好評不定期連載中の「【韓流お仕事図鑑】あなたのもとに韓国ドラマが届くまで」。韓国ドラマを日本のお茶の間に届ける過程に携わる人たちにインタビューをしていく【韓流お仕事図鑑】です。

連載第6回目の今回は、特別編!韓国"映画"をお届けする仕事<劇場の編成>に迫ります。
お話をお伺いしたのは、シネマート新宿/シネマート心斎橋の編成を担当し、「のむコレ」の中心人物でもある野村武寛さんです。
映画館にかける映画を選ぶなんて夢のようなお仕事!と思いきや...一人でも多くの人に映画を届けるために日々奮闘する、ハードなお仕事でした。


<プロフィール>
野村武寛(シネマート新宿/心斎橋:編成担当) 
大阪府八尾市出身。シネマート新宿/心斎橋の上映作品のセレクトを担当し、数多くのアジア映画をファンに届けてきた男。今までに見てきたアジア映画・邦画・洋画は数えきれないほど。また、定期的に東京/大阪で韓国映画のトークイベントを開催。関西弁での軽妙のトークは毎回好評を博している。
※今回のインタビューも、ぜひ関西弁でイメージしながら読んでみてください。


第1回 「映画を獲得するのは...大変!」:2017.10.25更新
第2回 「毎週土曜日はドキドキしてる」:2017.10.26更新
第3回 「のむコレの野望」:17.10.27更新

「のむコレ」公式サイト http://www.cinemart.co.jp/nomu-colle/


===================

― 野村さんの担当されている"編成"というお仕事なのですが、意外と知られていないお仕事ではないかと思います。
具体的には、映画館の編成ってどんなことをされるお仕事なんですか?

シネマート新宿/心斎橋編成担当・野村:
簡単に言うと、映画館でかける上映作品を決めていく仕事です。

映画館って、館によってそれぞれカラーがあるでしょう?
特に東京はいろんな劇場があるし。だからまず、どんな映画でもかけられるわけじゃないんですよ。

とくに新宿は激戦区ですから、たくさん映画館のある中から今日はこの映画と選ばれる作品、劇場にすることがお客様にとってわかりやすいかなと思い、SPO=アジア がありますが、シネマート=韓国映画を含むアジア映画をちょっと他の劇場より多めに上映してみようと。そういう考えで番組を編成しています。


シネマート新宿


― なるほど。先ほど、「どんな映画でもかけられるわけじゃない」という話がありましたが、大阪もそうなんでしょうか?


大阪は大阪で、またむずかしくて...。

大阪には、梅田/難波という地域があって、ここは北地区/南地区と別れるんですよね。
「東京で上映された映画を、大阪のどこで上映するか?」というときに、選ばれるのは北地区。

― どうしてですか?

近隣の、例えば神戸の人が南地区に映画を観に来くるときは、梅田まで来て、そこから更に地下鉄に乗らないといけない。
という事は、南地区は北地区よりハードルが少し高い。

心斎橋は南地区になるんだけど、「この映画をうちで上映したい!」って思っても、配給会社の方から「梅田で上映したいから、シネマート心斎橋さんは...」って言われたりする...。そんなんがあるの。

そういう状況の中でも、ちゃんと映画館の利益を上げていかないと。赤字は出すわけにはいかないから。
だから、この仕事にはグイグイやっていくというド厚かましさ、っていうのが必要だったりするのよね。


シネマート心斎橋

― 新宿を担当されたのはいつ頃からですか?

シネマート新宿の編成も担当するようになったのが、4年ぐらい前かな。

新宿って人がたくさん来る土地だから、人は来るだろう。
でも、韓国映画ばっかりやってたら、配給会社が韓国以外の洋画作品の上映オファーをくれなくなっちゃうな、っていう悩みはあったんやけど...。

どちらにせよ、東京ではその劇場のカラーを出していかないと。
「ここの劇場ではこんな映画が上映してる」「この劇場だと韓国映画が観れる」っていう風にまずはやってみようと思って、思い切って韓国映画を集めました。
配給会社さんにも、「これから韓国映画をやっていくんでお願いします!新宿だけじゃなく、心斎橋でも上映できますから!」って言い始めて、今に至る、という感じ。

だからまとめると..."編成"というのは、劇場にあったカラーをつけて、そこにお客さまを集約するという仕事。
でも、助かったのは「シネマートは韓国映画をやります」って決めたら、韓国映画のオファーは基本的にシネマートに来るようになって。
おかげさまで釜山国際映画祭はシネマートの為にあるような映画祭になりました(笑)。



―あはははは!

