大人たちの出会いと別れ、そして再会を繊細に紡ぐピュアラブストーリー「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」。本作の女性主人公シン・チェンは、ウォレス・チョン&アーロンが演じる男性たちから10年にわたり想われており、一見強く見えるが実は弱くて脆い部分を持った女性だ。そんなヒロインを演じたジャン・シューインに、本作について話を聞いた。


【プロフィール】ジャン・シューイン
1986年生まれ。2005年「飞花如蝶」でデビュー。2015年に「最高の元カレ」でジェリー・イェンの相手役(ヒロイン)を演じ注目されたほか、同年、岩井俊二プロデュース映画『恋する都市 5つの物語』にも出演。

==========


― ウォレス・チョンさんとの共演シーンで印象に残っているシーンがあれば、理由も合わせて教えて下さい。

ルー・フェイが帰国し海辺のカフェまでシン・チェンを探しに来るけれど、シン・チェンはなかなか会おうとしなかったシーンが印象に残りました。

当時、シン・チェンが会おうとしなかった気持ちについて監督と話したことがあります。彼女の心にはルー・フェイへの想いがありますが、それでも会わなかった理由は2つあります。ルー・フェイが黙って去っていってしまったことにまだ怒っているから。もう1つは、どんなふうに彼と会っていいのか分からないからです。彼女は、再び彼のことを好きになってしまい、もう一度傷ついてしまうことを恐れているんです。


― アーロンさんとの共演はいかがでしたか?第一印象や、撮影時のエピソードがあれば合わせて教えてください。

アーロンさんに対するは、歌手という印象で止まっていたので、彼の演技がこんなに素晴らしいとは知らなかったです。すごく意外でした。アーロンさんとは共演シーンがわりと多かったので、しょっちゅう一緒にセリフを練習したり役のことを話し合ったりしました。彼は、真剣に他人の意見を聞ける人です。とても勤勉な俳優だと思います。


― 10年間に渡り、2人の男性から一途に想われるヒロインを演じられましたが、ジャン・シューインさんだったらどちらを選びますか?

選ぶのが難しいですね...。この2つタイプの男性がどちらもいいので...もう、これはご縁に任せます(笑)。


― 叔父のシン・カイユーとルー・フェイの行方を探しに砂浜に行ったシン・チェンが、ルー・フェイの携帯を見つけた瞬間に恐れずに勢いで海へ歩き込むシーンがありました。一番大切な2人の安否が確認できず冷静さを失うほど心配する気持ちがとても伝わってきました。どのような感情を込めてこのシーンを演じたのでしょうか?また、このシーンの撮影は大変だったかと思いますが、撮影時の状況やエピソードなど教えてください。

ルー・フェイにとって、カイユーおじさんは一番親しい家族であり、ルー・フェイは一番愛する人です。2人の安否が分からず、シン・チェンの心が崩壊しそうな状況です。まるで狂ったように靴は履いたまま、海に向かって走りだし、泣きながら2人の名前を呼びました。実はこのシーンを撮影するために、2時間くらいビーチで走ったんです。また、泣きながら叫んだので撮影終了後のどは声が出ない状態になりました。でも、彼女の彼らに対する感情は、それほど深い気持ちだからこそ、それだけ感情も激しくなるんだと思いました。


― ロケ地であるアモイ島の景色がとても美しく印象的です。撮影期間4カ月の間に、何度も台風の影響も受けたとのことですが、撮影現場で苦労したことはありましたか?また現場の雰囲気はいかがでしたか?

7月にアモイでクランクインしました。ちょうど台風の時期でした。撮影チームが4回台風に遭遇し、その中でも一番ひどかったのは、なんとセットが一晩で全壊してしまい、その場所が更地になるほどでした。本当にビックリしましたね。
それでも、プロの撮影チームが一丸となって困難を乗り越え、同時に作品のクオリティも維持することが出来たのは幸いでした。無事クランクアップの日を迎えたときは、皆が感激していましたよ。


― 今後挑戦してみたい作品ジャンル、役柄があれば教えてください。

いままでに演じたことのない役を全てチャレンジしたいです。最近、完璧じゃないむしろ性格には欠点がある役に興味がありあます。


― これから作品をご覧になる方にメッセージをお願いします。

日本の皆さん、こんにちは。「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」を応援してくれてありがとうございます。皆さんにこの作品をご覧いただけるのを、楽しみにしております。


==========

「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」DVD好評リリース中!


〇セル 各12,000円+税
DVD-BOX1 好評発売中!
DVD-BOX2 2019年2月15日(金)発売!
DVD-BOX3 2019年3月1日(金)

〇レンタル
vol.1~5 好評レンタル中!
vol.6~10 2019年2月15日(金)
vol.11~15 2019年3月2日(土)

「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」日本公式サイト
発売・販売元:エスピーオー  原題:一路繁花相送 ©2018China International TV Corporation 

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第3回「ヴィック・チョウ」 山口淳子(台湾...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 6【アジア俳優名鑑】マー・スーチュン <馬思純>
  7. 7【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 92018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  10. 10【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 6【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第1回「F4」 望月美寿(ライター)
  7. 7【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  8. 8【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第3回「ヴィック・チョウ」 山口淳子(台湾...
  9. 92018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  10. 10【中国時代劇トリビア】第10回 今、ヴィック・チョウが時代劇に選ばれる理由
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事