★★今までの「あなたのもとに韓国ドラマが届くまで」はこちら★★

普段私たちが見ている韓国ドラマ。韓国で制作されたドラマがどういう道のりを経て、日本でテレビ放送されたりDVDになったりするかご存知ですか?
この連載は、韓国ドラマを日本のお茶の間に届ける過程に携わる人たちにインタビューをしていく【韓流お仕事図鑑】です。

連載第7回目は、誰でも1度は利用されたことがあるのではないでしょうか?TSUTAYAに迫ります。TSUTAYAに置かれるアジア作品の仕入れをはじめ、アジア作品を盛り上げるために様々な業務を担当されている株式会社TSUTAYAの落合麻葉さんのインタビューをお届けいたします。

<プロフィール>
落合麻葉さん(株式会社TSUTAYA) 
TSUTAYAアジアジャンル(映像)のマーケティング担当。といっても仕事は多岐にわたる。


第1回 「1人で全部担当している」
:2018.1.29更新
第2回 「スターをたくさんつくること」 :2018.1.30更新

=============

― そんな落合さんの仕事での"こだわり"(=意識していること、注力していることなど)はありますか?

韓国の視聴率を考えないってことですかね。あとは、必ず作品を見ること。見た時の感覚を大事にする。日本で、一般のお客さんが好きかっていうことを考えるということです。

例えばですが、常日頃から仕事でアジアコンテンツに触れている方が好きな作品と一般のお客さんが好きな作品って本当に違うんです。雑誌のライターさんとかは、目もこえていらっしゃるので質の良い作品をたくさん知っていらっしゃるのですが、その作品が売れるとは限らない。それがもどかしいです。

私も作品を見て「良い作品だな、売りたいな」って思っても、一般大衆受けするのは別の作品だったりします。それを見極めるのは難しいし、ツライことでもあります。でも、お店の売上は大事なので、売上のためには良いと思う作品だけを選んでもいられないんです(苦笑)

雑誌を読んでいても「わかる!このドラマ良い!」って共感するんですけど、それでも一般大衆受けはしないだろうなと思ったら、TSUTAYAでは扱いは小さいです。逆に内容はイマイチだと思っても、一般受けするような作品はガンガン推したり...。そういう推し方の違いにジレンマを感じたりしますね。

― 本当に「なんでこんなに素晴らしい作品なのに、ヒットしないんだろう...」って悔しく思う作品、ありますよね...。

いっぱいありますよ。アクションが多かったり、サスペンス作品は難しいですよね。

私はもちろん、ラブ路線も好きなんですが、韓国映画に近いような作品も好きなんです。「バッドガイズ~悪い奴ら~」とか「デュエル~愛しき者たち~」とか。

前に、どなたかのファンミーティングを見たときに、ロビーでお客様が話していたのを聞きました。「○○さんは好きだけど、血が出るような作品は怖くて見ないの」と。周りにいらっしゃった方も賛同してらっしゃって。
全員がそうではないと思いますが一般的にはこのような傾向が強いです。

それでも今、「被告人」を推してるんですけどね。
1月号のアジアMAGAZINEでは表紙にしましたし、店舗でもイチオシ扱いにしています。血も出てくるんですけど、本当に素晴らしい作品だったので、どれくらい売れるのか見てみたい、と思って推してみました。

「被告人」 ©SBS
 


― 業界内、特に落合さんのようにすごくコアな部分にいると、一般の方の感覚っていうのがわからなくなったりしませんか?

いや、これ、結構わかります。自分が好きな作品もありますけど、どこか俯瞰で見ていたりもするんです。

こだわるところがあっても良いと思うんですけど、それだけでは売上が追い付いてこない、っていうのもあるので。そこは自分に責任があるので、「好き」なだけではダメだなと思っています。

― 「面白いのかな...?」と思ってしまうようなラブコメでも、そのドラマがきっかけで"韓国ドラマ"というもの自体を好きになってもらえれば良いのかな、と思います。 落合さんはそういう間口を広く持たれていますよね。

日本人の特徴として、やっぱり俳優に紐付いて作品って見られるんですよね。

だから新たなスターを早く育てなきゃいけないな、といつも思っています。俳優にハマってもらえたら、ドラマも見てもらいやすいというか。日本人が好きになりそうな人をいち早く見つけて、その人をプッシュする、っていうのを意識しています。

チャン・グンソク以降、スターっていないんですよね。あそこまでのスターは本当に特別です。あそこまで突き抜けなくてもいいから、何人もスターを作りたいというか。

あと、韓国の方々はどうしても2年程度活動できない時期がありますよね。そのときに、その方以外の新たなスターを見つけて頂きたいな・・と。そうしたら寂しさがが少しまぎれるかも知れないですし、新たなスターのファンにもなって頂ける可能性もあるので。

― 今、落合さんが一番プッシュしている俳優は誰ですか?

