<<BOX1収録:第1~20話>>


DVD-BOX1好評発売中! ※amazonページへ移動します 


【第1話】戦いの狼煙
蒲坂城壁で晋と燕の軍勢が対峙する。楚北捷(そほくしょう)が率いる10万の晋軍に対して敬安王子・何侠(かきょう)が率いる燕軍はわずか8千。それでも何侠は軍師としての才をもつ侍女・白娉婷(はくへいてい)の策によって戦いに勝利する。だが、この戦いの裏にはある陰謀があった。燕の皇帝・慕容粛(ぼようしゅく)にいわれなき謀反の罪を着せられた何侠は白娉婷とともに逃亡して...。


【第2話】運命の邂逅
五老峰で楚北捷(そほくしょう)は敬安王・何勝(かしょう)と対決、敗北した何勝は自ら命を絶つ。そして、父の死を知った何侠(かきょう)は楚北捷への復讐を誓う。一方、深手を負った白娉婷(はくへいてい)は偶然通りかかった楚北捷に命を救われるが、身元を明かさず姿を消す。それでも白娉婷が敬安王家の軍師と気づいた楚北捷。彼は白娉婷に初恋の少女の面影を見出していた...。


【第3話】恩讐の想い
楚北捷(そほくしょう)と豪商である花(か)家の令嬢との縁談が持ち上がる。楚北捷が令嬢の弾く琴の音に惹かれて会いに行くと、そこには白娉婷(はくへいてい)の姿があった。そこで、自分の命も顧みず何侠(かきょう)を助けようとする白娉婷の覚悟を知った楚北捷は、彼女の気持ちを汲んで一度だけ何侠を見逃す。そして、敵でありながら白娉婷を自分の妻として迎えることに...。


【第4話】停戦の願い
婚儀の最中、楚北捷(そほくしょう)と白娉婷(はくへいてい)はともに毒に当たって倒れるが、治療を受けて事なきを得る。それが白娉婷の計略だと悟った楚北捷は、自分を今すぐ殺すよう迫るが、彼女は応じなかった。そして翌朝、楚北捷は白娉婷の真の目的を知ることに。彼女は自分の命と引き換えに、民を苦しめる晋と燕の戦を止めようとしていたのだった...。


【第5話】死刑執行の朝
晋の皇帝・司馬弘(しばこう)から死罪を言い渡された白娉婷(はくへいてい)。翌朝、彼女を助けようと楚北捷(そほくしょう)は刑場まで馬を走らせるが、彼女はすでに斬首されたと聞かされる。しかし、司馬弘は15の銅山と引き換えにひそかに白娉婷を慕容粛(ぼようしゅく)に引き渡していたのだった。それを知った楚北捷が白娉婷の行方を追うと、彼女を救い出すため何侠(かきょう)も姿を現して...。


【第6話】恩に報いる時
楚北捷(そほくしょう)を刺してしまった白娉婷(はくへいてい)は一晩中彼を介抱し、翌朝黙って彼の元を去る。その後、彼女は晋に捕らえられた冬灼(とうしゃく)を救うため一人で宮中へ。だが、それは彼女をおびき出す罠だった。すると、そこに楚北捷が現れ、自ら盾となり白娉婷と冬灼を逃す。そこでいったんは逃亡した白娉婷だったが、楚北捷を見殺しにはできず...。


【第7話】妻を守る覚悟
楚北捷(そほくしょう)を救うため司馬弘(しばこう)と取引した白娉婷(はくへいてい)。彼女は頭の中にある兵書を書き出すことになるが、その監視役となった張(ちょう)貴妃から鞭で痛めつけられる。それを止めに入った楚北捷は白娉婷を自分の屋敷へ強引に連れ帰ったのだった。一方その頃、何侠(かきょう)は白蘭の耀天(ようてん)皇女が人質となっていた涼から帰国するのを知ってある考えを巡らし...。


【第8話】離魂剣の誓い
白娉婷(はくへいてい)が屋敷から逃げたことに気づいた楚北捷(そほくしょう)は、すぐに彼女の後を追いかける。だが、気づくと何侠(かきょう)の兵に包囲されてしまっていた。そこで初めて自分がおびき出されたことに気づいた楚北捷。彼は5年間は燕を攻めないでほしいという白娉婷の願いを聞き入れる。そこで白娉婷は楚北捷の身を守るため何侠の元へと戻っていくが...。


【第9話】忘れ得ぬ想い
楚北捷(そほくしょう)は燕の15の銅山を制圧すると、5年の停戦について慕容粛(ぼようしゅく)の同意を取り付ける。一方、耀天(ようてん)皇女の訪問を受けた司馬弘(しばこう)は、白蘭との交易を条件に涼を討つ約束をする。その頃、楚北捷への復讐の機会をうかがう何侠(かきょう)は、白娉婷(はくへいてい)の心がすでに楚北捷にあると気づいていた。そこで白娉婷は彼に自分の正直な心の内を打ち明けて...。


【第10話】謀略による戦
司馬弘(しばこう)は楚北捷(そほくしょう)に涼への出兵を命じ、凱旋したら王妃にふさわしい娘と縁組させると告げる。それを耳にした張(ちょう)貴妃は楚北捷に愛を告白し、謀反すらいとわないと訴える。だが、楚北捷はきっぱりと拒絶し、涼にいる白娉婷(はくへいてい)の命が狙われていると知ると急いで出兵する。その頃、白娉婷は楚北捷の命で殺しに来たという刺客に襲われて...。


