現在、フジテレビで好評放送中の「イタズラなKiss~Miss In Kiss」。本作で主要キャラクターを務める、ディノ・リーさん、ウー・シンティさん、アダム・ゴンさん、リコ・シーさんにインタビューを実施!毎週1人ずつ掲載していきます。ぜひ放送と併せて、お楽しみ下さい!


<第3回>
アダム・ゴン(金支柱:ジン・ジージュウ ※原作:池沢金之助/金ちゃん)
1993年7月6日生まれ。177cm。美容院にいたところを本作のプロデューサーにスカウトされ芸能界入り。オーディションを見事勝ち抜き、金ちゃん役に大抜擢。本作のクランクイン前にも関わらずドラマ「聶小倩」(16)やTVCMに出演。ネクストブレイクとの呼び声が高いシンデレラボーイ。


<第1回>ディノ・リー(江植樹:ジャン・ジーシュウ ※原作:入江直樹)
<第2回>ウー・シンティ(向月琴:シャン・ユエチン ※原作:相原琴子)
<第4回>リコ・シー(呉子裕:ウー・ズーユー ※原作:松本裕子)

==============


― 「イタズラなKiss」は、これまで日本や台湾、韓国、タイなどで8度にわたり映像化された人気作品ですが、今回の出演が決まる前に、この「イタズラなKiss」のドラマやマンガはご存じでしたか?

もちろん知っていました。多くの方の心に強く印象に残っていると思います。特に女の子たちの心にね。

僕は10代の頃に「イタキス」を知りました。
姉が台湾版を見ていたんです。
その時に、"イタキス"を通して、アリエル・リンさんやジョセフ・チェンさんを知りました。

― 台湾ではジョセフ・チャンさんとアリエル・リンさんの共演で2005年に放送され、本作は約11年ぶりのリメイク作となりますが、本作に出演が決まって金支柱を演じることになった時のお気持ちを教えてください。

僕は怖かったですね。
(先にインタビューを受けていた)ディノもさっき言ったように,マンガや以前の作品を通して、みんなの心に残っているキャラクターですから。
だから視聴者が既に持っている金支柱のイメージが強いので、僕がそれを演じることで、みんなの中の"金ちゃん"、マンガの中の"金ちゃん"が2次元から3次元に飛び出してきたように演じることができるのかが、とても怖かったですね。

だから、話を聞いた時は、期待と不安の両方の気持ちがありました。


「イタズラなKiss~惡作劇之吻~」より、ジロー演じる金ちゃん(中央左)
(C)2005 GTV原作:多田かおる「イタズラなKiss」(C)多田かおる/集英社


― では、実際に演じてみてどうでしたか?

演じ終わったら力が抜けましたね。
前半は大変なこともたくさんありましたが、僕らはみんなで力を合わせてやり切って、みんなが自分の中にあった目標を達成できたと思うし、みんなに見てもらいたい作品になったと思います。

だから僕はみんなにしっかり見てもらいたいし、その上で、良い評価も悪い評価ももらえれば、それが今後の成長にもつながると思います。


― 今回の役を演じるうえで、監督からのアドバイスなどはありましたか。また、キャラクターについて監督と議論したとお伺いしましたが、どんなことを議論しましたか?

監督は、本当に大変だったと思います。

最初の頃、私たちはそんなに親しくはなかったんです。
みんなが撮影に入ったばかりの時に、監督がみんなが一緒になる時間をたくさん作ってくれて。
そうやって僕らが一つのグループになっていったんです。だから、その時間があったことで、僕らは意気投合できたんだと思います。

(近くにいたディノ・リーが)「お互いに理解し合えたよね」

ほんと、そうだよね!



― 毎回、メイキング映像を見ると、みなさんとても若くて仲が良いと思いましたが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? 撮影中の印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

面白い話はとてもたくさんあると思いますよ。
毎日リラックスして、お互いに励まし合っていました。みんなだいたい歳が近いからね。

だからお互いに問題に直面したり、相手に助けてもらわなければ行けないような時にも、お互いに助け合って解決しましたね。
若手の俳優ばかりだったので、距離感もなかったですね。

― 一番恥ずかしかったことは何ですか? 今思い出しても恥ずかしいと思うようなことはありますか?

・・・思い出した!

水泳のシーンを撮り終わった後で、レストランのFriday'sに行ったんです。一日中撮影をしていたから、とてもお腹が空いていたんです。
水着のシーンだったから、それまで見た目をキープするために食事も控えめにしていました。
それでやっと水泳のシーンの撮影が終わって解放されて。
自分にご褒美をあげたんです!ものすごいたくさん注文したんです!

こんなに食べられるのかって、ちょっと心配もしましたけどね。
いやいや、僕らガマンできないくらいお腹がすいてるから、絶対食べられるって。

テーブルが食べ物で埋め尽くされて!
(近くにいたディノ・リーが)「で、もう全然食べ切れなかった!!笑」

そうそう!笑
それでフライドポテトとかがたくさん残っていたので、僕らはジャンケンをして、負けたほうが1本ずつ食べることにしたんです。

そしたら見事に全部食べましたよ。もったいないからね。あの時はビックリするぐらい食べたなあ。すぐリバウンドしました(笑)

― そんなに食べたんですか?