ヤン・セジョンさんです。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」のときに、韓国の会見でお会いしました。イ・ヨンエさんもソン・スンホンさんもいらっしゃったこともあり、かなり緊張されていましたね・・。

その後、どんどんいろんなドラマに出ていますよね。「デュエル」も良かったですし、「愛の温度」もすごく良いです。パク・ソジュンさんの「魔女の恋愛」のような話なんですけど、これでヤン・セジョンはくるな・・と思っています。

「デュエル」より、ヤン・セジョン ©STUDIO DRAGON CORPORATION

スターを作れば、「この人かっこいいから、過去の作品も見てみよう」って思ってもらえるかもしれないし、やっぱりドラマを見てもらうにはスターを作るのが早いと思うので、お気に入り俳優を見つけてもらうにはどうしたらいいか、みたいなことは常々考えています。

ナム・ジュヒョクさんの出ている「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」っていうドラマがあるんですけど、彼もおそらく日本人が好きな顔なんですよね。特に若い世代。実際、このドラマも若い世代がかなりご覧になっています^^

彼のような若い俳優さんをイ・ジョンソクさんやチ・チャンウクさんみたいにしていかないといけないな、って思います。

「ハベクの新婦」より、ナム・ジュヒョク ©STUDIO DRAGON CORPORATION

あと、若い世代にドラマを見てもらうにはどうすればいいのか、っていうことも考えています。

基本的に韓国ドラマは50代、60代の方に多く見られているんですけど、「太陽の末裔」は20代と40代が多かったんです。
親子で見ていらっしゃる方も多かったようですし、あそこまでの大ヒットだと若い世代もドラマの存在を知っていて「見てみようかな」と思ったのかもしれません。いつも見ていない世代にも見られましたし、クチコミの効果等もあってヒットにつながりました。

そんなこともあって、「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」は可愛い雰囲気を大事にしたんです。
そうしたら20代~30代にたくさん見てもらえました。

― 私も、知り合いの韓流雑誌の方から、「女子高校生から、「恋のゴールドメダル」で韓ドラにハマったっていう読者ハガキが来た!」って話を聞いて驚きました。女子高生が韓ドラにハマってるんだ!って。

ナム・ジュヒョクさんは韓国でもファンが10代~20代が特に多いようです。若い子だとSNSでつぶやいてくれたりもするので、そういうのも狙いたいですね。

そうなると、どうしてもラブコメに注力してしまうのは仕方がないかな、とは思っています。

― お気に入り俳優を見つけてもらう、って日本ならではの展開な気がしますね。

そうなんですよ。「この人かっこいい!」っていうところからのスタートで全然良いんです。若い世代に見てもらえないと、ブームを作れないし、売上も伸びないので。

今年は、特にK-POPでもTWICEの人気が凄かったですが、TWICEって男の子も彼女たちがかわいいから好きだと思うんですけど、それ以上に女の子のファンが多いから、紅白に出たりだとか一大ブームになったんだと思います。

若い女の子っていうのはトレンドをつくるポイントなんだな、って改めて思いました。

― そうですよね。新しいファンがつくことで、アジアドラマっていうコンテンツがまた発展していくきっかけになればいいですよね。
あと、落合さんはアジア作品に関するイベントをたくさん実施されている印象もあります。

そんなことないです!まだ、6人ぐらいですよ。
お金も時間もかかってしまうので...(笑)

― そうなんですか?

イベントで使う映像を抜き出したり、台本を書いたり・・。あとはファンのみなさんのためにこんなことをして頂きたいので・・という企画ですよね。そういうのも決めないといけませんし。
それを考えながら台本を書き始める...っていうかんじです。

2016年6月18日(土)に行われた、「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」ユ・ヨンソク来日イベントの模様。このイベントで、落合さんはMCも務めている。


― それは大変...。しかも、イベントのことだけに注力できるわけじゃなくて、通常の業務もやりながら、ってことですもんね。

そうです。イベントの台本を書くので、トーク、再現コーナー、クイズコーナーなどの内容も決めています。

― 落合さん...休めてますか...?

