2018年4月13日(金)~15日(日)の3日間、幕張メッセ国際展示ホールにて開催された、世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON 2018 JAPAN」。KCONでは、KPOP以外にもエンタメや食、美容と韓国のカルチャーを存分に楽しめるブースやイベントが開催されるコンベンションエリアがあります。そのコンベンションエリアで実施された多くのイベントの中から、韓流ファンにはお馴染み・古家正亨さんが聞き手を務めた「古家正亨のK-CULTURE TALK SHOW」のレポートをお届けします!


【古家正亨のK-CULTURE TALK SHOW】
<映画> ツイン・松本さん×ファインフィルムズ・加藤さん
<ラジオ>「アンニョンコリア!」山口由里さん×「K Vibes Up Show」YURIさん
<TV> CJ E&M・チェ・スンジュンPD×名古屋テレビネクスト・小崎千恵さん

==============

MC古家正亨さん(以下、古家):
K-POP、韓国ドラマ、ミュージカルなど韓国のエンタテインメントに触れていらっしゃる中で、映画が好きという方はどれくらいいらっしゃいますか?

(会場挙手)

古家:
おお、結構いらっしゃいますね!
今日は韓国映画のお話をしていきたいと思うのですが、僕がただ淡々とお話しをしていても面白くないので、素敵なゲストをお招きしております。今後、日本で公開される韓国映画の、日本の配給元であります、配給会社2社からゲストをお迎えしました。最新映画のお話や、韓国映画の魅力をたっぷり語っていただいて、お帰りになる時には、「これはもう、韓国映画見なくっちゃ!」という気持ちになっていただければな、と思っております。

それではゲストをお招き致しますので、大きな拍手でお迎えください。
まずは配給会社ツインの宣伝を担当されております松本さん、ファインフィルムズで劇場営業を担当されております加藤さんです!よろしくお願いします!

では松本さんから自己紹介をお願いします。

ツイン宣伝担当・松本さん(以下、松本):
弊社はツインという会社です。昨年は『新感染 ファイナル・エクスプレス』という映画を配給しました。韓国映画を中心に配給しています。
本日はどうぞ宜しくお願いします。

ファインフィルムズ劇場営業担当・加藤さん(以下、加藤):
配給会社ファインフィルムズの加藤と申します。弊社は韓国映画だけでなく、洋画も配給しているんですが、ソル・ギョングさんとキム・ナムギルさん主演の『殺人者の記憶法』という映画を1月に公開しました。そして、今日古家さんに紹介していただく、『グッバイ・シングル』という作品が、現在シネマートで公開しております。今日はその他にもこれから公開される韓国映画をご紹介させていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

古家:
今お伺いしたところ、お客さんの7~8割が韓国映画に関心を持っていらっしゃる方です。最近どんな韓国映画をご覧になりましたか?

(客席より)「『ミッドナイト・ランナー』」 「『ザ・キング』!」など

松本:
『ザ・キング』は弊社の作品ですね。

古家:
キム・ナムギルさんの『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』をご覧になった方はいらっしゃいますか?

(会場挙手)

加藤:
ありがとうございます!

古家:
本当にいろんな作品をご覧になっている方が多くいらっしゃるようですが、今日はそれぞれの配給会社のお二人から、これから公開される、もしくは今公開中の話題の作品には、どんな作品があるのかをご紹介していただこうと思っています。

松本さんから見て、ここ数年韓国映画は日本でどんな反応を得られていると思いますか?

松本:
私は元々CJエンタテインメントという会社にいまして。ツインという会社はそのCJの作品をずっと契約して配給しています。
韓国映画ファンは、昔から変わらずいてくださるので、特にここ数年での大きな変化はないかな、と思います。

古家:
一人の映画ファンとして客観的な意見なのですが、映画館に行くと「男性のお客さんが多いな」と思いますね。

松本:
そうですね。韓国ノワールとかも多いですし。男性向けのハードな作品が多いので、男性のお客さんが多いのかもしれません。

古家:
韓流ブームが2003年から2004年にかけて盛り上がったときには、メロドラマばかり輸入されていたじゃないですか。その中に『私の頭の中の消しゴム』があったり...。
あの作品が歴代の最大のヒット作としてあって、その後ヒット作ってありましたっけ?

