【壹讀 2017年8月31日 https://read01.com/Q3eOG7G.html#.W8mY19f7TDc

「時代劇イケメン」と呼ばれるチェン・シャオは、役作りのために髪の毛を剃ったことは何度もあったが、最近は新しい映画のためにひげと髪の毛を伸ばしている。そして彼には幸せな家族がいて、それは彼の「すべて」だ。

「月に咲く花の如く」でのチェン・シャオの役は今までの印象と違い、「性格の強い未亡人を追いかける青年」を演じる。何があっても相手への気持ちは変わらない。チェン・シャオの言葉を借りると「ずっとそこにいる星」だ。インタビューではチェン・シャオはとても落ち着いている。ドラマの中で見せる活発姿は彼の分身で、目の前のもの静かなこの男こそ、彼の本当の姿。

テレビドラマ「月に咲く花の如く」で演じるのは、沈星移。彼自身は、その「星」。


「彼は星。ずっとそこにいる星。」

「月に咲く花の如く」で、チェン・シャオが演じるのは沈星移というキャラクター。裕福な家庭で育った、遊んで暮らしている御曹司だ。「お坊ちゃま」と子供の頃から可愛がれワガママで単純で明るい彼は、自分より性格が強い周瑩に出会い恋に落ちた。もともと主人と使用人の関係だったが、一緒に過ごす中で沈星移には周瑩への特別な感情が生まれ、彼女が卑賤であっても、性格が強くても、別の男と結婚しても、未亡人になっても、彼女を守り続けた。

御曹司から父親に利用される人形へ、そして愛国者に、沈星移は時代の移り変わりと共に変化していくが、変わらないのは周瑩への愛情だ。若い時、沈星移は周瑩に直接「愛してる」「僕の心を君にあげる」と伝えるが、「あなたの条件がよくないわけではなくて、違う人を愛した」と言われてしまう。沈星移が周瑩への感情に気が付くのは遅かったし、彼はただ周瑩の人生の旅人にすぎない。チェン・シャオは沈星移というキャラクターを星に例えて、こう話してくれた。

「それでも彼は名前通り"一つの星"。ずっとそこにいる星だから、そばにいなくても空を見上げると、その星はそこにいる。」


沈星移とチェン・シャオは全然違う。沈星移は単純で短気な青年、チェン・シャオは落ち着いた静かな父親。ドラマの中の沈星移を見ると、なんだか違和感がある。チェン・シャオ自身も自分は沈星移のようには明るくないと話す。

「人間の性格を外向と内向と分けると、沈星移は外向的、私チェン・シャオは内向的。」

沈星移は外向的、チェン・シャオは内向的というより、沈星移はチェン・シャオを解放し、チェン・シャオは沈星移に違う雰囲気を与えているように思える。
チェン・シャオの言う通り、周瑩に対しても、彼自身に対しても、沈星移はその唯一の「星」だ。

「他人の足を引っ張らないようにと自分に言い聞かせている」

チェン・シャオにとって、時代劇の服装で動くことも、髪の毛を剃ることも難しいことではない。難しいのは、どうやってベストな状態で新しい役になれるか。今回初めて共演したスン・リーに対しても、一緒に仕事をしたことがある監督のディン・ヘイに対しても「みんなの足を引っ張ってしまわないように自分に言い聞かせている」

5年前、チェン・シャオはディン・ヘイが監督を務めたドラマ「昭王 〜大秦帝国の夜明け〜」に出演しているので、2人がタッグを組むのは2作目。その時のチェン・シャオはまだ未熟で、皇子役を演じていた。今回「月に咲く花の如く」でディン・ヘイに沈星移役をオファーされたことに対して、チェン・シャオは「何よりも幸運」と話す。脚本を読むと、自分が沈星移役に選ばれたことは当たり前ではないことを意識した。だから、このチャンスを大事にして「足を引っ張っちゃいけない」というプレッシャーを自分にかけた。

スン・リーとの初共演では、彼女の言葉に励まされた。「自分の力不足を自覚しているが、スン・リーさんから褒められた時、もっと勇気と自信をもって色々チャレンジしようと思えた。」チェン・シャオは褒め言葉に対しても慎ましい。空いた時間でも役作りの為に集中している。


今まで出演してきた時代劇と違い、「月に咲く花の如く」では時代が移り変わり、チェン・シャオが演じた沈星移も御曹司から愛国者へと変化していく。その中で、沈星移の女形シーンはすごく印象的だ。チェン・シャオが女形を演じるのは初めてではない。初めて女形を演じたドラマ「雲顛之上」の役と違い、沈星移はプロの役者でもアマチュアでもなんでもなく、ただ女形を演じる。

「先生から教えてもらったのは、雰囲気を出すためです。どんなタイミングで沈星移の表情、態度、姿を見せるのか、どんなタイミングで戯曲の雰囲気的なものを出すのか、そういう調整をできるようにするため。」

先生に秦腔の女形を教えてもらったのは、女形を演じながらも沈星移らしさを残すため。女形も時代劇の服装も髪の毛を剃ることも今のひげも、外見はチェン・シャオにとっては「空」。チェン・シャオにとって大事なのは、役にふさわしいかどうかでしかない。

「役の外見はカッコイイかカッコ悪いかじゃなくて、『その人らしい』か『その人らしくない』かだと私は思うんです。『その人らしい』の外見であれば私は何でも好きです。」

チェン・シャオが演じた役の外見の中で一番印象に残るのはやはり映画『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』のガゥオ・ポー。厚い丸メガネを掛けてばかげるイメージで、チェン・シャオだと分からなかった人もいっぱいいた。

「その映画を見たあと『チェン・シャオはどれ?』『さっきのがチェン・シャオだったよ』みたいな会話を聞くとすごく嬉しいんです。」

イケメンの外見は覚えやすいが、チェン・シャオはそれよりも素顔と差が大きい役の方が俳優の本質と意義を感じられると考えているそう。お芝居をやるのは視聴者に顔を覚えてもらうだけじゃなく、視聴者を、物語の世界へ連れていき、感動させるため。

いい役はいい俳優に出会う。チェン・シャオにとって沈星移が特別な役になるよう祈っている。

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【毎日ちょい見せ☆まとめ】「恋はドロップキック!~覆面検事~」第1話~第4話を無料公...
  2. 2祝♡ティファニー・タン&ルオ・ジンご結婚!「王女未央-BIOU-」第1話無料公開スタ...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 4【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #3「あきらめずに頑張り続ける精神」
  5. 5「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  6. 6【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #2「沈星移を演じてみたい」※ネタバ...
  7. 7<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  8. 8ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  9. 9「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  10. 10【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー(杨幂)
  1. 1【毎日ちょい見せ☆まとめ】「恋はドロップキック!~覆面検事~」第1話~第4話を無料公...
  2. 2祝♡ティファニー・タン&ルオ・ジンご結婚!「王女未央-BIOU-」第1話無料公開スタ...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 4「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  7. 7「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星...
  10. 10【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事