「仮面」のBSJAPAN放送スタートを記念し、今回の「いま!こそ再読」では「仮面」出演俳優陣のインタビューを再掲載。ぜひ、ドラマと併せてお楽しみください!

★BSJAPAN「仮面」サイト

==========

第1回
第2回
第3回


★「仮面」作品公式サイト


●「仮面」への出演依頼が来た時のお気持ちをお聞かせ下さい。

依頼を受けたことよりも、私が演じてみたかった役だったので、必ずやりたいと強く思いましたね。今まであまり見たことのない悪役で、一度は悪役を演じてみたかったのでとても嬉しく思いました。ほんとうに、何より「凄く演じたい」気持ちが強くありました。

●脚本を読まれた時のご感想をお聞かせ下さい。

最初、脚本を読んだ時、「うわ!とても面白い」という印象を受けました。どうしても脚本を読むとき、自分が演じるキャラクターをメインに読むので、ソクフンというキャラクターを中心に読みました。
ソクフンというキャラクターに惹かれた理由は、ある女性を愛しているけど、復讐のためにその女性を利用しようとし、またその復讐の相手となる家に婿として入り、何もかもすべて壊そうとします。単純に復讐することだけのために、大げさなことを繰り広げるんですが、そのような度胸がある男だというとことろに魅力を感じました。

また、シナリオ上にはもちろんエンディング(結末)も描かれてますが、その中で幅広く自分なりに表現できると思いました。チェ・ホチョル作家さんの筆力が際立つ作品でしたが、その上、とても良い俳優たちが合流したため、彼らと良いシナジー効果さえ出せれば、とても面白くて良い作品が生まれると思いましたね。

●ご自身の役どころを一言でいうと?

復讐に目が眩み自分自身が見えなくなっている男、です。


●"最高の悪役演技"と評されたミン・ソクフンの役作りはどのようにされましたか?

評価してくださって有難うございます。(笑) 

はじめてミン・ソクフンを見た瞬間、「あの人は悪役だ」とすぐわかる悪役よりも、少しユニークなキャラクターとして表現しようと思いました。本当に冷たくて冷静な真の悪魔のような?表向きには悪魔ではないけど、本当の悪魔で・・・血も涙もないキャラクターをより強調したかったんです。それで、スエさんが演じるジスクというとても善良な女性が悪魔と取引する姿を描きたかったです。

参考にしたのは以前見たアニメーションです。悪魔のような男がいて、とてもピュアで何も知らない女が間違って悪魔と取引することになるシーンが、シノプシスを読みながら頭に浮かびました。そのような部分をより強調して表現するために、外見よりも表情や口調、そういったことにおいてまったく躊躇しないタフなキャラクターを作りました。

そんなキャラクターがドラマの後半からくずれていく姿が、視聴者たちが主人公を応援する上でよりカタルシスを感じ取れると思い、劇の序盤ではより激しく追い込み、冷たく、悪魔のように・・・、そういった姿をたくさんお見せしようと努力しましたね。

●プ・サンチョル監督、チェ・ホチョル作家からは、リクエストやアドバイスはありましたか?

ストーリが展開していく状況や、監督が描きたい(スエ演じる)ジスク/ウナの姿、(チュ・ジフン演じる)ミヌの姿、そしてソクフンの姿があると思いますが、何よりその4人のアンサンブルがどのように繰り広げられるのかが重要なポイントだったと思います。もちろん、劇中、ユ・イニョンさん演じる妻のミヨンというキャラクターもとても重要な役割を果たします。なんでかというと・・・あ!その理由はここで話してはダメですよね?(笑)

4人の人物がどのように絡んでいくのかに対するポイントを、監督と作家さんからは、「こんなふうにキャラクターを演じて欲しい」という意見よりも、描きたい全体の作品の方向性について話してくれました。

我々が重点を置いて論議したのは、ウナ/ジスクの違いと、ウナとソクフンは一体どんな関係なのか、という設定ですね。各キャラクターのそれぞれの方向性、最初はどのような姿を見せ、中盤からはどのような姿を見せるのかについてたくさん話し合ったので、監督は俳優らを信じてくれていたんだと思います。

現場に入る前に議論したことももちろんたくさんありましたが、現場で話し合った部分が多かったですね。
監督はソクフンのキャラクターが気に入ったみたいです。いつもリハーサルの時に、ご自分で先にソクフンを演じてみるんですよ (笑)。 私たちは「監督がソクフンになってる。あの役に結構はまってるかも」と話していましたね(笑)。 
監督が話す内容については十分理解していましたけど、そうじゃない部分もありました。状況によって、どれほどソクフンがウナやジスクに近付けばいいのか、その距離感についてコントロールしました。


第2回へつづきます。

★「仮面」予告編★



©SBS

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  10. 10『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事