トップへ戻る
トップ ブログ イントロダクション エディ・ポンについて キャラクター エピソード ダウンロード 掲示板
エピソード

高校生のなるみは、体操選手として練習に追われる日々を過ごしていた。
ある日、練習中の事故で意識を失うが、病院へ運んでくれた少年の面影が忘れられなくなる。

怪我を機に体操から離れたなるみは、新たな人生を模索する。
予備校で出会った“あすなろ会”の面々と仲良くなり、寡黙な掛居に仄かな憧れを抱く。

しかし、母が病に倒れ、なるみの進学も延期を余儀なくされる。

一年後、晴れて大学生になったなるみを“あすなろ会”の面々が迎える。
しかし、よそよそしい態度をとる掛居に、なるみはとまどいを覚える。

だが、ある夏の晩、掛居はなるみに突然キスをする。
掛居の真意を確かめるべくバイト先のホストクラブを訪れ、束の間、ふたりは心を通わせる。

だが、掛居には昔から付き合っているトキエという彼女がいることを知る。

掛居の真意を測りかねるなるみは、逆襲とばかりに掛居にキスをする。
それを見た取手は嫉妬にかられ、松岡の家でのパーティで、なるみにキスを迫ろうとする。

ところが、そこに取手の父が来ていて、彼ら親子の確執を知る。
それは松岡も同様で、掛居も学費を自分で稼いで母親も養う状況だった。

掛居のなるみへの気持ちに偽りはなかったが、ふたりの住む世界には大きな隔たりがあった。

掛居とのデート中、トキエや母のトラブルのため放り出されたなるみの前に取手が現れ、励ます。
ようやく現れた掛居は、なるみに取手と付き合えと告げる。

そんなある日、なるみの前にトキエがやって来て、掛居に近寄らないよう警告する。

彼女の強い想いに引け目を感じ、掛居としばらく距離を置くことを決意したなるみの苦しみを理解してくれるのは星香だけだった。

取手は父への反抗の気持ちから、掛居と同じホストのバイトを始めようとする。
しかし、それがバレて親子喧嘩に発展、取手は家を出てしまう。

そんなある日、星香宛に差出人不明のラブレターが届く。
星香とて嬉しくないわけがなく、女性らしい装いに変身して皆を驚かせる。

一方、なるみは自堕落になっていく取手の事が気がかりだった。
それが同情の気持ちなのか恋なのかは、なるみ自身もわからないまま。

次のページへ >>

© Power Generation Entertainment CO.,LTD