2月28日(水)に、東京・中野サンプラザで行われた「OST VOCALIST SUPER SESSIONS ペク・チヨン/ソン・シギョン/キム・テウ」。

本公演は、韓流ファンにはお馴染みの雑誌「韓流ぴあ」の創刊11周年を記念したイベント。タイトルにある通り、スーパー・ヴォーカリスト達による 1度限りのプレミアムなコンサートだ。

受付の前には、「韓流ぴあ」表紙のパネルも。

ペク・チヨン、ソン・シギョン、キム・テウという韓国のOST 界を代表するレジェンド3 人が一堂に会するということで、会場には韓ドラ・音楽ファンが詰めかけていた。客席の期待が高まる中、モデル並みのスタイルを持つ4人組バンド1NATIONがオープニングアクトを飾り、昼公演がスタート!

トップバッターで登場したのは、キム・テウ!

国民的グループgod のメインヴォーカルを務める彼。ソロ・アーティストとしても圧倒的な存在感を放ち、繊細かつ迫力あるヴォーカルで「紳士の品格」「IRIS-アイリス-」「夜警日誌」「華政(ファジョン)」など、人気ドラマのOSTも数多く披露している。

まだまだ固さの残る客席の雰囲気だったが、キム・テウが登場しアップテンポな『Lonely Funk』『High High』(「紳士の品格」OST)が続けて披露されると、会場はたちまち総立ちの大盛り上がりに!また、ステージに張られた3つのスクリーンに楽曲が使用されていたドラマの映像が映し出されるという演出も、より客席の熱気を高めていく。

3曲目に行く前に、キム・テウから客席に向け「今日カップルで来た方はいますか?」と問いかけが。そして1組の夫婦に「(カップルというよりは)おとうさん、おかあさんですね(笑)。これから歌う曲をお二人に捧げます」と伝え、披露されたのは『No Matter What』。歌詞を一部「おとうさん、おかあさん」と日本語で言い換えて歌ってくれるサプライズもあり、会場の盛り上がりは一層高まっていく。

そして『Resemblance』へ。キム・テウ自身も「歌いながら心が癒されていくんです」と語るこの曲。先ほどの熱気とはまたグッと雰囲気が変わり、愛を歌う伸びやかで力強い声が会場に響き、客席は静かに魅了されていく。

そして大ヒット曲『Love Rain』、アンコール曲『god medley(One candle_friday night_ Place where you need to be)』が続けて披露され、次のペク・チヨンへ。


ペク・チヨンは「バラードの女王」と称される韓国音楽界のディーバ。パワフルかつ繊細な歌声と幅広い表現力を持つアーティストだ。ドラマのOSTでは「シークレット・ガーデン」「ファン・ジニ」「屋根部屋の皇太子」など大ヒット作品で数多くの楽曲を発表している。

彼女が登場し披露されたのは『その女』(「シークレット・ガーデン」OST)。大ヒットドラマのOSTなだけあり、1曲目から客席のテンションはぐんぐん上がっていく。

そして「このタイトルには、"あの人じゃないと愛せない"という意味が込められています」と語り、始まったのは大ヒット曲『愛さない』。続けて『あなたの心』も披露され、ペク・チヨンの持つ、切なさと憂いを秘めた美しい歌声を存分に堪能させてくれた。

次に、2PMのテギョンをフィーチャリングしたダンサブルなナンバー『私の耳にキャンディ』へ。テギョンとのデュエット曲の為、男声パートはどうなるのかというと...登場したのは事務所の理事(2人の子どものパパだそう)!

ペク・チヨンが「期待しないで...!」と何度も告げ曲が始まったが、KPOPアイドル並みのダンスと歌唱力を披露する理事に、思わずペク・チヨンも驚き&会場は大盛り上がり!しかし、曲が終わった途端、恥ずかしさからすぐにステージを降りようとする理事。何度もペク・チヨン&客席に引き止められ、照れまくるなんとも愛らしい方だった(笑)。

大盛り上がりのあと、『ここが痛い』(「千日の約束」OST)が披露され、最後は日本でもファンの多い一曲『忘れないで』(「IRIS-アイリス-」OST)へ。「この曲はいつも、今日が最後かもしれない、と思い歌うんです」と話し、歌い始めた彼女。ゆっくりと、でも曲の意味を噛み締めるように力強く歌うその姿が、深く印象に残った。


最後を締め括ったのは、韓国バラード界の皇帝ソン・シギョン。

アルバム・セールスは通算200万枚以上を記録し、ソロアルバムでもヒットを連発。「逆転の女王」「シークレット・ガーデン」「星から来たあなた」「青い海の伝説」など大ヒットドラマのテーマ曲で遺憾なくその表現力を披露し続けているアーティストだ。

1曲目の『君は僕の春だ』(「シークレット・ガーデン」OST)を披露した後、流暢な日本語で挨拶をしたソン・シギョン。会場からは驚きの声が上がるほどの上手さで、なんと4月からはEテレ「テレビでハングル講座」にレギュラー出演も決まっているらしい。(そして、最後まで通訳なしで、"一期一会"など熟語まで交えながら、完璧な日本語で対応していた。)