【第11話】戦場での再会
白娉婷(はくへいてい)は幼なじみである涼の大将軍・則尹(そくいん)の妻・陽鳳(ようほう)と旧交を温める。そして、楚北捷(そほくしょう)と戦う夫の身を案じる陽鳳のために軍師として涼に協力することを決心、涼王に晋の皇宮を混乱させるための知恵を授けた後、則尹の軍と合流する。一方、白娉婷が生きていて涼の軍師となったことを知った楚北捷は、潔く彼女との戦に臨むことに...。


【第12話】好敵手との対決
晋では父の張(ちょう)尚書とともに陰謀を企む張貴妃が、ひそかに涼王と手を組むことに。一方、戦場では白娉婷(はくへいてい)と楚北捷(そほくしょう)が知略を競った結果、堪布で涼軍と晋軍の戦いが始まろうとしていた。だが、白娉婷が一人で涼軍の盾となったのを見た楚北捷は、戦わずして兵を退く。そして、彼女を抱き寄せ自分の馬に乗せると、百里茂林へと向かい...。


【第13話】月夜の誓い
涼軍と晋軍は典青峰で決戦を果たすことになるが、楚北捷(そほくしょう)がたった一人で涼軍の陣地に現れ、白娉婷(はくへいてい)を連れて姿を消す。そのため、白娉婷が誘拐されたと思った則尹(そくいん)は必死に彼らの行方を追う。その頃、楚北捷への誤解を解いた白娉婷は、崖から落ちて怪我をした彼を必死に看病していた。そして、高熱を出した彼を見た白娉婷は...。


【第14話】勝利の誤算
晋軍を撤退させる白娉婷(はくへいてい)の作戦はうまくいったはずだった。だが、晋の皇宮を混乱させる彼女の計画は何者かに悪用され、図らずも晋の皇子二人が毒殺されてしまう。そして、下手人の口から首謀者は白娉婷だと聞いた司馬弘(しばこう)は、白娉婷と楚北捷(そほくしょう)の共謀を疑い始める。その裏では共通の敵をもつ何侠(かきょう)と張(ちょう)貴妃の陰謀が進行していた...。


【第15話】命に代えても
捕らえられ拷問を受けた楚北捷(そほくしょう)は皇子二人を殺した罪で斬首されることに。一方、則尹(そくいん)の兵とともに晋に戻った白娉婷(はくへいてい)は、楚北捷を皇宮から救い出すため彼の家臣・楚漠然に協力を求める。だが、楚漠然に断られ武力での救出は無理と悟った白娉婷。彼女は自分の命と引き替えに楚北捷を救う覚悟を決め、単身皇宮に乗りこむと...。


【第16話】運命の一撃
楚北捷(そほくしょう)の助命を願う白娉婷(はくへいてい)に司馬弘(しばこう)が言い放ったのは、殺すのはお前一人だという言葉だった。そして、司馬弘は牢から出した楚北捷に白娉婷の処刑を命じる。すると、白娉婷を追いかけてきた則尹(そくいん)が現れ、楚北捷と一対一の戦いに。結果、楚北捷に刺されそうになった則尹を見た白娉婷は、自ら楚北捷の剣の前に身を投げ出して...。


【第17話】事の真相
死んだと思われた白娉婷(はくへいてい)は楚北捷(そほくしょう)の手配でひそかに助け出され隠れ家で酔菊(すいぎく)の治療を受けていた。そこに駆けつけた楚北捷は昏睡状態の白娉婷を懸命に看病する。その頃、晋の皇宮では皇子に続いて皇后をも亡くした司馬弘(しばこう)が酒に溺れていた。また、白蘭では耀天(ようてん)皇女が貴(き)丞相から世継ぎを生むために結婚を急かされていたが...。


【第18話】錯綜する思惑
何侠(かきょう)は白蘭の朝議に乗りこむと、息子・貴炎(きえん)を耀天(ようてん)皇女と結婚させようと企む貴(き)丞相の裏をかいて、堂々と耀天皇女に求婚。それを喜んだ耀天皇女は重臣たちを説得し何侠との結婚を決める。その頃、晋では張(ちょう)尚書が女性たちを集め、ある謀略の準備を進めていた。また、楚北捷(そほくしょう)が白娉婷(はくへいてい)の看病を続ける隠れ家には、刺客の一団が現れて...。


【第19話】想い焦がれて
白娉婷(はくへいてい)がやっと目覚めたものの楚北捷(そほくしょう)は会おうとしない。彼は添い遂げられない運命とあきらめ、白娉婷を晋から遠くに逃がすことを考えていたのだった。その頃、晋の皇宮では張(ちょう)貴妃が楚北捷の暗殺に失敗したことに立腹、隠れ家をもう一度探らせることにしていた。また、彼女の与える金丹を飲み続ける司馬弘(しばこう)は着実に体を蝕まれ...。


【第20話】離れられない心
明日が楚北捷(そほくしょう)と別れて遠方へ旅立つ日となった月夜の晩。白娉婷(はくへいてい)は寒空の下、琴を弾きながら楚北捷が自分に会いに来てくれるのを待つ。そして、やっと目の前に現れた彼に、これからはずっとそばにいさせてほしいと頼む。そして、彼女の覚悟を思い知った楚北捷は、運命に逆らってでも白娉婷とともに生きる道を選ぼうと決意する...。

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  5. 5「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  9. 9【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  10. 10【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事