松本:
『私の頭の中の消しゴム』が30億の興行収入だったんですよね。未だに日本での韓国映画最大の興業収入です。
その後は政治的なこともあり、だんだんと韓流ファンが減ってしまって...。

古家:
イ・ビョンホンさんの『純愛中毒』を見に行ったときなんかは、韓国ドラマファンで劇場が埋め尽くされているかんじでしたよ。そういう状況が一時期あって、今は映画ファンが韓国映画を見に劇場に行っているんですかね。
加藤さんは韓国映画のどんなところに魅力を感じますか?

加藤:
『私の頭の中の消しゴム』は劇場で見て、これでもかってぐらい涙を流しました。見終わった後、トイレにダッシュしたことを今でもよく覚えています。
あと、先程お話しにもあった男性向けのハードな作品も大好きです。もちろん『新感染 ファイナル・エクスプレス』も見ました。
最後がグッとくるんですよね。

古家:
一番心配だったのは、身重のお母さんですよね。あんなに走って赤ちゃん大丈夫かな、って...。

松本:
『新感染 ファイナル・エクスプレス』は最近の韓国映画の中では、かなりヒットした作品です。というのも、新しいジャンルだったんですよね。ゾンビものっていうのは今までの韓国映画になかったんです。そういう目新しさもあって、若い方がたくさん見に来ていました。
今まで韓国映画を見ていた世代とは違う層が見てくれたので、ヒットに繋がったんだと思います。

古家:
僕ひとつ質問があるんですけど...。『新感染』ってタイトルは誰がつけたんですか? 随分ウィットに富んだタイトルだな、と思って。
特急列車KTXに乗るから「新幹線」ともかけてるし、「感染もの」だから「感染」としているんですよね?

松本:
タイトルは宣伝担当の方が付けました。普通の韓国映画であれば原題通りの『釜山行き』、となるところを、韓国映画の壁を越えたい、新しい客層を掴みたいということで、全く違うキャッチーでわかりやすいタイトルになりました。

古家:
インパクトのあるタイトルもヒットに繋がったんでしょうね。
それではここからは話題の韓国映画の予告編をご覧いただきながら、作品に触れていこうと思います。まずはツインさんの『リアル』です。


古家:
こちらの作品はどう見てもアクションものなんですが、主人公が誰かというと...、

松本:
キム・スヒョンさんですね。

古家:
今回は星から来ないですね(笑)。「キム・スヒョンの新境地」と出ていますが、どういった作品なんですか?

松本:
かなり複雑なストーリーなんですが...、キム・スヒョンさんは一人二役を演じています。
カジノを経営している一人目のキム・スヒョンさんがいるんですが、そこで利権争いに巻き込まれていきます。そこに、キム・スヒョンさんを支援するという、謎の仮面の男が現れるんですが、その仮面をとると、キム・スヒョンさんと全く同じ顔をしているんです。
そして、カジノを経営しているキム・スヒョンさんの方が、だんだん心を翻弄されていってしまいます。

古家:
「あなたはキム・スヒョンに騙される」っていうキャッチフレーズですね。

松本:
一回見ただけでは、理解し難いストーリーです。2回3回見て、キム・スヒョンさんの魅力にハマっていただければと思います。

古家:
「キム・スヒョンのためのキム・スヒョンによる、キム・スヒョンの映画」というかんじでした。キム・スヒョンさんファンの方は大満足だと思います。
明日4月14日公開ですが、前売り券もかなり売れているんですよね?

松本:
そうなんですよ。

古家:
劇場さんの話だと、劇場始まって以来の売れ行きだそうで。

松本:
大量に購入される方もいるそうです。少しでもキム・スヒョンさんを広めようってファンの方々が動いているようで。

古家:
この作品、見る予定の方いらっしゃいますか?

(会場挙手)

松本:
ありがとうございます。この作品は本編が138分で、全部で111シーンあるんです。その中で、101シーンにキム・スヒョンさんが出ているんです。

古家:
それはすごい!!なかなかそんな映画ないですよね。
そんな『リアル』は明日4月14日公開ですので、是非、見に行ってみてください。

松本:
あと、アイドルグループf(x)の元メンバー・ソルリさんも出ています!

