【毎日ちょい見せ】とは―

平日(※)にドラマの1話分を10分程度に分割して公開!
通勤・通学中や、お昼休みなど、日々のちょっとした空き時間に 気軽に名作ドラマをみよう!

※主に月~木の連日更新を予定。
※更新される曜日は変更する可能性がございます。

★★今までの<毎日ちょい見せ>はこちら★★

==========

今週は...

イム・シワン主演作
「ミセン-未生-」
を、毎日すこしづつ公開!

今日は【第4話-①】


《INTRODUCTION》

全ての世代の共感を呼び、
社会現象を生んだ感動のヒューマンドラマ!

2014年の韓国でコンテンツパワー指数ランキングの2位に輝き、社会現象を起こした一作。
視聴率も回を追うごとに上がり、最終話ではケーブルテレビ歴代視聴率第2位の10.3%を記録!
日本でも東京ドラマアウォード 2015で海外作品特別賞を受賞、2016年にはフジテレビでリメイクされた。

主演は、アーティストグループZE:Aのメンバーとして活動しながらも、映画やドラマなど俳優活動でも注目されるイム・シワン。ソン・ガンホに「驚くべき演技力」と大絶賛されたほか、同世代のパク・ユチョンやイ・ジュンからも"俳優のライバル"と指名されるほどの注目株。本作で第51回百想芸術大賞では新人演技賞を見事に受賞した。

ドラマでは、彼の成長物語だけでなく、同じく百想芸術大賞で最優秀演技賞を受賞したイ・ソンミン演じる不器用だが仕事にひたむきな上司のオ・サンシクや、カン・ソラ演じる優秀だが男社会の中で才能が生かせない紅一点の同期アン・ヨンイのリアルなエピソードなど、部下/上司、正社員/契約社員、キャリアウーマンなど、働く様々な立場の人の物語を描き、広く共感された


《4話のあらすじ》
個人プレゼンのテーマがそれぞれのパートナーに物を売ることに決まった。インターンたちは、資料集めに奔走する。そして迎えたプレゼン当日。グレとソンニュルのチームは、ソンニュルが極度の緊張状態に陥り、うまく話すことができない。しかし、個人プレゼンでは現場を大切にするソンニュルと、オフィスでのデスク業務も大切だと考えるグレの意見がうまく噛み合い、高い評価を受ける。一週間後、グレはバイトにあけくれながらも合否の連絡を待っていた。


《全体あらすじ》
幼い頃から棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)は、父の他界を機にその道をあきらめ、大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていた。しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社。満足に会社員経験も学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず、遅れをとっていたが、同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得。なんとか2年間の契約社員として入社し、営業3課に配属される。

やがて囲碁で培った洞察力を生かして仕事でも微力ながらも課の役に立つようになり、次第に配属先の営業3課のオ課長(イ・ソンミン)やキム代理(キム・デミョン)に認められ、課にはチームワークが生まれつつあった。

一方、グレの同期入社の紅一点、アン・ヨンイ(カン・ソラ)はインターンながらも大きな契約を取り付ける優秀な人材だったが、入社後配属された資源課では、男性上司から疎まれ、なかなかまともな仕事を与えられずにいた。


《CAST&STAFF》
≪CAST≫
イム・シワン(ZE:A)「太陽を抱く月」『ワンライン/5人の詐欺師たち』『不汗党:悪いやつらの世界』
カン・ソラ「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」「町の弁護士チョ・ドゥルホ」
カン・ハヌル「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」『記憶の夜』
イ・ソンミン「記憶」『保安官』
ピョン・ヨハン「六龍が飛ぶ」『あなた、そこにいてくれますか」

≪STAFF≫
原作:ユン・テホ「未生~ミセン~」
演出:キム・ウォンソク「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シグナル」
脚本:チョン・ユンジョン「アラン使道伝」「ハベクの新婦」

==========

【DVD情報】


DVD-BOX1~2好評発売中!
各12,500円+税
セル発売・販売元:エスピーオー

©CJ E&M Corporation,all rights reserved.

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  3. 3【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 52018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  6. 6「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ション・イールン(盛一倫...
  10. 10【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー(杨幂)
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<1>「強い自信があるから、躊躇しちゃだ...
  3. 3【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<2>「現代女性の魅力を持っている」※ネ...
  4. 4「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 62018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  7. 7【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  8. 8【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  9. 9【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事