現在、毎日ちょい見せで期間限定公開中の「台北ラブ・ストーリー~美しき過ち」。本作で幼い頃に母を亡くしたことで心に傷を負う繊細な青年チェン・ユーエンを演じたモー・ズーイーに本作について話を聞いた。
※本インタビューは「台北ラブ・ストーリー」が日本DVDリリースされた2013年に実施されたものです。

<1>台湾ドラマ界ではとてもめずらしいこと 2018.11.22公開
<2>人生は美しい未来へ進むことができる 2018.11.26公開
<3>まさに「学校では教えてくれない愛」 2018.11.27公開 ※ネタバレあり※

【プロフィール】モー・ズーイー
台湾の俳優。15歳で俳優デビューし、舞台や映画を中心に活躍。初のアイドルドラマ出演となった「台北ラブ・ストーリー」で演技力が高く評価され、金鐘賞の主演男優賞にノミネートされた。最近ではドラマ「台北歌手」で主演と脚本を務め、第53回金鐘賞の最優秀長編ドラマ脚本賞を受賞するなど幅広く活躍している。

【12/28まで!「台北ラブ・ストーリー~美しき過ち」第1~4話公開中!】
=========

※ネタバレあり:物語の展開に触れています。ご視聴後に読まれることをお勧めします※


― マンチンはつらいことがあるとミルキーキャンディをなめて慰めにする女の子でしたが、モー・ズーイーさんはつらいことがあるとどのようにそれを慰めたり解消したりしますか?

ゲームですね。古いゲームをやります。何も考えずに手だけを動かせますし。昔は不機嫌なことが多かったのか、ゲームをする時間がすごく長くて(笑)、最近は反省してやめてます。でもやめたらストレスの発散ができなくなってしまったので、また久しぶりにやってみようかな(笑)。あとはよく家の近くの川沿いを散歩してます。


― このドラマは食事をするシーンがとても多く、それぞれの家族の形をすごく表してる気がしました。

そうですね。ユーエンの家族は高級料理を食べに行き、みんなが綺麗にマナーを守って静かに食べています。美味しいものを食べてるのですがどこか関係が冷たい。一方、マンチンと3人のママは適当なものを自分たちで作って食べていますが温かくて楽しそうで距離感がない関係、ということは見ている人に伝わってますよね。シュー・ユーティンさんは食卓を通じて家族の関係を表現したかったんだと思います。


― ユーエン親子の唯一のコミュニケーションがバスケットでしたが、練習は大変でしたか?

実は僕もワン・シーシェンさんもバスケがあまり得意ではなくて...(笑)。ちなみにワン・シーシェンさんはサッカーが得意です。なので、ふたりとも大変でした。1on1は彼らにとっての唯一の親子コミュニケーションの時間ですから、ある程度うまく演じなくてはいけません。

実はチェリーママ役のシャオシェンさんの旦那さんが台湾バスケットボールの選手なので彼に頼んでいろいろ教えてもらいました。撮影に合わせて上手に見えるようなポーズとか裏ワザとか(笑)。


― 今は何かスポーツされてますか?

ランニングや水泳をやってます。一人で出来るスポーツが好きですね。


― 他に苦労したシーンがありましたら教えてください。

肉体的に大変だったのは、暑さですね。撮影は夏だったのですが、秋冬のシーンが多かったので気温が35度36度のときに洋服3枚とコートを着てました。僕はどちらかというと寒がりのほうなのでなんとか我慢できましたが大変でした。


― ユーエンは会社の後輩のウェンウェンに強引に付き合ってと言われ、マンチンが気になりつつも、ウェイウェイもかわいいし、なんとなく断れずなあなあで進んでしまいました。モー・ズーイーさんも男性のそういう気持ちは共感できますか?

厳しく言ってしまうと、このユーエンは幼すぎですね。でもこういう男女関係のあいまいさは僕も経験しましたし、男の子はこういう時期があると思います。責任というのが分からなくて経験を重ねたり傷ついたりしてわかること。まさに「学校では教えてくれない愛」ですね。


― ドラマのオープニングで黒板に「愛とは○○」と書くシーンがありますが、モー・ズーイーさんの思う「愛とは○○」は何になりますか?

うーん...。いま思い浮かんだのは「自分を愛してくれる人を忘れず、そして生きていくこと」


― 現在、32歳ということですが、30代になってから何か変化を感じましたか?

たくさんあります。30代になってから、毎年変化しているような気がします。お芝居を本格的に始めた17歳から30歳までは青春期という感じですね。30代になってからはもうちょっと責任感を意識してます。仕事や家族や未来に対して。あとは考え方も変わってきました。昔は本当に頑固でシニカルでしたが、年を重ねるとともに柔らかくなってきましたし、違う世界観を受け入れるようになってきました。あと、一番感じたのは自分の体力が...(笑)。


― そうなんですか?(笑)

若いときは、前日に寝てない状態で早朝から一日撮影したとしても、全然平気でした。でも今は、撮影前日はちゃんと寝ないと(笑)。


― 今まで舞台をメインに活動されていると思いますが、舞台と映像とではなにか演じる上で気持ちの違いなどはありますか?

技術的な面では違いがあると思います。舞台には舞台の良さがあって映像には映像の良さがある。例えば、映像は目線ひとつだったりちょっとした繊細な動きも表現できるし映像のマジックのようなところもあります。これは舞台では表現しきれないかもしれない。でも、舞台では全身を使って演じて、役者、セット、音楽、お客さんとの一体感とかその空間の魅力があります。これは映像には代えられない魅力です。


― 演じる気持ち的には一緒?

本質的には同じです。役の背景だったり気持ちや経験だったりを掘り下げていくという部分は同じです。でも映像は媒体によって少し違います。例えば、テレビ局によって演技の仕方も変わりますし、監督や制作チームがどのような役を望んでいるのかによって変えます。


― 今後も舞台をメインに活動されるのですか?

実は、今ちょっと変化しています。今までは人生のほとんどを舞台に捧げてきましたし、自分の時間や体力や情熱を捧げて舞台役者として生きてきました。でも30歳になって、これも30代になってからの変化の一部かもしれないですが、これからは映像の仕事をもう少し増やしてみたいと思ってます。そこでどんな景色が見えるのか、どう変わっていくのかなと。いま楽しみにしているところです。


<おわり>

=========

「台北ラブ・ストーリー〜美しき過ち」DVD情報


DVD-BOX1~3 好評発売中 各9,500円+税

2012年|台湾|音声:オリジナル中国語・字幕:日本語|発売&販売元:エスピーオー © 2012 Taiwan Television Enterprise, Ltd. All Rights Reserved. 
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/taipei-lovestory/

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事