"時代劇を最も魅せる"俳優として視聴者を魅了し続けるイ・ジュンギが、正面から挑んだ正統派ロマンス史劇「朝鮮ガンマン」がチャンネル銀河で8月15日より放送スタート!

本作は、剣から銃へ、近代化の波が押し寄せる激動の時代を舞台に、1人の男の波乱の運命と愛を描いたロマンス史劇のヒット作。時代劇で圧倒的支持を集めるイ・ジュンギと、「王女の男」の演出家がタッグを組み、"ガンマン"という斬新な素材で新たなロマンス史劇に挑戦。変わりゆく時代の中で運命を切り拓いていく主人公のドラマチックなストーリーは終始目が離せず、同時間枠の視聴率1位を独走するヒット作となった。
イ・ジュンギの剣、弓、馬に銃まで華麗にさばく最強アクション、そして、愛する者を守る強さ、突き放す苦しみ...。切なく胸締め付けられるロマンス演技は必見!!


「朝鮮ガンマン」
8月15日(水)スタート!
毎週月~金 21:30~23:00

※放送予定は変更の可能性がございます。
詳細はチャンネル銀河公式サイトを御確認ください。
⇒チャンネル銀河公式サイト


★「朝鮮ガンマン」作品公式サイト 


<あらすじ>
朝鮮王朝末期。時の王、高宗が支持する開化派の学者たちが謎の銃使いによって次々襲われ、武官のパク・ジナン(チェ・ジェソン)は王命により捜査に乗り出す。ジナンの息子ユンガン(イ・ジュンギ)は男装した娘スイン(ナム・サンミ)を銃使いと勘違い、さらに妙な縁から彼女の家に居候することに。はじめはユンガンに悪印象を抱くスインだったが、ユンガンに窮地を助けられ、互いに惹かれ合っていく。そんな中、ジナンが銃使いに殺され、ユンガンもスインの目の前で銃に倒れる。3年後、港を訪れたスインは、日本から商談のためにやってきた商人・半蔵に出会う。ユンガンに瓜二つの半蔵に驚くスインだが、半蔵の態度は冷たい。一方、半蔵は行商団・京畿褓商の長ウォンシン(ユ・オソン)と接触するが、その真の目的は腕に傷跡が残る銃使いを捜すことだった。


Licensed by KBS Media Ltd. © 2014 KBS. All rights reserved

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第3回「ヴィック・チョウ」 山口淳子(台湾...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 6【アジア俳優名鑑】マー・スーチュン <馬思純>
  7. 7【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 92018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  10. 10【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  1. 1【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第2回「ジェリー・イェン」 望月美寿(ライ...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 6【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第1回「F4」 望月美寿(ライター)
  7. 7【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  8. 8【コラム】"F4"が巻き起こしたこと / 第3回「ヴィック・チョウ」 山口淳子(台湾...
  9. 92018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  10. 10【中国時代劇トリビア】第10回 今、ヴィック・チョウが時代劇に選ばれる理由
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事