★★今までの「インタビュー(韓国)」はこちら★★


現在、【毎日ちょい見せ】にて無料公開している「ミセン-未生-」。本作で、エリート意識の強い新入社員チャン・ベッキを演じたカン・ハヌルさんのインタビューを掲載!

※若干ネタバレあり※
明確なネタバレはありませんが、インタビューの中で物語の後半の内容に少し触れています。
"ちょっとのネタバレも絶対NG"派の方は、ご視聴後に読まれることをオススメします。

第1回「また明日」:2018年1月25日(木)更新
第2回「僕が演じたいと思うのは」:2018年1月26日(金)更新
(インタビューは「ミセン-未生-」DVD日本リリースの2015年に行われたものです。)

★★今までの「ミセン-未生-」関連記事はこちら★★
★★「ミセン-未生-」公式サイト★★

============


― なかなかプライドを捨てられないベッキですが、周りの影響で少しずつ変わっていきます。ハヌルさんが考えるベッキのターニングポイントはどこだと思いますか?

まずは、カン代理とチャン・グレの役割が大きいですが、カン代理によって「自分が着ている鎧は隙だらけの鎧だったんだな」と気付かされ、その鎧を少しずつ脱ぎ始め、自分の心の中にあるもので人々に接しながら、その間にチャン・グレに出会ってチャン・グレの過去について知って。一緒に靴下を売ったりしながら、その人が持っている情熱を見て、その人が持つ魅力を感じて...。

そうやって、チャン・ベッキの内側が少しずつ満ち始めてくるんです。

一番大きなターニングポイントを与えてくれたのは、チャン・グレとカン代理だと思います。



― 社会現象になるほど韓国の人々の心をつかんだ「ミセン-未生-」ですが、その魅力はどんなところにあると思いますか?

「ミセン-未生-」を見て感じたんですが、「ミセン-未生-」は人々に力を与えようと作った作品ではありません。

どんな作品でも同じですが、力を与えようと作られたら、それはある意味生意気な話だと思います。作品を通じて力をもらったりもらわなかったりは、資料者が感じる人の個々人の感情であり、僕たちがやらなければならないのは共感を与えることまでだと思います。
共感を与えたことで、作品をご覧になった方がそこから力をもらったり、他の意味を見つけたりされるのだと思います。

僕は「この「ミセン-未生-」が多くの共感を得られたんだな」ととても思いました。やっぱりドラマだけでなく、芸術作品というものは共感が第一なんだと思います。また、共感があってこそ、価値が生まれると思います。

「ミセン-未生-」という作品が大きなイシューになったのは、周りでよく見る"ネクタイ部隊※"と呼ばれる人々の共感ではないかなと思います。

※ネクタイ部隊とは―
背広・ネクタイ姿で仕事をするサラリーマンたちのこと。


― ドラマに対して、ファンや視聴者、ご友人やご家族の反応はいかがでしたか?その反応から影響を受けたことなどもあれば、教えてください。

友だちがとても楽しんでくれたのでありがたかったですし、両親は僕に直接話してくれたんですが、僕が出演した作品のうちで一番楽しく見た作品だって。そんな話を聞いたとき、すごく気分が良かったです。誇らしさも感じました。

一番仲がいい友だちまで、その作品をリアルタイムで見てくれて、キム・ウビンさんなんかは自分でお金を出してみるほど、すごくファンになってくれたんです。今でも一番好きな作品だと言ってくれますし。

周りの人々の好評や賞賛が、本当に嬉しかったです。



― 本作に出演する前と出演した後で変わったことはありますか?

変化は、どうでしょうね?(笑)
「ミセン-未生-」が終わって、映画『純粋の時代』『二十歳』『セシボン』という3作品の映画があったんですが、人々は「ミセン-未生-」に出演したことで映画を3作品も撮ったと思っているようですが、映画ってそんなに短時間で撮影できないんです。つまり「ミセン-未生-」の前に全部撮った作品ということです(笑)。でも、誤解されていている方は多いようですね...。

正直、変わったことは僕は直接的に感じていません。多くの方々がチャン・ベッキを覚えてくださっていることは嬉しいですが、何か肌で感じるほどの違いはないんです。
そもそも僕の生活範囲が家と体育館、学校だけなので、大きく変わったことを感じるほどの場所がないんです。(笑)

だから、肌で感じることはないですが、多くの方々がチャン・ベッキとして覚えてくださっていることに感謝しています。


― チャン・ベッキはエリートでありながらも、相当な努力の人でもあります。それが彼の自信やプライドでもあるわけですが、ハヌルさん自身も"これが自分にとっての自信やプライドだ"と思うものはありますか?

僕が一番重要視しているのは、僕がやりたくてやってる何かについて「できない」という言葉を聞きたくありません。それがプライドとも言えますし......。

それは、ただ演技だけに限りません。誰かにさせられてできなかったのは、大丈夫です。関係ありません。

でも、僕がやりたくて自発的にやっていることで、「できない」という話を聞くのはつらいと思います。だから、そんなことを言われないように努力もします。


― 過去のインタビューで「俳優」になろうと決心したきっかけは幼い頃に見た演劇だったとお話されていましたが、俳優のどういった点に魅力を感じたのでしょうか?

