DATVにて、ウォレス・チョン主演のピュアラブストーリーが日本初放送されることが決定。

©2018China International TV Corporation

「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」(原題:一路繁花相送)は、今年2月に中国で放送されたドラマで、アジアのトップスター ウォレス・チョンとアーロンが豪華共演したことでも話題に。ウォレス・チョンは「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」に続き、再び一途な男性を好演し、アジア中の女性のハートを鷲掴みに!一方、アーロンはヒロインを10年間支え、想い続ける役で見守り男子として絶大なインパクトを与えている。ヒロインへの切ない愛に胸が締め付けられる。

ヒロインを演じるのは、「最高の元カレ」でジェリー・イェンの元彼女役を演じ注目されたジャン・シューイン。本作では、一見強く見えるが、実は弱くて脆い女性を繊細に表現し共感を呼んだ。

それぞれタイプの違う2人の男性がヒロインを巡って繰り広げる恋の熱いバトルが見どころ。更に、アーロンが歌う主題歌「最久的瞬間」の切ないメロディがドラマを一層盛り上げる。

============

<放送情報>

2018年8月6日スタート 毎週(月)(火) 午後8:00~9:00
全30話 / 原題:一路繁花相送

〇出演者
ウォレス・チョン
ジャン・シューイン
アーロン
リー・ミンシュン ほか

〇見どころ
◆ウォレス・チョンが「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」に続き、再び一途な男性を好演!
◆台湾の大人気ユニット飛輪海(フェイルンハイ)のアーロンは見守り系男子がハマり役。
◆同名のネット小説が原作で中国最大の小説投稿サイトに投稿され人気を集め、2009年に書籍化。
◆1%を超えればヒット作と言われる中国現代ドラマ視聴率の中で平均2%とは、人気の高さが伺える。
◆アモイ島とミラノで撮影された絵になる風景の数々が、文芸小説のような美しい映像を彩る!


〇あらすじ
アメリカで映画監督をして成功していた路非(ウォレス・チョン)は、中国での映画撮影のオファーを受け、10年ぶりに帰国する。帰国の理由は10年前大学時代に付き合っていた辛辰(ジャン・シューイン)との約束を果たすためでもあった。急にアメリカへ路非が去った後、辛辰に寄り添い、友達として支え続けていたのは林樂清(アーロン)。でも、実は樂清はずっと辛辰を思い続けていて...。10年ぶりに突然姿を現した路非を前に、冷たい態度をとる辛辰。路非はひたむきに辛辰に思いを伝えようとするが...。


〇DATV  https://knda.tv/datv/
スカパー!プレミアムサービス 653ch.
スカパー!プレミアムサービス光653ch.
J:COM 762ch
ひかりTV 572ch その他ケーブルテレビにて視聴可能

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  2. 2中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  3. 3「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6中国の歴史☆プチ解説 :第10回「北宋」
  7. 7中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  8. 8【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  9. 9「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  10. 10【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  1. 1これはテッパン!950人が選ぶ、おすすめSPOアジドラTOP5発表!~台湾・中国現代...
  2. 2ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  3. 3中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  4. 4「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  7. 7イ・ジュンギについて語る60分!トークイベント開催決定『★「クリミナル・マインド:K...
  8. 8中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  9. 9これはテッパン!950人が選ぶおすすめSPOアジドラTOP5発表!~中国時代劇編~
  10. 10【シネマートで今やってます。Vol.35】『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』パク・ヘ...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事