3月7日に韓国文化院ハンマダンホール(東京)で行われた、「2018 Mnet Japan Awards」受賞作品発表&韓流ドラマ業界トークショーの模様をお伝えします。

Mnet Japan Awardsとは、Mnet Japanで2018年1月から12月に放送された番組の中から韓流ファンの投票によってドラマ部門、バラエティ部門のグランプリを選ぶアワード。受賞作品発表の前に、TOP3に選ばれた作品の版権会社のスタッフが登場し、韓流ドラマ業界のトークショーが行われました。

前編「1話につき何回キスシーンがあるか」 2019.3.26公開
中編「最終回で亡くなるはずだった」 2019.3.27公開
後編「今年ブレイクする4人のイケメン」 2019.3.28公開

===============


イベント MC古家正亨(以下、古家) みなさん、こんばんは!このイベントは2018 Mnet Japan Awardsの受賞作品の発表となっております。
Mnet Japanで1年間に放送されたノミニー番組の中から、韓流ファンの投票によってグランプリを選ぶというアワードでございまして。2018年のアワードは、2018年12月25日(火)から2019年1月26日(土)にかけて、Mnetの特設HPで投票を実施させていただきました。本当にたくさんのご投票をいただき、ありがとうございました。

2017年のドラマ部門のグランプリは「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」、バラエティ部門では「PRODUCE 101 シーズン2」が選ばれましたが、2018年は果たしてどの作品が受賞するのか気になるところでございます。

さてドラマ部門の発表の前に、楽しみにされていた方が多いんじゃないでしょうか。今日はノミニー作品の版権会社の方々にお越しいただき、韓流ドラマ業界トークショーを開催してまいりたいと思います!

あの作品の裏側、韓流業界あるある、さらには2019年ブレイクしそうな俳優・女優など、ここでしか聞くことのできないトークを盛りだくさんでお届けしてまいりたいと思いますので、ぜひ最後まで楽しんでいただきたいと思います。

申し遅れましたが、進行を務めますのはMnetで「MタメBANG!~ただいま打ち合わせ中~」という番組を緑のジャージを着て頑張っています、MCの古家正亨です。宜しくお願いします。(会場拍手)



「MタメBANG!~ただいま打ち合わせ中~」予告編


では早速本日のゲストをお招きしたいと思います。皆さん!私には結構ですが、ここでは盛大な拍手をお願い致します。(会場笑)

まずお一人目、株式会社エスピーオー取締役コンテンツ事業部長の中田紀廣さん!(会場拍手)
続きまして、株式会社コンテンツセブン コンテンツ事業部 秋山朋子さん!(会場拍手)
最後は、ストリームメディアコーポレーション株式会社 取締役ライツ事業本部のホ・ソンジンさん!(会場拍手)

今日は韓流の最前線でお仕事されていらっしゃいます御三方をお招きしました。改めて大きな拍手をお願い致します。(会場拍手)私はいつもお世話になっている皆様ですが、こういうトークショーに出られるのは初めて...ではないですよね?

ストリームメディアコーポレーション ホ・ソンジンさん(以下SMCホ) 初めてです。

コンテンツセブン 秋山朋子さん(以下、C7秋山) 初めてです。

エスピーオー 中田紀廣さん(以下、SPO中田) 何度かあります。

古家 中田さんは慣れていらっしゃると。

SPO中田 いやいや!慣れてはいないです(笑)。

古家 慣れてはいませんでしたか(笑)。今日は御三方にいろいろとお話を伺いしたいと思います。はじめに"版権"、つまり日本で放送したりDVD化したりする権利ですけれども、今日ご登壇されている版権会社の御三方が、どういったドラマを担当されているか気になると思うんですよね。まず中田さんはどういった作品を担当されていますか?

SPO中田 今回ノミネートされている作品だと「無法弁護士(原題)」ですね。(会場から大きな拍手)



「無法弁護士(原題)」Mnet予告編


古家 いままでほとんど反応がなかったのに、いますごい拍手ですよ!(会場笑)

SPO中田 イ・ジュンギさん、さすがですね!ありがとうございます。(会場から大きな拍手)

古家 今日はずっとドラマの題名だけ言っていれば、相当盛り上がるかと思います。(会場笑)
秋山さんはいかがですか?