正直なことを言うと...ただ、面白そうだったからなんです。面白そうだったので始めて、やってみたら面白くて、だからやることにしました。何か大きな意味付けをしようとするなら、一応できます。でも、最近になって、無理やり大きな意味づけをする必要がないということに気付きました。
だから、僕が演じたいと思うのは、本質的に楽しいからなんです。


― 舞台で活躍され、現在多くの映像作品でも活躍されているハヌルさんですが、舞台と映画・ドラマ、それぞれの魅力はどんなところにありますか?

それぞれの魅力は説明することができると思います。

舞台というのは臨場感が最大の魅力で、みんな一緒に稽古場に集まって、一日に決められた時間内にそのシーンを少しずつさらに密度を濃く作り、その密度あるシーンが集まってひとつの作品なるんです。
その作品を毎日違う観客の方々に毎日違う印象、毎日違う空気の中でそれを表現するということが面白く、魅力ある作業です。瞬間瞬間ごとの反応が、その公演の臨場感なんです。
また、観客の方々とお会いできるということ自体も、大きな魅力です。

映画は、映像媒体ですがドラマとは違って悩む時間が十分にあり、僕が準備して行くことが多く、決められた台本の中で僕がそれに関連する計算を予めすることができて、演技に対する悩みをたくさんできるということ自体が、一番大きい面白さです。

ドラマの一番大きな魅力は、瞬発力を感じることができるということです。
台本がどう出てくるかわからない緊張感もありますし、撮影が速く進行するのでミスしたらダメだというプレッシャー、さらに僕がミスしてもそれをうまく解決することができる瞬発力が一番大きな魅力だと思います。

この3種類の分野の要素がうまく集まったら面白いと思います。瞬発力だけがあっても深みがなく、深みだけがあっても瞬発力がなくなってしまいますからね。



― ドラマに映画、そして舞台と数多くの作品に立て続けに出演されとてもお忙しいと思いますが、お休みはどのように過ごされていますか?

自転車に乗ることが一番好きで、スポーツはムエタイ(格闘技)をしています。特別な役作りではなく、ただやりたいからやっています。もともとジムに通っていましたが、ジムで運動すると、体が重くなります。体に筋肉がつくことは感じるんですが、体が重くなるんです。

だから動ける運動をしようと思って、ムエタイを始めたんです。自転車はもともと乗ることが好きで、旅行をするのも好きなので、旅行も行きます。


― 今後チャレンジしてみたい役柄やジャンルはありますか?

正直、そういうのはありません。良い作品だったら、全部やりたいです。

でも、やってみたい役柄だったら、こういうのをやってみたいです。僕が感じられない部分なんですが、年齢は僕くらいの年齢で、シングルファザー役をやってみたいです。そんな役柄があれば。どんな感じなのか、とても気になります。僕には感じられない......感じられないですよね?(笑)

だから、そんな感じを一度、感じて演じてみたいと思いました。どんな感じなんだろう。



― カン・ハヌルさんにとって「ミセン-未生-」は、俳優としてどのような位置づけとなる作品になりましたか?

いつもすべての作品でプレッシャーを感じるんですが、そのプレッシャーをどう克服したらいいのか教えてくれた作品だと思います。どう乗り越えたらいいのか......。

最近(撮影が)終わった映画『ドンジュ』という作品も、とてもプレッシャーに苦しめられました。ユン・ドンジュという詩人役を演じるというのは、簡単なことではないじゃないですか。そこに対するプレッシャーも、「ミセン-未生-」で得たノウハウで乗り越えた部分があります。



― これから「ミセン-未生-」を見る日本の視聴者へ見どころとメッセージをお願いします。

「ミセン-未生-」は、会社員だけに限った話ではありません。人間関係を描いた作品なので、日本の皆さんにも共感していただけると思います。本作で描かれた物語を、会社にだけ限られたものではなく、自分の周りの状況に置き換えて考えながらご覧になっていただけたら、楽しくご覧になっていただけると思います。


<おわり>

============

「ミセン-未生-」DVD情報

DVD-BOX1&2好評発売中!
各¥12,500+税

★各BOXに特典映像収録!
BOX1)メイキングpart1/ポスター撮影風景/台本読み合わせ
BOX2)メイキング part2、イム・シワン インタビュー

セル発売・販売元:エスピーオー
© CJ E&M Corporation,all rights reserved.

カン・ハヌル撮り下ろし写真:Kim Da Un(studio zip)

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【特集】「シグナル」オススメ記事を一気にご紹介!
  2. 2【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  3. 3日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  4. 4中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  5. 5【インタビュー】「シグナル」イ・ジェフン #1「だからこそ、出演したかった」
  6. 6【インタビュー】「シグナル」脚本家キム・ウニ#1「小さな慰めになる終わり方」
  7. 7【インタビュー】世界一話しやすい男子アーロン!リラックスで本音好きで暖かい雑食系男子
  8. 8中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  9. 9【プレゼント】Twitter企画!ナム・ジュヒョクさん表紙の「韓国TVドラマガイド7...
  10. 10【孤高の花 DVDリリース記念】ウォレス・チョンの10の豆情報
  1. 1日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  2. 2【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  3. 3中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  4. 4【特集】「シグナル」オススメ記事を一気にご紹介!
  5. 5【インタビュー】「シグナル」脚本家キム・ウニ#1「小さな慰めになる終わり方」
  6. 6中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  7. 7【インタビュー】「シグナル」イ・ジェフン #1「だからこそ、出演したかった」
  8. 8日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  9. 9ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  10. 10【動画】「孤高の花~General&I~」ウォレス・チョン&アンジェラベイビー イン...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事