STORY | 各話紹介
第 1 話 突然の離婚宣言
法曹界の名門に嫁ぎ、セレブな生活を送るソルヒ。だが、夫ジウクが韓国一の法律事務所の代表に就任しても、元事務員のソルヒはジウクや彼の家族には侮蔑の対象で、妻とは形ばかり。家族に隠れて高校時代の仲間と組んだロックバンドの活動だけが心の拠り所だ。そんなある日、実妹の骨髄腫が発覚。移植を考えるソルヒに義母は…。

「愛愛愛」(カムバック・マドンナ) ライブハウス
「愛は雨のように 愛はいつもそうして」(コ・ウンミ) クラブ
「回想」(キム・ジョンウン) 弾き語り
第 2 話 誕生!マドンナバンド
離婚を宣言したソルヒに世間体を気にするジウクは決して離婚はしないと言い放つが、すでに意思を固めたソルヒは荷物をまとめて出ていく。妹の骨髄移植も成功し、ソルヒは離婚訴訟のために独学で勉強を始める。一方、ソルヒから離婚申告書を受け取ったジウクは離婚を避けようと、不倫相手で同僚の弁護士スンヘに協力を求める。

「恍惚な告白」(カムバック・マドンナ) 市場ライブ

TEENTOP
第 3 話 彼女の決断
離婚調停委員会に臨んだソルヒとジウクだが、協議は決裂。ジウクは合意離婚するか悩む。そんな中、高校時代の友人で歌手のラニが、ソルヒのバンドにドキュメンタリー番組への出演協力を求めてくる。落ち目になったラニの画策だったが、ソルヒは承諾する。しかも、バンドの指導には、かつて憧れていたミュージシャンのテヒョンが現れ…。

「君が」(イ・ジュニョク) ライブハウス
「気分の良い日」(コ・ウンミwithカムバック・マドンナ) 練習スタジオ
第 4 話 いざ法廷へ
マドンナ・バンドのドキュメンタリー番組への出演が白紙になった件がジウクの差し金と知り、プロデューサーに交渉に行くソルヒ。その彼女が法曹界の名門の妻と知ったプロデューサーは興味を示し、制作を続行することに。ソルヒはテヒョンと酒を飲み、腹を割って話す。だが、酔った彼をソルヒが送る姿をスンへが目撃し…。

「気分の良い日」(コ・ウンミwithカムバック・マドンナ) 練習スタジオ
第 5 話 敵は韓国最高弁護士
第一次離婚訴訟を終えるが、慰謝料狙いの詐欺に仕立てられ、打ちのめされるソルヒ。1人で戦うのは無理だと知り弁護士を探すが、苦戦を強いられる。そんなソルヒにテヒョンは知人の弁護士ジンベを紹介するが、口の悪いジンベに憤慨したソルヒは助けを断る。そんな中、ドキュメンタリー番組のためのライブが行われるが…。

「気分の良い日」(カムバック・マドンナ) 練習スタジオ
「愛は雨のように 愛はいつもそうして」(コ・ウンミ) ライブカフェ
第 6 話 夢のステージ
離婚訴訟でジウクを負かす証拠を持っていると言う男の出現にソルヒは悩む。テヒョンからジンベが有能な弁護士だと聞き、改めて相談に訪ねる。証拠を持つと言う男がジウクに復讐すると話していたことが気になるソルヒはジウクに警告するが、相手にされない。そして、ジウクの元にはスンヘとの浮気現場の映像が入ったCDが届く。

「愛愛愛」(カムバック・マドンナ) 練習スタジオ/ライブカフェ
第 7 話 浮気の証拠
別荘に連れ立って現れたジウクとスンヘの姿を目撃したソルヒとテヒョン。一方、ソルヒとテヒョンが一緒に別荘にやってきたことを知ったスンヘは、テヒョンを訪ね、これ以上ソルヒに関わるなと釘を刺す。ドキュメンタリー番組が放送され、自信をつけたソルヒたちは正式にバンドを結成、「カムバック・マドンナ」と名づける。
第 8 話 本当の勝者
第二次離婚訴訟が行われる中、ソルヒはジンベから証拠のCDを受け取る。中身が浮気現場の映像だと察したジウクは焦るが、ソルヒが法廷に証拠として提出した映像は新婚当初に撮影した思い出の映像だった。訴訟に勝てる証拠を持ちながら使わず、ジウクから謝罪の言葉が欲しかっただけだと訴えるソルヒに、ジウクの心は揺れる。

