現在好評DVDリリース中の「永遠の桃花~三生三世~」。本作で墨淵と夜華という二つの異なるキャラクターを熱演し大きな話題を呼んだマーク・チャオに本作について話を聞いた。

<1>演技で勝負しようと思った 2018.12.5公開
<2>いい作品を作っているという自覚があった 2018.12.6公開

【プロフィール】マーク・チャオ
1984年9月25日生まれ台湾出身。身長180cm。カナダヴィクトリア大学卒。父親は俳優の趙樹海。デビュー時から演技派としての作品出演が続き、台湾の若手俳優としては異色の存在として注目を集める。

※もっと詳しいプロフィールはこちら
【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)

============

― このドラマの中では、ラブラブなシーンも切ないシーンもたくさんありますが、印象に残っているシーンはどのシーンですか?

ラブラブなシーンは多すぎて言い切れないよ。ベッドでのシーンとかかな。一番切ないシーンは結魄燈が消えたシーンかな。エンディングも結構切ない。


― 夜華の甘いセリフが大きな反響を得ましたが、プライベートでは甘いセリフを言うタイプですか?

僕は甘いセリフをそんなに言わない方だね。だれでもそうじゃないかな。だって、日常生活で「マイスウィートハート」とか言う人いないでしょう(笑)。でもドラマだとしょうがない。原作にあるし、物語に必要なセリフだから。だから、僕とヤン・ミーはいつも甘いセリフのたびに笑わないように頑張ったんだ(笑)。


― 本作には泣くシーンもたくさんあり、こちらも好評を得ましたが、泣くシーンをうまく演じる秘訣はありますか?

僕自身でもよく分からないね。実は撮影中にキャラクターの状態になったら、そこから客観的に自分のパフォーマンスを見ることができない時もある。その時は自分の感情に任せるしかない。そしてキャラクターの設定に従って感情を表現するんだ。今回は、自分でも結構満足だったよ。僕がよかったと思うのは、デビューしてから何年も経って、自分の演技はちゃんと上達していること。嬉しいよ。


― ヤン・ミーさんとは初共演でしたが、共演されていかがでしたか?

初共演だったけど、以前から僕の周りの人やマネージャーなど、それぞれ皆ヤン・ミーを褒めていた。彼女は付き合いやすい人で、偉ぶらないし、性格があっさりしてるって。だから、一緒に仕事をするのは問題ないと思うって。そういうイメージを持って、実際に彼女に会ってみたら、予想よりも男っぽくて、すごく付き合いやすかったよ。

僕とヤン・ミーはアニメ、ゲームなど趣味が一緒だから話がすごく合う。それ以外にも、撮影に対するテンポと要求も似ているからすぐ親しくなったよ。2人の話が合うから自分の考えや相手にして欲しいことがストレートで言えることはすごく大事だと思う。


― 撮影中の面白いエピソードがあればぜひ教えてください。

撮影期間中は、ヤン・ミーや他の俳優さんたちと色んな面白いことがあったから言い切れないよ。
撮影は大変だったけど楽しかった。毎日長時間働いて、ホテルに戻ってお風呂入って、次の日の撮影準備をしたらもう寝て。次の日には朝六時かその前に起きてメイクをしたりしなきゃいけなかった。一日中撮影していたけど、精神的には興奮状態だったよ。キャストや監督と仲良く過ごしていたし、いい作品を作っているという自覚があったから、すごく達成感があった。


― ヤン・ミーさんが白浅を演じた時、キャラクターの状態になるためお酒を飲むとおっしゃっていましたが、あなたはどうやって夜華の状態になりましたか?

僕はあまり深く考えていなかったね。僕は感情を第一にしている。全てのシーンのコアが2人の感情だから、感情と共に進んでいければ大丈夫だと僕は思う。だから夜華の状態になるために何かをしたとかはなかったね。出来るだけ自分のパフォーマンスを、心と繋がりながら控えめに、感情を出しすぎないようにした。だけど表情で視聴者にキャラクターの感情の変化を見せることは必ず心掛けていたよ。


― 映画での活動が多かったマーク・チャオさんですが、今回テレビドラマに出ることに決めた理由を教えてください。

たしかにここ数年は映画ばかりに出演していたけど、そういう制限を付けていたわけじゃない。これからはドラマをやめて映画しかやらないとか、そういった決まりは全くない。実はこの間にドラマの脚本を何本も読んで、良いのがいくつかあったが、タイミングやスケジュールが合わなかったのでお断りしたんだ。僕は脚本にすごく厳しい。考えが近い人と一緒に仕事をしたいから。

このドラマを出ることに決めたのも、チーム全員と話が合うし、心が通じるし、皆このドラマに対する態度が厳しいから。僕は嬉しくて、思い切ってやることができた。


― パートナーであるカオ・ユアンユアンさんは、本作をご覧になりましたか?

彼女と一緒に見ていたよ。2人とも仕事が終わったら、ネットの更新を一気に見ている。当日のテレビ放送に間に合わない時がどうしてもあるから。彼女に、素素にひど過ぎって怒られたよ、女心を分かっていないって(笑)。


― カオ・ユアンユアンさんは夜華の女性ファンがいっぱい増えたことに気付いた?やきもちをやかない?

ユアンユアンはそんなことしないよ。彼女は僕のことを応援してくれている。逆に僕の気持ちの調整を手伝ってくれている。

僕は結構地味で、飛行機を乗る時とかはできるだけ快適な格好で行きたいし、おしゃれとか全然したくない。だけど今はマスコミやファンに注目されているから、事務所からの指示や服装の手配とかが発生してしまって。僕は面倒くさくて抵抗があるけど、彼女は僕を説得して、時間が経ったら落ち着くからちょっと我慢して、とか言ってくれる。ユアンユアンはいつも僕を応援してくれているよ。

<おわり>

============

「永遠の桃花~三生三世~」DVD情報


DVD-BOX1~3(各18,000円+税) 好評発売中!
レンタルDVD vol.1~29 好評レンタル中!

提供:エスピーオー/BS12 トゥエルビ
発売・販売元:エスピーオー
©2017 Shanghai GCOO Entertainment Co., Ltd


あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事