休めてますよ(笑)。
でも、ほぼ毎日夜中までドラマを見ていたりはします。好きだから出来る、というかんじですね。

海外ドラマ担当ともよく話しているんですが、ドラマって1話はつまらなくても、見進めていくと面白くなってくるっていうことがあるじゃないですか。だからどんなに面白くなくても最低10話は見ようって決めています。通常は全話見ますけどね。

あと、うちの部署の特徴なんですけど、みんな日本のテレビドラマも見るんですよ。1話は必ずみんな見ていて、「あれ見た?」って話題になるんです。

― それぞれがお忙しい中で、担当ジャンルではない日本のテレビドラマも見るのはどうしてなんですか?

「あのドラマは絶対女子受けがいいよね!」とか、「あの子売れそうだよね!」とか、そういうことを話すことで、みんなと面白いと思う感覚が一緒か、みたいなことをなんとなく確認しているんです。
日本のテレビドラマは1話が面白くなかったら、もう見なくなっちゃったりもするんですけど...。

― 「職業病だなぁ」と思う瞬間はありますか?

これもまたうちの部署あるあるなんですけど、仕事以外でドラマや映画を見ているときでも、その時点で「この作品は、TSUTAYAだったら何本仕入れるな」っていうのを計算しちゃいます(笑)。

― それは本当に職業病ですね(笑)。

純粋に楽しんで見てないみたいで、悲しくもあるんですけどね。エンタメではなく、商材として見てしまっているというか...。

― では、ぜひ落合さんにお伺いしてみたいのですが、日本において今、"韓流ドラマ"はどのような存在だと思いますか?

社会情勢に左右されたりもすると思うんですが...以前、古家正亨さんもおっしゃっていたんですが、良いものは良いんですよね。まずは、エンタメコンテンツとしてのクオリティが良いっていうことは譲れないな、と思っています。

もちろん棚の割合は洋画や邦画の方が多いんですけど、売上は洋画や邦画と同じぐらいなんですよ。地域によっては、アジアの方が良かったりもする。

だから本当に、洋画や邦画に負けてないジャンルだと自負しています。「TSUTAYAは韓流をゴリ押ししてる」って言われてしまうこともあるので...。そう言われることに悔しさもありますが、少なくともTSUTAYAにとってはなくてはならないジャンルだし、大事にしていきたいです。

あと、時代劇ファンの男性って多いんですよね。日本は時代劇が少ないから、「なんだ、韓流の時代劇も面白いじゃん!」って見てくれる人が多いんです。クオリティは絶対に負けていないって信じているので、これからも日本人が好むアジアドラマがどんどん作られて欲しいなと思います。

― "日本人が好むアジアドラマ"というのは、先程もおっしゃっていた、日本人が好む俳優が出ているドラマってことですか?

それもありますし、一般大衆受けするっていう意味ではラブコメですね。
あとは、「チャン・オクチョン」のような女性が主人公の華やかな時代劇。

「チャン・オクチョン」 ©SBS & SBS Contents Hub. All rights reserved.


― なるほど。そういう時代劇、中国だと結構多いんですよね。

そうですね。最近は中国の女性主人公の華やかな時代劇が結構借りられています。飛び抜けたヒットはなくても、予想していたよりもご覧いただいていますね。

私は「王女未央-BIOU-」が大好きなんですけど、ラブもあればドロドロもあれば"なりすまし"もある。そういう「大奥」チックなドラマがみんな好きなんですよね。韓流時代劇ファンの男性も多いですけど、やっぱり韓流を見ているのは女性が多いので。やっぱり女性主人公の時代劇は人気です。

「王女未央-BIOU-」© Croton Entertainment


― そう考えると、やっぱりブームを作るのは女性なんですね。

そうですね。インスタ映えもそうですけど、世の中のブームを作るのは女性ってよく言いますよね。

だから女性が多く見る韓流ドラマは、ブームを作りやすいジャンルではあると思うんです。だから、先程の話に戻っちゃいますけど、スターを作るっていうことを意識していかなきゃいけないんですよね。

― では、落合さんの今後の目標を教えてください。

2014年の韓流10周年のときから思っていることなんですけど、韓国って放送局ごとにドラマのアワードを開催してるじゃないですか。日本でも、TSUTAYAプレゼンツの韓流ドラマアワードを開催してみたいです。

― それ、是非やって欲しいです!!