僕とディノが食べた分だけでも2000元(=3万4000円程度)近くかかったと思います。4,5人分は食べましたね。


― 2000元分も!?そんなに解放されたんですね(笑)。

だって、その時の僕らは、「これ食べたい」「あれも食べたい」って。とにかく注文のたびに「1羽分!」「まるごと!」って。
ディノが「僕も1羽分!」って言うと、僕も「僕も1羽分!」って(笑)

ウー・シンティは全然そんなことをしなかったですね。
いつも「私はサラダで大丈夫」って言って。僕らが注文したものを少しだけつまんだりして。
彼女はいつもそうだったから、彼女に対するみんなの印象は...倹約家!

でも、彼女は結局ずっと食べ続けてるんです。
「え、食べないの?じゃあ手伝ってあげる」って(笑)。


― 作品の中で、「ここが一番!」と思うシーンを教えてください。一番感動的だったり、一番面白かったり、なんでもかまいません。

一番...。
僕としては、視聴者の方には金ちゃんの面白くてハイな部分以外も見てもらいたいです。
彼が自分自身と向き合っている時や、悲しんだり、実家に帰ったり、状況を受け入れたりとか、そういう場面も感情込めて演じることができたので、ぜひ見てもらいたいですね。

(近くにいたディノ・リーが)「今回の金ちゃんは、他の事にはいい加減だけど、向月琴に関する事はとても真面目に向き合う、そんなキャラクターになってるよね」

うん、そこに力を入れました。いつもアハハと笑っているんじゃなくて、真面目な恋愛にひたむきな一面も見られますね。


― たしかに、アダムさんのコミカルな演技には切なさも感じました。

集中していましたね。ずっと興奮状態をキープしていました。


― 金ちゃんを演じるうえで、アダムさんご自身の性格も出ていたと思いますか?

いいえ! 僕はあんなにストレートじゃないです!(笑)


― アダムさんが言うとおり、金支柱というキャラクターには、片思いの切なさも感じさせられました。今回、このユニークだけど熱く切ない男・金支柱を演じるうえで、意識されたことはありますか?

先に台本をよく読んで、それから役作りに入りました。
向月琴に対しては心から「大好きだ」という気持ちを全面に出して、それが相手に伝わるように心がけました。
だからリラックスすることなく、いつも気持ちを高めていたので疲れた面もありましたが、撮影の時は気持ちが高ぶったまま臨むことができました。


― 記者会見で、「植樹と月琴のキスシーン撮影では思わず監督の椅子を噛んだ」と話していましたが、その時は金支柱の気持ちになっていたのでしょうか?

あれは面白かったね(笑)。
彼らが学園でキスする場面だったけど、僕は出番がなくて、彼らの後ろでこっそり演技を見ていました。
見ながら、「もし金支柱がこの場面を見たら、彼はどうするだろう?」と思ったら、カメラの前に立って「ダメだ!そんなことたせない」と言いたくなったんです。

彼らのシーンを見ているとだんだん悲しくなってきて、監督に「キスさせないでください」とお願いしたら、監督に「うるさい!」と怒られました。
「とてもつらくなるんです」と言って、それから監督が座っている椅子を噛みました。
ふざけたことをしたと思うけど(笑)。

こんな感じで、現場ではジョークを言ったりしながら、楽しく撮影できました。"


― では最後に日本のファンにメッセージを。

ぜひ、ご覧になったことがある方もない方も、僕らが演じる「イタキス」を見てください。
それで、この作品に感情移入してもらえたらうれしいです。みんな絶対に見てください!


===============

「イタズラなKiss~Miss In Kiss」

<DVD情報>

DVD-BOX1&2(各15,000円)好評発売中!
レンタルDVDvol.1~13 好評レンタル中


発売元:エスピーオー/フジテレビジョン
販売元:エスピーオー
Based on the original comic 『Itazurana Kiss』created by Kaoru Tada ©Kaoru Tada/ minato-pro,Mz-plan

公式HP:http://www.cinemart.co.jp/missinkiss/


===============


<放送情報>

地上波放送・配信決定!
●フジテレビにて 好評放送中!
毎週月曜26:35~27:35
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/missinkiss/index.html

●FOD配信にて10月20日(金)より完全版全21話一挙配信
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4d16/

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  3. 3「孤高の花~General&I~」 セル&レンタルDVD12月リリース決定 & 日本...
  4. 4【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  5. 5【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  6. 6【TV】大ヒット時代劇!「孤高の花~General&I~」がBS12トゥエルビで日本...
  7. 7"韓国ドラマは相関図が面白い!"「韓国TVドラマガイド」、別冊で相関図特集!
  8. 8ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  9. 9【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  10. 10【DVD】台ドラ「イタズラなKiss~Miss In Kiss」DVDリリース決定!
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  3. 3「孤高の花~General&I~」 セル&レンタルDVD12月リリース決定 & 日本...
  4. 4【TV】大ヒット時代劇!「孤高の花~General&I~」がBS12トゥエルビで日本...
  5. 5【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  6. 6ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  9. 9【ネタバレ注意!】 ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第37話...
  10. 10中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop

最近の記事