、96年の『つぼみ』で映画デビュー。99年の『ペパーミント・キャンディー』で演技派男優として認められ、01年にはNHKドラマ〈聖徳太子〉に出演。02年の『オアシス』では前科者のはみだし者を、03年の『シルミド/SILMIDO』では韓国の秘密工作員を熱演。05年の『力道山』では体重28キロを増量、日本語を完璧にマスターし、伝説的プロレスラーを演じきった。
チョン・ジュノ
1970年10月1日生まれ。95年にMBC24期採用。〈LOVE〜サラン〉(98)〈グッバイ・マイ・ラブ〉(99)などで注目される。01年には、『黒水仙』の非情な反共青年役で認められる一方、『マイ・ボス マイ・ヒーロー』では高校生となったヤクザのボス役でコメディに新境地を拓く。02年の『大変な結婚』ではヤクザの娘に見初められるエリートサラリーマンを好演、大ヒットを記録した。悪役に挑んだ本作で、黄金撮影賞演技大賞受賞。
監督:カン・ウソク
1960年11月10日生まれ。成均館大学英文科卒業。88年に「甘い新婦」で監督デビュー。「ミスター・マンマ」(92)『トゥー・コップス』(93)などでキャリアを築き、02年の『公共の敵』で百想芸術大賞受賞。03年の『シルミド/SILMIDO』は観客動員1100万人を突破する一大シンドロームとなり、06年の「韓半島」は内外で賛否両論を巻き起こした。

 

 

原題:Another Public Enemy(公共の敵2) / 韓国公開:2005年1月27日 / 日本語字幕:大塚毅彦 / 上映時間:149分
(C) 2007 CJ ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▲ページ上部へ▲