C7秋山 弊社は「ピョン・ヒョクの恋」と「マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~」と「ゴハン行こうよ3(原題)」を担当しております。



「ピョン・ヒョクの恋」Mnet予告編


古家 作品力がすごいですね!ホさんはいかがでしょうか?

SMCホ 「ブラック(原題)」と「プレーヤー(原題)」と「キム秘書がなぜそうか?(原題)」ですね。



「ブラック(原題)」Mnet予告編


古家 やっぱりいい作品を揃えてますねぇ。

SMCホ そうですね。特にパク・ソジュンさんの作品は、弊社が彼の所属事務所の関連会社ということもあり、弊社でリリースしています。前作の「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」も弊社でした。

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」日本版予告編


古家 本日は皆様の大好きな作品を管理していらっしゃいます三社の代表の方にお越しいただきましたが、まずは2018年の韓流ドラマの傾向をお伺いしていきたいと思います。中田さん、昨年はどういった傾向があったと思いますか?

SPO中田 ここ数年の韓流ドラマの傾向としてはCJENM系のtvNやOCNというチャンネルが韓国のトレンドをリードしている感じなんです。各ケーブル局もドラマ枠を増やしたり、作品のジャンルもCJENMが制作する作品を追いかけるような感じが、去年と一昨年は色濃く出ていました。地上波のKBS、MBC、SBSでも、tvNの「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」が大ヒットしたこともあり、ファンタジーラブロマンスというか、変わったドラマが多かった年なんじゃないかなと思います。

「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」日本版予告編


古家 最近はロボットとか宇宙人とか。

SPO中田 鬼があって、人魚があって、AIがあって。

古家 今度は一体どんな方向に向かうんだろう?という感じもしますけれども。ホさんはいかがですか?

SMCホ 例年、時代劇が何本か定期的に編成されていますが、去年は一番少ない年でしたね。2本しかありませんでした。あと、やはりジャンルものが韓国で人気になっていまして。「ボイス」だったり「ジャスティス -検法男女-」だったり。

古家 韓国ドラマっていろんなジャンルがありますが、1つのジャンルが流行ると思ったら、そっちの方向に一直線!みたいなことが結構ありますよね。ファンの方にも「1つのジャンルがヒットすると、似たようなドラマばかり放送されるようになるのはどうして?」と聞かれるんです。

以前こちら(韓国文化院)で行われたイベントで、韓国のドラマの脚本家さんがいらっしゃったときに聞いてみたんです。「いえいえ、偶然です」ってお答えになったのですが、会場からは「えーー!?」って。誰も信じてない(笑)。でも毎年そういった流れは必ずありますよね。

あと、同じ作品でも韓国と日本で人気の違いがあるというのはよく聞きますよね。韓国ではすごく人気がある作品だけど日本ではそうでもない。その逆もよくあるなんて聞きます。秋山さん、その違いを体感される事ってありますか?

C7秋山 さっきもお話に出ていましたが、最近韓国ではジャンルものの人気が高く。でも日本では、まだまだラブコメが強いという印象がすごくあります。私は買い付け担当ではないのですが、買い付け担当に聞くと「1話につき何回キスシーンがあるかによって決まる」って(笑)。それぐらい日本では恋愛要素が肝です。

古家 キスシーンの数で!(笑)たしかに「このドラマってラブコメだっけ?」と思う作品でも、日本で放送される時やDVD化される時、ビジュアルをラブコメっぽくして宣伝している場合がありますよね。それはラブコメが日本では強いからなんですかね?

C7秋山 そうですね。ドラマを探されるとき、やはりラブを求めている方が多いので...。(会場笑&拍手)どんなドラマにもいろんな形の"愛"が描かれているので、これを見つけていただきたいなと思っています。

<中編へ続きます>


===============

古家正亨レギュラー出演中!
「MタメBANG!~ただいま打ち合わせ中~」

Mnetで毎月第1,3,5週(木)23:30~オンエア中。
http://jp.mnet.com/


あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  6. 6【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  7. 7「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  9. 9【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  10. 10間もなく100万回再生!「きみはペット」"エレベーターキス"公開!
  1. 1【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  2. 2【中国時代劇トリビア】第14回「扶揺~伝説の皇后~」中国時代劇に登場する、不思議な石...
  3. 3「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  6. 6「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  8. 8【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  9. 9【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  10. 10間もなく100万回再生!「きみはペット」"エレベーターキス"公開!
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事