放送局の縛りもない「韓国ドラマアワードIN JAPAN」みたいなかんじで。
日本で開催されている韓流系のイベントって、K-CONとかMAMAとか、音楽寄りのものが多いんですよね。それが少し寂しいので、ドラマが好きな方にも喜んでもらえるイベントがやりたいな、とはずっと思っていて。

それを開催するにあたり、やっぱり一番コンテンツを見てもらえているのってTSUTAYAだな、っていう自負があるんです。テレビはチャンネル登録をしなきゃいけないし、デバイス的にみんなが平等に見られるのってやっぱりDVDだと思うので。
そのドラマアワードの中で、今年のニューフェイスとか、好きな男優・女優とかも決めたりしたいですね。

― 日本人の感覚を持って選んだ、韓国ドラマのアワードってすごく面白そうです。今年は韓流15周年なので、何か出来たら良いですよね。
  それでは、最後に落合さんの<マイ・ベスト・韓国ドラマ>を教えてください。

これ決められないです!(笑)

― あはは!では、2017年のベストはいかがでしょうか?

2017年のベストだったら...「被告人」ですね。仕事で見なきゃいけなかったので見始めたんですけど、続きが気になって気になって...。ほぼ1日で全話見ました。夜から見始めて、見終わったのも夜でした。

あとは、一番初めに見た韓国ドラマが「秋の童話」だったので、印象に残っています。今考えるとすごいキャスティングですよね。あの作品でウォンビンも大人気になりましたし。やっぱり俳優って、そのジャンルを好きになる入口になるんですよね。また、そういうスターが出てきて欲しいし、発掘していかなきゃいけないですね。

「被告人」 ©SBS


<おわり>


==============

★★インタビュー中にご登場した韓ドラ作品たちをご紹介!★★



「被告人」
【レンタルDVD<TSUTAYA先行レンタル>】
Vol.1~6:好評レンタル中! / vol.7~13(完):2月2日(金)より

【セルDVD>】
BOX1:2018年1月26日(金)¥15,000+税 / BOX2:2月2日(金) ¥17,500+税
発売元:PLAN Kエンタテインメント レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント セル販売元:TCエンタテインメント

・・・


「デュエル~愛しき者たち~」
【セルDVD】 BOX1:2018年3月2日(金)/ BOX2:4月3日(金) 各15,000円+税
【レンタルDVD】 2018年3月2日(金)より順次レンタル開始
発売・販売元:エスピーオー
©STUDIO DRAGON CORPORATION

・・・


「ハベクの新婦」
【セルDVD】 BOX1:2018年3月2日(金)/ BOX2:4月3日(金) 各14,400円+税
【レンタルDVD<TSUTAYA 先行でレンタル開始!>】 2018年3月2日(金)より順次レンタル開始
セル&レンタル発売元:「ハベクの新婦」製作委員会
セル販売元:TIMO Japan(販売協力:エスピーオー)  | レンタル発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
©STUDIO DRAGON CORPORATION

・・・

 
「師任堂(サイムダン)、色の日記」
【セルDVD】 <完全版>ブルーレイ・DVD-BOX1~3好評発売中! | 【レンタルDVD】 全25巻好評レンタル中!
セル発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー 販売元:エスピーオー | レンタル発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
©Group Eight

・・・

<シンプルBOX 5,000円シリーズ>に好評リリース中!

「宮~Love in Palace ディレクターズ・カット版」 DVD-BOX1&2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
「チャン・オクチョン」 DVD-BOX1&2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」 DVD-BOX1&2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
各:5,000円+税

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  2. 2中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  3. 3【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  4. 4日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  5. 5ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  6. 6日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  7. 7ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  8. 8【全話ふりかえり vol.6】「私の妖怪彼氏」を全話ふりかえり
  9. 9【動画】「孤高の花~General&I~」ウォレス・チョン&アンジェラベイビー イン...
  10. 10【インタビュー】 キム・テファン「私の妖怪彼氏」#1
  1. 1「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  2. 2【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  3. 3中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  4. 4ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  5. 5日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  6. 6日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  7. 7【動画】「孤高の花~General&I~」ウォレス・チョン&アンジェラベイビー イン...
  8. 8ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  9. 9「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  10. 10【インタビュー】アンジェラベイビー
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事