イ・ヨンエ&ソン・スンホン共演の超大型純愛史劇「師任堂(サイムダン)、色の日記」がテレビ東京で7月20日より放送スタート!

本作で主演を務めるのは、13年ぶりのドラマ復帰となるイ・ヨンエ。5万ウォン紙幣に描かれた肖像画でも有名な天才画家・申師任堂と、現代を生きるワーキングマザー・ジユンの一人二役を熱演!
そして、イ・ヨンエの相手役を務めるのは、長年人気韓流スターとして愛されるソン・スンホン!サイムダンと結ばれないと分かっていながらも、一途に、そして生涯に渡りひたすら彼女を愛し続けた、王族であり天才画家のイ・ギョムを演じる。そして「愛の温度」で注目を集めるヤン・セジョンが、イ・ギョムの青年期/ヒロインの相棒的大学院生の2役で新人らしからぬ巧みな演技を披露しているのにも注目!

芸術家として、母として、女として...
"良妻賢母の象徴"と呼ばれた女性の、真の姿と隠された愛を描く超大型時代劇!


2018 年7月20 日(金)スタート
毎週 月曜 ~金曜
あさ 8時15分~ 9時11分

全40 話 【日本語字幕付 二カ国語放送 】

※放送予定は変更の可能性がございます。
詳細はテレビ東京公式サイトを御確認ください。
テレビ東京「師任堂(サイムダン)、色の日記」公式サイト 

「師任堂(サイムダン)、色の日記」作品公式サイト 


<あらすじ>

あなたと私の心は、
どうしてこんなにも同じなのだろうか―

韓国美術史の教授を目指すジユンは、投資会社を経営する夫と理解のある姑、利発な一人息子ウンスの4人で幸せな毎日を送っていた。ところがそんなある日、世紀の大発見として注目される「金剛山図」の真贋を巡って、ジユンは指導教授ミン・ジョンハクと対立、大学を追われてしまう。失意のジユンを奮い立たせたのは、偶然イタリアで入手した漢文の古い日記だった。そこには若き日のサイムダンの姿と「金剛山図」に関することが綴られていた...。
一方、16世紀の朝鮮。絵画に並々ならぬ才能を持つ少女サイムダンと芸術を愛する王族の青年イ・ギョムが「金剛山図」を介して出会う。たちまち恋に落ちた2人は結婚を誓うが、ある事件をきっかけに無残にも引き裂かれてしまう。サイムダンが別の男性に嫁いだことを知ったギョムは茫然自失の果てに各地を放浪する。
 サイムダンの日記を読み進むうち、発見されたばかりの「金剛山図」が贋作だと確信したジユンは、本物を捜し出してミン教授に挑もうと決心するが...。

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「月に咲く花の如く」トリビア ①清朝末期とは ②周瑩は実在した!?
  2. 2【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  3. 3【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星...
  4. 4【インタビュー】「月に咲く花の如く」ピーター・ホー#1「奥さんを可愛がる気持ちに共感...
  5. 5ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <楊冪>
  7. 7【インタビュー】「扶揺」イーサン・ルアン 「本当に気絶して倒れた。それぐらい激烈」
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  9. 9社会現象となった大ヒットラブ史劇超大作「月に咲く花の如く」来年1/8~BS11にて放...
  10. 10<ネタバレ注意>BS12 来週の「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」あらすじ(第8~...
  1. 1「月に咲く花の如く」トリビア ①清朝末期とは ②周瑩は実在した!?
  2. 2【インタビュー】「月に咲く花の如く」ピーター・ホー#1「奥さんを可愛がる気持ちに共感...
  3. 3【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  4. 4【インタビュー】「扶揺」イーサン・ルアン 「本当に気絶して倒れた。それぐらい激烈」
  5. 5【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星...
  6. 6<ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ>2月放送スタート!「アイテム」「...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  10. 10【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <楊冪>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事