古家:
最近K-POPのアイドルたちが映画界に進出していますよね。

松本:
そうですね。俳優を目指すための一歩なんだと思います。

古家:
もはや「演技ドル」という言葉がいらないくらい、みんな演技が上手ですもんね。
それでは、続いてはファインフィルムズさんの『グッバイ・シングル』をご紹介いたします。


※シネマート新宿/心斎橋での上映は終了しました

加藤:
韓国の美魔女と呼ばれる47歳のキム・ヘスさんが主役です。

古家:
韓国のセックスシンボルと呼ばれていますよね。

加藤:
すごいナイスバディなんですよね。かつてはすごく人気のあったキム・ヘスさんが演じる女優さんが主人公で、今はもう人気が下火になってしまっているんですが、人気を取り戻すために起こした事件によって、いろんなオファーが殺到するんです。
ハ・ジョンウさんのお父さんであるキム・ヨンゴンさんなど、まわりのキャストもかなり豪華です。

古家:
なんと言っても、マ・ドンソクさんですよね。

加藤:
ニューヨーク帰りのスタイリストという役です。

古家:
今マ・ドンソクさん日本でも人気が出てきていますよね。

加藤:
「マブリー」って呼ばれていて。日本でも「マブリー」で検索するとひっかかりますね。

古家:
"マ"・ドンソクさんがラ"ブリー"だから"マブリー"って意味なんですよ。

加藤:
古家さんはよく韓国に行かれてますよね。韓国では、CMとか、マ・ドンソクさんはたくさん出られているんじゃないですか?

古家:
CMは引っ張りだこですね。好印象なんですよね。『新感染』でもたくさん走ってましたよね。

松本:
頼れるアニキってかんじでした。入場者特典として、マ・ドンソクさんのステッカーを作って配ったんですよ。

古家:
コン・ユさんではなく、マ・ドンソクさんの!(笑)

松本:
好評でしたよ。

古家:
『グッバイ・シングル』はほろっとさせられる部分もあるんですよね。

加藤:
そうなんです。今年公開される韓国映画は流血していたり、撃ち合ったりするハードなものが多いんです。もしかしたらこの作品だけかもしれません、こんなにほろっとさせられるのは。

古家:
笑って、ほろっとさせられるんですね。こういうコメディ映画って、韓国映画に限らず、日本でヒットさせるのは難しいって言われていますよね。

加藤:
特に女優さんが主役の作品って、本当に日本では厳しいんですけど、私はこの作品、どうしても日本で上映したかったんです。
本当に満足度の高い作品です。

古家:
もう4月7日から公開しているんですね。お客さんの反応はどうですか?

加藤:
意外と、男性のお客さんが多いです。美魔女が見たくて来ているのか、マブリーが見たくて来ているのかわからないんですけど...。

古家:
韓国では圧倒的に女性のお客さんが多い作品だ、って聞きました。是非、女性に見て欲しい作品ですね。共感出来るところがたくさんあると思います。

加藤:
女優さんが主役なので、テレビ局のシーンが多いんです。「あれってあのグループのあの人?」みたいなカメオ出演もあります。

古家:
カメオ出演って、映画の魅力のひとつですよね。既に公開中ですので、すぐにでも見ていただければと思います。
続きましては、再びツインさんの作品です。

松本:
『名もなき野良犬の輪舞』という作品です。主演のソル・ギョングさんが犯罪組織の中で成り上がろうとしている男で、刑務所で出会ったイム・シワンさんと一緒に、犯罪組織をのし上がっていく、というお話なんですが...実はその裏に裏切りや復讐、いろんな思惑があるんです。

古家:
原題が『不汗党』。こちらはどうしてこの邦題にされたんですか?

