"良妻賢母の象徴"と呼ばれた女性の、真の姿とその隠された愛――
イ・ヨンエ×ソン・スンホンの豪華共演で贈る、超大型純愛史劇「師任堂(サイムダン)、色の日記」がテレビ大阪で11月3日より放送スタート!

現在の韓国と500年前の朝鮮時代が交錯しながら同時に進行する本作。現在に暮らすジユンがサイムダンの手記「寿進坊日記」をめくると、そこには色鮮やかな朝鮮時代が登場する。史実とフィクションが絡まり、謎が謎を呼ぶスリリングな展開を、過去と現在の登場人物の生き方をシンクロさせて描く手法が新しく、時代劇ファンも現代劇ファンもどちらも満足できる最高のドラマに仕上がっている!
本作で主演を務めるのは、13年ぶりのドラマ復帰となるイ・ヨンエ。5万ウォン紙幣に描かれた肖像画でも有名な天才画家・申師任堂と、現代を生きるワーキングマザー・ジユンの一人二役を熱演。久々に魅せるイ・ヨンエの熱演にアジア中が大注目!
イ・ヨンエの相手役を務めるのは、日本をはじめアジア中で長年人気韓流スターとして愛されているソン・スンホン。初めての正統派時代劇出演を果たし、彼の新たな代表作となった!


「師任堂(サイムダン)、色の日記」
11月3日(金・祝)スタート!
毎週月~金 11:59~

※放送予定は変更の可能性がございます。
詳細はテレビ大阪公式サイトを御確認ください。
⇒テレビ大阪公式サイト 


★「師任堂(サイムダン)、色の日記」作品公式サイト


<あらすじ>
韓国美術史を専攻し、大学で非常勤講師を務めるジユン(イ・ヨンエ)は世紀の発見と言われる絵画「金剛山図」の発表を任せられるが、贋作疑惑が持ち上がる。失意のジユンは教授就任をかけた重要な学会に出席するためイタリアに向かう。そこで偶然サイムダン(イ・ヨンエ/二役)の日記を手に入れたジユン。本に押された印を手掛かりにある古宅を訪れると、そこには自分そっくりの女性が描かれた「美人図」があった。日記を読み進めると、そこにはサイムダンとイ・ギョム(ソン・スンホン)、2人の芸術家の切ない愛や、「金剛山図」の真作の行方が書かれていた...

©Group Eight

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  3. 3【中国時代劇"〇〇男子"を考える】第4回:ありのままの君が好き!包容力抜群のスーパー...
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  6. 6【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  9. 9【名優チャン・ヒョク特集】「ありがとうございます」スペシャルコメント
  10. 10「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<1>「強い自信があるから、躊躇しちゃだ...
  3. 3【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<2>「現代女性の魅力を持っている」※ネ...
  4. 4【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  5. 5【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  6. 6「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  7. 72018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  8. 8【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ション・イールン(盛一倫...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事