そして『君は僕の春だ』に関して「実は、ドラマの放送がスタートした後にこの曲を作ったんです。テレビを見ながら、自分をヒョンビンだと思って作りました(笑)。」と裏話を披露してくれた。

続いて「青い海の伝説」のOST『どこかでいつか』、「応答せよ1994」のOST『君に』へ。ソン・シギョンの穏やかで甘い歌声と心温まるメロディが会場に満ちていき、客席の熱気はなおも高まっていく。

そしてMCへ。今回のイベントでとても驚かされたのは、ソン・シギョンの素晴らしいトーク力だ。歌声と同じく、優しく穏やかな話し方なのだか、面白く上手。例えば、水分補給をしながらも「韓国では、アーティストが水分補給をすると歓声があがるんです。それはかっこいいから、じゃなく、チケット料金分頑張れよ、という歓声なんですよ」と客席の笑いを取り、それ以降、彼がわざとらしいぐらい目立つように水分補給するので、その度に大きな歓声と笑い声が。(ちょっとしたことだが、生ならではの雰囲気でなんとも楽しい。)しかもそれが全て流暢な日本語で展開されるので、本当にすごいと感じた。

そして次に披露されたのは日本デビューアルバム「DRAMA」より、『Everything』(MISIA/「ヤマトナデシコ」主題歌)と『粉雪』(レミオロメン/「1リットルの涙」挿入歌)の2曲。特に『粉雪』は大好きな曲らしく「普段の僕の曲のテイストとは違うのですが、どうしても歌いたくて。」と語り、この高音の難曲を完璧に歌い上げた。その力強い歌声を聴いたとき、改めて彼の歌唱力の高さを感じさせられた。

昨年、日本でのデビューを飾ったソン・シギョン。「韓国ではデビュー18年目ですが、日本では新人の気持ちで頑張りたい」と話し「とってもピュアな歌詞だから、(今の39歳の自分では)信じてもらえないかもしれないけど...歌っている時の気持ちは21歳なので!」としっかり笑いも取りつつ、デビュー曲『僕に来る道』を披露。アンコール曲『二人』まで、透き通る歌声で客席を魅了した。

最後は3人がステージに集合。

キム・テウは「日本でこうやって迎えていただけて本当に嬉しいです。今日の公演を名残惜しいと感じていただけたら、ぜひ僕たちのツアーにも遊びに来てください!」と語り、ペク・チヨンも「次も早く日本でお会いしたいと思っています。(客席から、もっと歌ってほしい、という歓声が大きかったので)次回は、アンコール曲を2~3曲多めに持ってきますね!ありがとうございました!」感謝の意を述べた。

そして最後のソン・シギョンも「えっと...一生懸命頑張ります!(会場笑)実は、日本人の日本語の先生に「日本人は"頑張る"という言葉が大好きなんだ」と聞きました。"頑張る"その言葉以上のことは無いと思います。すごく大事だと思います。僕は古い歌手なんですけどね、心は新人なので(会場笑)...一生懸命頑張ります!宜しくお願いします!」と笑いと熱いメッセージで、この2時間にわたる素晴らしいステージで締めくくった。


写真提供:(C)韓流ぴあ
※コンサート中の写真のみ ※写真は夜公演のもの

===========

韓流ぴあ11th Anniversary Event
「OST VOCALIST SUPER SESSIONS ペク・チヨン/ソン・シギョン/キム・テウ」
昼公演セットリスト

OPENING ACT : 1NATION
「YOU」
「LITTLE STUFF」
「Beautiful」

キム・テウ
「Lonely Funk」
「High High」
「No Matter What」
「Resemblance」
「Love Rain」
「god medley(One candle_friday night_ Place where you need to be)」

ペク・チヨン
「その女」 (シークレット・ガーデン)
「愛さない~サランアネ~」
「あなたの心」
「私の耳にキャンディ」
「ここが痛い」 (千日の約束)
「忘れないで」 (IRIS)

ソン・シギョン
「君は僕の春だ」 (シークレット・ガーデン)
「どこかでいつか」 (青い海の伝説)
「君に」 (応答せよ1994)
「Everything」 (ヤマトナデシコ)
「粉雪」 (1リットルの涙)
「僕に来る道」
「二人」


===========

今回のプレミアムコンサートが
衛星劇場にて2018年5月テレビ初放送決定!

http://www.eigeki.com/

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【毎日ちょい見せ☆まとめ】「恋はドロップキック!~覆面検事~」第1話~第4話を無料公...
  2. 2「あやしいパートナー」第1話の特別無料配信がスタート!
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  5. 5祝♡ティファニー・タン&ルオ・ジンご結婚!「王女未央-BIOU-」第1話無料公開スタ...
  6. 6【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  7. 7【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  10. 10ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  1. 1【毎日ちょい見せ☆まとめ】「恋はドロップキック!~覆面検事~」第1話~第4話を無料公...
  2. 2祝♡ティファニー・タン&ルオ・ジンご結婚!「王女未央-BIOU-」第1話無料公開スタ...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 4「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  5. 5ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  6. 6驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  7. 7<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  10. 10【インタビュー】「月に咲く花の如く」スン・リー #1「自分の心と周瑩の心がすごく近い...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事