初恋を守り続けるふたりが互いの痛みを包み込んでいく様子を繊細に描き、MBC演技大賞5冠獲得した純愛ラブストーリー「ここに来て抱きしめて」。本作の主演、チャン・ギヨンとチン・ギジュのインタビューをお届けします。

前編 「それでも再会できてよかった」:2019.9.11公開
中編 「ごめん、好きになって」:2019.9.12公開
後編 「ナム(木)とナグォン(楽園)」:2019.9.13公開

<<「ここに来て抱きしめて」公式サイト>>

========


― まず、お二人とも本作への出演が決まった時にどう思ったか教えてください。

チャン・ギヨン(以下ギヨン) 僕にとってはとても大きなチャンスだったので、うまく演じたいという思いが一番大きかったです。

チン・ギジュ(以下、ギジュ) とてもうれしかったです。「やったー!」って。

― 台本を初めて読んだ時、これまでのドラマとはジャンル的にもいろいろと違ったと思いますが、印象はどうでしたか。台本の印象は?

ギヨン とても惹きつけられました。「これは僕が演じなくちゃ」と欲が出て、急いでアクションを練習したりしました。

― ギジュさんはどうでしたか。台本を渡されて、読んだ時の印象は?

ギジュ 初めて台本を読んだ時は一人で泣きながら読みました。読んだあと何日かずっと頭から離れず、視聴者の方にとっても、記憶に残るドラマになりそうだなと思いました。

それから台本が詩的な感じがして、とても気に入りました。


― ではまず、お二人の演じた役を紹介してください。まずはユン・ナム(=チェ・ドジン)について。どんな人物でしょうか。

ギヨン 僕は「ここに来て抱きしめて」で警察官、チェ・ドジンを演じました。殺人を繰り返すサイコパスの息子で、初恋の思い出を胸に秘めているというキャラクターです。


ギジュ 私が演じたナグォン、ハン・ジェイは...本名はキル・ナグォンで、両親がサイコパスの犠牲になってから普通の社会生活ができなくなります。

そして、ハン・ジェイという芸名で女優として活動を始め、初恋の人と再会し、その後のストーリーを展開していくという女性です。

― それぞれ演じた役にどう近づいていったか、人物設定や撮影前に準備したことなどがあれば教えてください。

ギヨン 僕が重点を置いたのは2つの雰囲気です。

ナグォンといる時は初恋の初々しさや純粋さが感じられるまなざしやしぐさ、父親といる時はカリスマや強さがあり、正反対のイメージなんです。そこに注目して見ていただくと面白いと思います。


ギジュ そうですね、まず...。ナグォンは私と同じ女優ですよね。

ナグォンは2018年に映画祭で新人賞を受賞します。私はナグォンの歩みを段階的に演じましたが、彼女は最終的に映画祭で大きな賞をもらい、成長して、たくさんの人に知られるようになります。

ドラマでは彼女の職業上の経験をすべては見られませんが、私も経験したことなので理解できるところがたくさんありました。そういう意味で深く共感できましたし、楽しく準備しました。

そして、ひとつ大きなことがあります。ナグォンはトラウマとなる出来事を経験しますが、私は彼女と同じ気持ちになることはできません。経験がないことなので。

ですが、まずは真摯に取り組まなくてはいけないということ、そして、一番近いところまで近づき、できるかぎりナグォンと同じ気持ちになって視聴者の皆さんに伝えなくてはいけないということを心に留めて演じました。

― ナグォンは先ほどのお話の通り、両親が犠牲になり、自身も深く傷ついた事件の加害者の息子ナムと再会した瞬間、喜びに満ちあふれる感情を見せました。その気持ちは視聴者にもよく伝わりました。

ナグォンの心の動きを繊細に表現しなくてはいけないシーンが多かったと思います。演じるうえで苦しかったり、つらかったりしたことは何でしょうか。

ギジュ たくさんあります。苦しかったことは...。

ナグォンの苦しみは、めったなことでは経験しない苦しみですし、簡単には想像のつかない苦しみなので、つらいことがたくさんありました。

中でも一番つらかったことを挙げるなら...。ナグォンは12年前の事件の夜と同じ状況を再び経験し、ナムと会います。その状況を経験した数時間後に、ナムに「それでも再会できてよかった」と言うシーンがあります。

その時、16歳のナムなら「君が好きだ」とか「一生好きでいる」という言葉をためらうことなく口にしていたのに、28歳になったナムは「好き」という言葉をなかなか口にできない状況でした。

その状況とナグォンのもどかしさがとても胸に迫り、可哀想でした。

― 演技をしながら、その辺りがとても共感できて、つらかったんですね。

反対に楽しかったりうれしかったりしたことは? 恋愛のシーンでは明るい表情も見せて雰囲気が変わりますよね。演じていて楽しかったりうれしかったりしたことは?

ギジュ ほとんどがドラマの後半に集中しています。物語の後半、ナグォンは初めてナムの前で声を出して泣きます。泣いていたけれど、うれしかったです。

その前後、デートしている時はいつもうれしかったです。


<中編へつづきます>


========

【DVDリリース情報】


<<公式サイト>>

★セルDVD:全2BOX (価格 各15,000円+税)
DVD-BOX1:好評発売中!

【封入特典】ブックレット
【映像特典】メイキング Part1 / NG集 Part1 / 台本読み合わせ / 制作発表会 Part1
2ショットインタビュー(チャン・ギヨン&チン・ギジュ)Part1

DVD-BOX2:好評発売中!
【封入特典】ブックレット
【映像特典】メイキング Part2 / NG集 Part2 / 制作発表会 Part2
2ショットインタビュー(チャン・ギヨン&チン・ギジュ)Part2


★レンタルDVD<スペシャルエディション版>:全13巻
Vol.1~13:好評レンタル中!

2018年/韓国/音声:オリジナル韓国語/字幕:日本語/発売元:TIMO Japan/エスピーオー 販売元:エスピーオー
ⓒ2018MBC 

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  7. 7「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  8. 8【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  10. 10「皇帝と私の秘密~櫃中美人~」あらすじ&キャラクター紹介
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  6. 6【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  8. 8「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  9. 9<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事