松本:
この作品は、韓国ノワールではなく、ハードボイルド映画を目指したかったんです。それで、ヨーロッパのハードボイルド映画によくある、長めのタイトルをつけました。

古家:
確かにフランス映画っぽいタイトルですよね。
僕は「ミセン-未生-」にハマってハマって...。やっぱりイム・シワンさんは役者として素晴らしいですね。ここまで身を粉にして演じるんだな、と思いました。新しいイム・シワンさんが見られます。

松本:
あんなに可愛くてキレイな顔をしているのに、裏では悲しみを背負いながら復讐していく、っていう男らしい姿が描かれています。

古家:
ソル・ギョングさんも、何を演じても上手いですね。
僕は韓国行きの飛行機の中で見たんですが、見ながらつい唸ってしまって...。隣に座っていた韓国人がビックリしていました。見終わった後の満足度は高いです。やっぱり男性が気になる作品なんですかね。
ちょっと目を覆いたくなるようなシーンもありますが、女性にも見ていただきたいです。

松本:
『アシュラ』とか、韓国ノワールと呼ばれる作品よりも見やすいですよ。
あと、韓国ではBL作品とも言われていました。ソル・ギョングさんとイム・シワンさんの関係にブロマンス的な要素が含まれているので、その辺りも見ていただければと。

古家:
こちらは5月5日、ゴールデンウィークに公開になります。では、続いてファインフィルムズさんの作品です。

加藤:
はい、『犯罪都市』という作品です。
春のマ・ドンソクまつりです(笑)。

古家:
この作品はR指定なのに、韓国で大ヒットしたんですよね。

加藤:
そうなんです。ユン・ゲサンさんという俳優さん、今までそんなに気になったことなかったんですけど、すごいセクシーなんです。

古家:
"god"っていうボーイズグループ出身ですね。一時はグループを離れて、俳優業に打ち込んでいました。
本当にこの作品でのユン・ゲサンさんは腹立って仕方なくて...、憎くて憎くて仕方ない演技が実に上手いんです。

加藤:
監督さんがおっしゃっていたんですけど、マ・ドンソクさんもユン・ゲサンさんも、相当な準備をして撮影に挑んだようです。

古家:
マ・ドンソクさんはヤクザに見えますけど、警察の役ですよね(笑)。

加藤:
はい、正義の味方です(笑)。

古家:
中国のマフィアが牛耳っている街にユン・ゲサンさんが来て、めちゃくちゃにして街のバランスを崩して。そのユン・ゲサンさんを捕まえるためにマブリーがやってくる。でも、ユン・ゲサンさんが強くて、なかなか捕まえられない。この演出の上手さが素晴らしいです。

加藤:
本当に自然に撮っているな、っていうかんじがします。

古家:
実話がベースなんですよね。この作品は、アクションも激しいですけど、その一方で笑えるんですよね。

加藤:
そうなんです。こういう題材だと、女性はなかなか見てくれないかな、と思うんですけど、この男まつりは絶対見るべきです!

古家:
なんかちょっとポップなかんじの予告編で、タランティーノ感ありますよね。よく出来た映画です。

加藤:
韓国のR指定作品では、『アジョシ』を超えて、歴代3位なんです。

古家:
ウォンビン越えですか!?

加藤:
はい。マブリーがウォンビン越えです(笑)。

古家:
ちょっと比較するのが難しいですね(笑)。
こちらの作品は4月28日公開です。それでは最後にツインさんの作品です。

松本:
イ・ビョンホンさんが『王になった男』以来、久しぶりに歴史時代劇に出演した、『天命の城』という作品です。

古家:
この作品は簡単に言ってしまうと、1636年に起きた「丙子の乱」のお話ですよね。

松本:
はい。清の軍勢12万人に囲まれた、1万3000人の朝鮮朝廷は、 "南漢山城"に逃げ延びます。生き残るために、恥辱に耐えて民を守るのか、大義のために死を覚悟で戦うのか、最後に王が決断する、というお話です。
日本ではあまり知られていない題材ではあるんですけど、王の決断、臣の覚悟など、共感していただける部分があると思います。

古家:
清が朝鮮を降伏させるわけですよね。それを淡々と描きながらの、イ・ビョンホンさんの静と動のコントラストの演技が素晴らしかったです。
歴史ものって敷居が高く思われがちですが、会社の内部で起きているような問題と同じなんですよね。そういうごたごたしたことが、歴史を動かしている。そこに共感できるんじゃないかと思います。

