★【中国時代劇トリビア】バックナンバーはこちら★


中国ドラマを観ていて、あれ、これ...なんかちょっと気になる~!?という小さな"なにか"を見つけてしまうことはありませんか?
<中国時代劇トリビア>ではこれから6回にわたり、現在BS11で好評放送中「月に咲く花の如く」での"ちょっと気になるアレ!"のプチトリビアをご紹介していきます。


「月に咲く花の如く」より―
〇貝勒(ベイレ)様って何者!?:2020.2.25掲載予定
〇洋務運動ってなに?:2020.3.3掲載予定
〇変法自強ってなに?:2020.3.26掲載予定
〇商人と京劇:2020.4.2掲載予定
〇スーパーセレブ 西太后・その1:2020.4.21掲載予定
〇スーパーセレブ 西太后・その2:2020.4.22掲載予定
※掲載日は変更になる可能性がございます。


======


貝勒(ベイレ)様って何者!?


杜明礼の主人の「貝勒様」とはいったいどんな位なのでしょうか?

貝勒(ベイレ)は清朝の皇族の称号で、もとは満州族の八旗制度の中から生まれた身分呼称の一つ。清の太祖ヌルハチも初めは貝勒と称していましたが、やがて君主を意味する言葉、汗(ハン)を用いるようになると、一族の有力な者に貝勒の称号を与えました。

康熙帝の第4子として生まれた雍正帝が、ドロイ・ベイレ(上から三番目の爵位)の時代があったことからもわかるように、ベイレは皇帝と非常に近い爵位であり、ゆくゆくは皇帝になっちゃうかも!?という立場にあるとても高貴な御方と言えます。

ただし、清朝皇族の爵位は、特例の皇族以外は通常一代ごとに降下し、特に功績がなければ爵位は下がってしまうので、たとえ一代ベイレであったとしても、油断はできないわけです。こうした主人の命をうけ、政治的任務を負って暗躍する杜明礼のような人物が生まれていったと考えられます。


「月に咲く花の如く」より

Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。

=======

<このコラムに登場した作品>


「月に咲く花の如く」

<<公式サイト>>


<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOX1~3好評発売中!
各5,000円+税

提供:エスピーオー/コンテンツセブン
発売元:エスピーオー/コンテンツセブン
販売元:エスピーオー

©HS Entertainment Group Incorporated

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「月に咲く花の如く」トリビア ①清朝末期とは ②周瑩は実在した!?
  2. 2【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  3. 3【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星...
  4. 4【インタビュー】「月に咲く花の如く」ピーター・ホー#1「奥さんを可愛がる気持ちに共感...
  5. 5ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  7. 7【インタビュー】「扶揺」イーサン・ルアン 「本当に気絶して倒れた。それぐらい激烈」
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  9. 9社会現象となった大ヒットラブ史劇超大作「月に咲く花の如く」来年1/8~BS11にて放...
  10. 10<ネタバレ注意>BS12 来週の「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」あらすじ(第8~...
  1. 1「月に咲く花の如く」トリビア ①清朝末期とは ②周瑩は実在した!?
  2. 2【インタビュー】「月に咲く花の如く」ピーター・ホー#1「奥さんを可愛がる気持ちに共感...
  3. 3【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  4. 4【インタビュー】「扶揺」イーサン・ルアン 「本当に気絶して倒れた。それぐらい激烈」
  5. 5【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星...
  6. 6<ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ>2月放送スタート!「アイテム」「...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  10. 10【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事