現在テレビ東京"韓流プレミア"にて放送中の「師任堂(サイムダン)、色の日記」。来週の放送に向け、今週の放送分をおさらいしましょう!

★第7~11話のサイムダン豆知識はこちら★

==========

第7話「20年の歳月が過ぎて...」
ギョムは大伯母の強い希望で結婚することになったが、婚礼の日にサイムダンから返された金剛山図を見て、式を台無しにしてしまう。
一方、意気揚々と都にやってきたサイムダン一家だったが、住むはずの家はすでに他人のものになっていた。
20年ぶりに中宗を訪ねたギョムは婚姻の取り消しを願い出るが...。


第8話「20年後の再会」
龍煤墨が売られたと知ったギョムは、自分と別れてまでサイムダンが手にした暮らしを嘆く。だがサイムダンはむしろ無為に生きるギョムが悲しかった。ようやく寿進坊の家に落ち着いたサイムダン一家だったが、子供たちはボロボロのあばら家に不満を口にする。
その頃、ギョムは昔の自分を取り戻そうと筆を握るが...。


第9話「芸術の場・比翼堂」
古書の解読を進めるジユンたちだが、警戒するミン教授にヘジョンの素性がバレ、研究室に乗り込まれてしまう。
一方、朝鮮時代。中宗に朝鮮の芸術を花開かせるための場を与えられたギョムは、その場所を比翼堂と名付ける。その頃、家を出ていたウォンスを見つけたメチャンは、新しい家に父を連れて帰るが...。


第10話「甦る記憶」
中部学堂への入学が叶わなかったヒョルリョンは、末っ子のウと共に比翼堂に...。二人を探しに来たサイムダンは、そこでミン・チヒョンと遭遇する。サイムダンはチヒョンを警戒するようギョムに匿名で手紙を書くが...。その頃、ヒョルリョンは学堂の前で講義を聞いているところをフィウムダンに見咎められていた。


第11話「憧れの中部学堂」
柿泥棒をした子供たちをサイムダンは山に連れ出した。
その頃、中部学堂の講師ペクはヒョルリョンが入学できるよう力になろうとしていた。
一方、ギョムは舎弟のイム・コッチョンにミン・チヒョンを見張るよう命じる。
同じ頃、チヒョンもギョムの過去を調べ上げていた。ヒョルリョンの母がサイムダンだと知ったフィウムダンは姉母会を招集し...。


==========

<放送情報>

テレビ東京"韓流プレミア"にて好評放送中!

毎週月~金曜日 あさ8:15~9:11
テレビ東京「師任堂(サイムダン)、色の日記」ページはこちら


<ブルーレイ&DVD情報>

ブルーレイBOX1~3  好評発売中!
DVD-BOX1~3 好評発売中!

音声1:オリジナル韓国語|2:日本語吹替 / 字幕 日本語字幕
発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  2. 2【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  3. 3【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  6. 6イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  7. 7【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  8. 8ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  9. 9<"イ・ジュンギの魅力に迫る"シリーズ第2弾>「無法弁護士~最高のパートナー」1話上...
  10. 10「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  1. 1【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  2. 2「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  3. 3【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  6. 6「アバウトタイム~止めたい時間~」あらすじ&キャラクター紹介
  7. 7【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  8. 8【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  9. 9ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  10. 10「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事