「回想」(キム・ジョンウン) 練習スタジオ
「愛愛愛」(カムバック・マドンナ) スーパーでのライブ
第 9 話 オバサンバンドの逆襲
職探しが難航していたソルヒだが、ジンベの法律事務所で働くことに。そんな中、カムバック・マドンナのメンバーがふざけて踊った時の動画がネット上に流れ、“ババアバンド”とこき下ろされる。動画が原因でファジャとアルムは荒れ、練習にも来なくなる。困ったソルヒはテヒョンに、バンドのために曲を作ってくれと頼む。

「GENIE」(カムバック・マドンナ) 練習スタジオ
第 10 話 市場を守れ!
ソルヒが運び込まれた病院でかち合ったジウクにテヒョンは、ソルヒは大切な存在だと言い放つ。揺れるジウクの心を察し、繋ぎとめようとするスンヘ。一方、新たな動画がネットで話題になり、カムバック・マドンナは本格活動に向けて動き出す。そんな中、開発事業による土地譲渡問題で戦う市場の人々を目にしたソルヒは…。

「GENIE」(カムバック・マドンナ) 市場でのライブ
第 11 話 アルムの選択
市場の開発事業の件で告訴の準備を始めたジンベとソルヒは、開発事業主側の弁護士であるジウクとスンヘの2人と再び対峙することに。開発事業に関わるジウクの母も、ソルヒが訴訟の手助けをしていることを知る。マドンナ・バンドはフェスティバルへの出演が決まるが、アイドルグループに引き抜かれたアルムが抜けてしまい…。

「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) フェスティバル会場
第 12 話 再び対決
ジウクの母に市場の訴訟から手を引くように警告されるが、はねつけるソルヒ。そして、開発事業を進めるムジョン開発が市場の人々から同意書を得る際に悪事がなかったか調べる中で、市場で店を営むチョの行動に疑惑を抱く。スンヘから、ソルヒがムジョン開発側の弁護士の元妻だと聞かされた市場の人々は、ソルヒに裏切られたと思い憤慨する。

「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) レコーディングスタジオ
「君が」(キム・ジョンウン&イ・ジュニョク) 練習スタジオ
第 13 話 涙の取り引き
ソルヒはムジョン開発が市場の人々を脅迫していた証拠を得るために奔走する。一方、ガールズバンドに加入したアルムはデビュー会見の席で記者の質問に子持ちであることを認め、それが許されないなら脱退すると言い放つ。そして、ソルヒはチョの証言によりムジョン開発の裏にジウクの伯父が営む「神話」が絡んでいることを知る。
第 14 話 バンドの存在意義
チョを釈放するかわりに市場の問題から手を引くとジウクに約束したソルヒは、告訴に乗り出す人々に、今後関わらないと話す。だが、チョが証言すると言い出すなど、市場は訴訟ムードに。ソルヒが訴訟から手を引いたと知ったテヒョンは彼女を案じ、家を訪ねる。また、スンヘはムジョン開発の脅迫映像を入手し、ジウクに渡す。

「ミュージカル」(カムバック・マドンナ) タクシー会社でのライブ
第 15 話 ジウクの葛藤
ソルヒは脅迫の証拠映像が入ったCDを法廷に届け、市場開発の訴訟裁判は次回に持ち越される。ジウクは窮地に立たされたムジョン開発側の伯父と母に、開発事業から撤退するよう説得を試みる。そんな中、映画音楽祭にバンドで出ることになったソルヒだが、イベント当日、証拠のCDをくれたのがジウクの部下と知り、確認のため会いに向かうが…。

「気分の良い日」(カムバック・マドンナ) 映画音楽祭
「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) 映画音楽祭

ヒチョル(SUPER JUNIOR)
第 16 話 カムバック・マドンナよ永遠に
ライブを見に来たジウクはソルヒに、1人で泣かせ、戦わせて悪かったと謝罪の言葉を告げる。そして笑顔で別れる2人。一方、ネットにはソルヒがラジオでテヒョンに愛を告白したという記事が上がり、ソルヒは動揺を隠せない。そんなソルヒにテヒョンは記事通りになりたいと話す。そんな中、スンヘが渡米することになり、テヒョンにある相談をする…。

「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) ロックフェスティバル
「愛愛愛」(カムバック・マドンナ) ラストコンサート
「気分の良い日」(カムバック・マドンナ) ラストコンサート
「GENIE」(カムバック・マドンナ) ラストコンサート
「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) ラストコンサート
「君へ」(キム・ジョンウン) ラストコンサート
「カムバック・マドンナ」(カムバック・マドンナ) 練習スタジオ
©SBS 提供:エスピーオー /博報堂DYメディアパートナーズ