去年からシネマート新宿&シネマート心斎橋でスタートした、劇場発信型映画祭「のむコレ」。11月3日からのスタートに向け、Cinemartでは「のむコレ2018」の見どころや裏話をお届けしていきます。第1回は、シネマート新宿歴12年!日々の劇場運営や上映スケジュールを操る支配人・中根春樹さんに今年の「のむコレ2018」についてお話しいただきました。
※「のむコレ」チェアマンかつシネマート新宿/⼼斎橋の番組編成担当・野村武寛さんもたまに登場します。

「のむコレ2018」公式サイト

==========

― 長年シネマート新宿で働いてきた中根さんから見て、「のむコレ」はどんな印象ですか?また「のむコレ」の特徴はどんなところだと思いますか?

中根 シネマートでは今までも韓国映画や香港映画の特集上映はやってきましたが、様々な国の映画を一度に特集するのは「のむコレ」が初めてです。また、ほかの劇場発信型の映画祭と比べ「のむコレ」らしいところは、アジア映画が多いってことですよね。シネマート新宿といえばアジア映画の印象があると思いますが、普段は洋画をご覧になっているお客様にも「のむコレ」をきっかけにシネマート新宿にお越しいただけたら嬉しいなと思っています。


― シネマートのお客様は、やはりアジア映画ファンの方が多いのでしょうか?

中根 シネマート新宿に関して言えば、アジア映画が好きなお客様が多いですね。なので「のむコレ」は普段アジア映画をご覧になっている方にも、逆に洋画を紹介できる機会でもあると思っています。そういう中で、今年は割引サービスもご用意しました。割引があることで作品を見に来るハードルが少し下がるというか。

シネマート新宿(ロビー)


― この割引サービス、どれも面白いですよね。これはどなたが考えたんですか?

中根 それはシネマート新宿の秘密兵器・宮森が考えました(笑)。


― 宮森さんに後日お話をお伺いするので、そのあたりを詳しく聞いておきます(笑)。割引サービス以外にも、去年と今年の「のむコレ」の違いはどんなところですか?

中根 まず時期が違います。去年は10月末からのスタートでしたよね。お客様から「東京国際映画祭と同じ日程だからずらしてほしい」というご意見が結構ありました。そこで、今年はそのご意見を反映し11月3日スタートになりました。

野村 今回は東京国際映画祭の最終日からやもんね。

中根 去年の「のむコレ」は初めての試みで、まず"やってみる"というところが大きかったのですが、今年はお客様からのご意見も含めて進化していくというか。今回はオールナイトも実施しますし、割引もあるし。そういうところでもお客様に楽しんでもらえたらと思っています。


― たしかに今年から前夜祭も含めてオールナイト上映がありますね。

中根 24作品を「のむコレ」の枠の中で上映しようと思うと、どうしても1作品の上映期間がタイトになってしまいます。だから、一気にご覧になりたい方や平日に働いていらっしゃる方にとっては、金曜・土曜のオールナイトは雰囲気も含めて楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。

野村 しかも今回は2スクリーンで同時にやる。いままでのオールナイトは1スクリーンだけだったので。

シネマート新宿(スクリーン1)


― 観たい作品によって、スクリーン1と2を行き来したりできるんですよね?ちょっとした音楽のフェスみたいです。

野村 料金はまとめてじゃなくて、チケットは毎回買ってもらうことになるんです。


― ということは、1作品だけ観て帰ってもいいし、朝まで観ていてもいい?

野村 そう。夜中の3時に来てもいいしね。劇場側は大変だと思います。僕は企画するだけですけど、支配人やスタッフにとってはね。スクリーン1もスクリーン2も見てなきゃいけないし、人も来るしね。大変だと思います。


― では最後に、中根さんが個人的に「のむコレ2018」で一番楽しみにしている作品はありますか?

中根 『The Witch/魔女』ですね。

『The Witch/魔女』©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


― 『The Witch/魔女』気になってる方が多いようですが、注目作なんですね。

野村 韓国では300万人(※1)ぐらい観てて、韓国でもなかなかないぐらい大ヒットしてて。しかも韓国公開からこんな短期間で日本でも観られるって珍しいからね。日本の配給会社の中でも、この作品は取り合いになったって聞きました。

※1)300万人:9月現在3,189,092万人


― そんな作品が「のむコレ」ラインナップに...!

中根 実はそういう作品が『The Witch/魔女』以外にもいくつかあるんです。特集上映の中の1本、ではなく、1本だけで十分劇場公開できるほどパワーのある作品が、この「のむコレ」ラインナップに何本も入っています。


― ということは、かなり豪華なラインナップなんですね。

中根 そうそう。去年に比べ、本当にいろんな進化があると思います。時期のことだったり、割引のことだったり、ラインナップがより充実していたり。こういうことのすべてがお客さんに受け入れてもらえるかはわからないけど、引き続きお客様に楽しんでいただけるよう、いろんな挑戦をしていきたいと思っています。

<おわり>


==========

「The Witch/魔女」も上映!

「のむコレ2018」
名作映画発掘フェスティバル「のむコレ」が、上映作品24 本にスケールアップして今年も開催︕
11 月3 日(土・祝)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催!
「のむコレ2018」公式サイト

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  2. 2「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  3. 3【中国時代劇トリビア】第10回 今、ヴィック・チョウが時代劇に選ばれる理由
  4. 4【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 6【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第1回「F4」 望月美寿(ライター)
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  9. 92018年もっとも美しく切ないラブ史劇「晩媚と影~紅きロマンス~(原題:媚者無疆)」...
  10. 102018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  5. 5【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  6. 6【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第1回「F4」 望月美寿(ライター)
  7. 7【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  8. 82018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  9. 9【速報】朱孝天(ケン・チュウ)入籍! F4未婚者はジェリーのみに!
  10. 10ヴィック・チョウ主演の美しすぎる中国大型ラブ史劇「如歌~百年の誓い~」12月 DAT...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事