だから皆さん、釜山に行かれる前にうちと上映に関する交渉をします。
「どうする?」「この作品だったらこうしましょう」と釜山に行く前にお話しして、映画祭中でも「こういう作品なんですけど、どれぐらい上映できますか?」と交渉して。
今は皆さん帰国されているから、これからは来年の6月以降の韓国映画の編成を始める、というかんじ。

だから新宿は、「韓国!」って決めたので、とにかく韓国映画に関する情報を集めてます。
配給会社の方も作品を持ってきてくださるので、それをどうやって公開すべきなのか、しっかり1日4回上映するのか、1日1回上映で行くのか、というのが決まってから、また交渉して...。いかに観客を集めるのか、っていう話をたくさんします。


釜山国際映画祭 
写真はセンタムシティにある映画祭専用施設「映画の殿堂」(2015年時)

― いろいろお話をお伺いして、まず驚いたのは、"上映する映画を持ってくる"って大変なんだなって。

大変大変!凄い大変!(笑)
うちは韓国映画をたくさん上映しているからこそ、韓国映画では絶対オファーがくるけどね。

"編成"って一言で言っちゃうと、劇場に合った作品を選んで上映をする仕事なんやけど、そこにはやっぱりすごいプレッシャーもあるし、「シネマートでは...」って言われてしまう事もある。

でも、そういう状況の中でどういう作品を獲得してくるべきなのか。
その作品に対して、今度はどこまで劇場が一緒にやっていけるのか、痛みを分かち合えるのかって話もしっかりする。


<第2回へ続きます>

==============

10月28日よりシネマート新宿/シネマート心斎橋にて
「のむコレ」開催!

シネマート新宿/心斎橋の番組編成担当・野村が、世界各国の注目作品を集めた新たな企画をスタート!
その名も"のむらコレクション"...

略して<のむコレ>。

ラインナップには...アジア映画に強いシネマートらしく
中国で記録的大ヒット中『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』や、
つい先日主演コン・ヒョジンが黄金撮影賞・最優秀主演女優賞を獲得し注目を浴びる『女は冷たい嘘をつく』
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン主演最新作『大好きだから』など、中国/香港/韓国の話題作が多数名を連ねます!

アジア作品以外にも...
『フェリシーと夢のトウシューズ』のエリック・サマー監督が手掛けたパニック・アクション『タワーリング・ダウン』
『REC/レック』の監督による最恐の最新作『エクリプス』など、
日本では今回が劇場初公開となる要チェックなレア作品が目白押し!

詳細は、「のむコレ」公式サイトへ! 

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  2. 2「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  3. 3「孤高の花~General&I~」 セル&レンタルDVD12月リリース決定 & 日本...
  4. 4<全話ふりかえり!>「最高の元カレ」いかがでしたか?
  5. 5【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  6. 6【ネタバレ注意!】 ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第37話...
  7. 7【インタビュー】「王子様をオトせ!」パフ・クオインタビュー「共演する前は、彼は近寄り...
  8. 8【イタキスMIK】名シーン裏話動画<まとめ>
  9. 9<vol.2>「イタズラなKiss~Miss In Kiss」を全話ふりかえり!
  10. 10ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  1. 1中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  2. 2「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  3. 3「孤高の花~General&I~」 セル&レンタルDVD12月リリース決定 & 日本...
  4. 4【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  5. 5中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【ネタバレ注意!】 ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第37話...
  8. 8ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  9. 9【インタビュー】「王子様をオトせ!」パフ・クオインタビュー「共演する前は、彼は近寄り...
  10. 10<全話ふりかえり!>「最高の元カレ」いかがでしたか?
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop

最近の記事