松本:
おっしゃる通りです。人間誰しも、決断をするときって絶対あると思うんです。決断の大切さが描かれています。

古家:
音楽は坂本龍一さんが担当されているんですね。

松本:
韓国映画は初めてだそうです。
ファン・ドンヒョク監督がどうしても坂本さんに担当して欲しくて、直接お願いしたそうなんですが、坂本さんはイ・ビョンホンさんがお好きらしく、「イ・ビョンホンさんが出る映画ならやります!」と、即決だったらしいです。

古家:
イ・ビョンホンさんは、もはや世界的に活躍されますからね。同じく坂本さんが音楽を担当された『ラスト・エンペラー』とはまた違う、王の苦しみを音楽で表現されていると思います。やっぱり坂本さんの音楽ってすごいですね。

松本:
そうですね。人物の心情を上手く表現されていますね。

古家:
僕はこの作品、韓国に行く飛行機の、行きと帰り合わせて1本見たんですけど、帰りの飛行機まで待てないくらいでした。続きが気になっちゃって。重厚なんだけれど、身近にある題材でもあるのかなと。そこを上手くエンタテインメントとして召喚しているのは、監督の手腕だと思います。
こちらの作品は6月22日の公開ですね。


どうでしょうか、みなさま。今5本の韓国映画をご紹介させていただきましたが、見てみたい作品はありましたか?

本日は配給会社2社の方にお越しいただきましたが、それ以外の会社さんからも韓国映画が公開されます。近年、韓国映画は本国では人気があっても、日本では人気がないと思われがちですが、お二人はどんなところに韓国映画の魅力を感じますか?


松本:
映画としてのクオリティが非常に高いところです。飽きさせないし、日本では考えられない撮り方や、制作の仕方もおもしろさとしてあります。
韓国の方はハリウッドの路線をいっているので、おもしろいエンタテインメントが撮れる体制がありますね。


加藤:
アイドルの子が突然映画に出ても、すごく演技力があったり、びっくりさせられることが毎回あります。そういうところが、韓国映画の配給を止められない魅力のひとつですし、楽しみなところでもあります。

古家:
日本にも素晴らしい作品はたくさんありますけど、興行成績で上の方に来る作品は、甘いロマンス系が多いですよね。一方の韓国では多種多様なジャンルの作品が1位になっているので、それって見ているお客さんの目も多様化しているのかな、と思います。

松本:
韓国の方が入場料が安いっていうこともありますけど、日本よりも動員数は多いですよね。

古家:
今日本でも4DXで上映する映画館がありますけど、世界で初めて導入したのは韓国なんですよ。映画をエンタテインメント化するのが得意な国なのかもしれないです。
これから日本でどんどん韓国映画が公開されていきますが、お客様にはどんなところに注目していただきたいですか?

加藤:
みなさん、韓国ドラマはよく見られていると思うので、ドラマを見ていて気になった俳優さんがいたら、その方が出演されている映画からでも良いので、是非劇場に足を運んでいただけたらな、と思います。
劇場の大きなスクリーンで好きな俳優さんを見る、というきっかけから、韓国映画が活性化していくと良いですね。

古家:
まずこの春は、キム・スヒョンとマブリーまつりですね!是非、チラシなどお持ち帰りいただいて、みんなで「映画館行こうよ!」と声を掛け合っていただければと思います。

最後にお二人に一言ずつご挨拶いただけますか。

松本:
あまり、こういうトークができる機会がないので、とても楽しい時間でした。韓国映画の良さを感じて、劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。

加藤:
短い時間でしたが、ありがとうございました。是非劇場で『グッバイ・シングル』、『犯罪都市』 、見てください!

古家:
本日はありがとうございました!


<おわり>

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「2度目のロマンス」チャン・ハン<前編>「ナンシュエンの成功や挫折を...
  2. 2「輝くか、狂うか」が面白い、5つの理由
  3. 3【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  6. 6イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  7. 7「2度目のロマンス」あらすじ&キャラクター紹介
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  9. 9【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  10. 10【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  1. 1「輝くか、狂うか」が面白い、5つの理由
  2. 2イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  3. 32018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  6. 6「2度目のロマンス」あらすじ&キャラクター紹介
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8【インタビュー】「2度目のロマンス」チャン・ハン<前編>「ナンシュエンの成功や挫折を...
  9. 9【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  10. 10【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事